韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  2006年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『私たちの幸せな時間』

『私たちの幸せな時間』(2006)
予告篇ムービー。カン・ドンウォン、イ・ナヨンの期待作。
1週間に3時間、木曜日の10時から1時まで…(私たちの幸せな時間)
死刑囚の彼…しきりに私の心に入り込もうとします。

彼の物語。左側の胸に赤い印がついていた。囚人番号が刻まれた…その時からおれはユンスではなく、3人を殺した死刑囚3987だった。
死だけを待っている27歳、刑務所の冷たい床がおれにはむしろ温かい。
貧しくて寒かった子供の頃、おれの全てだった幼い弟を失った。おれには何も残っていない。

↓クリックしてください。
予告篇
関連記事
スポンサーサイト
[ 2006年07月31日 08:31 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(-)

「宮~Love in Palace」第9話あらすじ

タイに到着したシンは髪型が変化。髪の毛を切ったのかな?なぜか今までと違うような人に見えた。チェギョンが皇太后の話でシンの気持ちを知り喜ぶけど電話に出ないのは?

ヒョリンの変化にビックリしたけどアレが本当の姿とは真実なのか?ユルまで母親にチェギョンを好きと告白、シンはヒョリンにキスされちゃうし...
ユルの子供時代も含め内容の濃い9話でした。一部、シンのヒゲが濃いのも気になった…笑。

宮クン





関連記事
[ 2006年07月30日 05:59 ] カテゴリ: | TB(-) | CM(-)

「フライ、ダディ、フライ 」

カリスマ岡田准一くん最高!脚本、監督、原作関係なく、韓国俳優イ・ジュンギが韓国版で岡田君の役をやるので見たのですがいい映画でした。岡田君の強い目の演技が印象に残ります。かっこいい。
彼でないとこの映画の意味はないと思うほどハマり役です。
出演  岡田准一、堤真一
-------------------------------

鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。
娘はすっかり心を閉ざしてしまい、復讐を誓う鈴木は包丁を隠し持って石原の高校へと向かった。

校門前で“石原を出せ!”と叫ぶ鈴木だったが、校舎から出てきたスンシンに一発でのされてしまう。
そもそも間違って別の学校に乗り込んでいた鈴木だが、彼の話を聞いたスンシンは協力を申し出る。
かくして鈴木は会社を休み、スンシンとの猛特訓に打ち込むのだった。

--------------------------------

大事なものを守りたい、まっすぐな気持ちに答えてくれるスンシン大好きです。
謎がありケンカに強い。多くを語らない高校生スンシン。
普通の中年おじさんの堤真一さん、さすがの演技です。

おじさんは娘が殴られた入院先の部屋でひどい状態を見て大きなショックをうけます。
あり得ないような相手であり、殴り方だったけど今はあり得る話だと思った。

「ムカついた!」それだけの理由で女の子をあそこまで殴る神経、しかも学校ぐるみで議員の息子という名前でバカ男生徒をかばうとは...

娘はショックで「外に出るのが怖い」だから外に出してあげよう!心の苦しみからもといてあげたい、そんな父親の気持ちで戦う決意をします。それもスンシンの言葉によって。彼の言葉には説得力があります。

キツいトレーニング、スンシンの鷹の舞、青空の美しさも含めてキレイな映画です。小説、原作者は金城一紀さんです。金城一紀さんが脚本を書いていて撮影中何度も見にいってたそうです。
スンシンの友人がなぜ、あんなにおじさんを応援していたのか..笑いました。

おじさんはいつも会社が終わり、自宅近くの駅で奥さんと娘に車で迎えに来てもらい帰宅していた。娘の事故後、奥さんは車での迎えをやめ、おじさんはバスで帰宅することに。
そのバス停には「同じ時間、同じバスに乗る仲間のおじさん」が集まり、自然と仲良くなる様子はコミカル。

ただ、中年のおじさんが堤真一なのがイイ反面、勿体ない気がする。だって堤真一かっこよすぎる^^;
後半はすごい筋肉でカッコイイ!

原作読んだ人はキャストミスとの声もあるけど、原作読んでません。
岡田君だから~あのカリスマ演技が生きてると思う。コレをイ・ジュンギssiがやるのなら~ハマり役でしょう。あの目の演技見たいです。
岡田君の視線、キレイ、美しいです!

岡田くんのスンシン、イ・ジュンギssiのスンシン、比べてみてもどちらも好きといえる私が怖い。(たぶん、いや、間違いない)
2人とも好きなので…笑。

でも岡田君が舞う姿は本当に美しいです。テンポが悪いとの声もありますがアレを早くしたらスンシンの鷹の舞が意味ないような気がします。

韓国版は中年鈴木がもっと「おじさん」なので後半との違いが大きく面白さが期待出来ると思います。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
[ 2006年07月28日 20:35 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(-)

映画「マイボスマイヒーロー」

チョンジュノはかっこいい。でも内容は暴力が多くてかなりひきました。
青春ラブコメとはいえないような気も。長瀬君の方がイイ!楽しいし明るい。アグネスプリンもありません、映画では。日本の長瀬君のドラマ1話をかなりリメイクしています。

日テレ「マイボスマイヒーロー」を観て爆笑だったのでチェックしたら~原案、この韓国映画と知り興味いっぱいで観ました。長瀬君ファンの人はこの映画観ない方がいい..
ホラー平気な私もこの暴力はちょっとパスです。

日本テレビ、長瀬智也クン「マイボスマイヒーロー」の方がメチャ面白くて爆笑続きです。その流れで観たい方はおすすめしません。

暴力、ギャグ、下ネタが多いと知ってたのですが、やはり暴力シーンが無駄に多く見づらいです。面白いとは思いますが、ギャグもいまいち笑えず。
下ネタは書けない内容。
男性教師が女生徒を殴り続けるシーンは愕然。

正義感を持つヤクザには拍手です。
学校の不正をチョン・ジュノさんが必死に救います。
それにしても老けた生徒役が多い。

韓国でも日本と同じように子供バカな母親が学校に乗り出す。
女教師を髪つかみ引きずる。驚きです。
日本版ドラマだと本当に若い子なので違和感ない高校です。

どちらかというと男性向きの映画と思います。
ジャニーズモノでありますが日本版ドラマの方が女性向き、面白い作品だと思います。
チョンジュノさんはすご~くかっこいい。

ヤクザさん達も面白い、だけど品がない。
ラストは高校卒業できてバンザイなチョンジュノに今度は「大学?」というシーンで終わります、続きは大学なのかも。

正直、期待外れでした。
観なきゃ良かった..



関連記事
[ 2006年07月27日 20:24 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(-)

映画「リンダリンダリンダ」

ペ・ドゥナが好きで観ました。でもペ・ドゥナ苦手な人が多い?ようで残念です。私は可能な限り観てます。「威風堂々な彼女」「ローズマリー」「復讐者に憐れみを」「子猫をお願い」「ほえる犬は噛まない」「クァンキ」かな。

とにかくダラダラした高校生です。
これだけやる気がなくダラダラしてるならバンドが分解した時解散、文化祭に出るのをやめればいいのに....それをギリギリまでやろうとするのはやっぱり青春^^;

------------------------


とある地方都市にある芝崎高校。高校生活最後の文化祭を翌日に控え、恵、響子、望の3人は途方に暮れていた。ギターが指を骨折、ブチ切れたボーカルも抜けてしまい、本番3日前にしてバンドが空中分解してしまったのだ。

その時、偶然ブルーハーツの「リンダリンダ」を耳にした恵たちは、これなら3人でも演奏できると、急にやる気を取り戻す。
そしてちょうど目の前を通りかかった韓国からの留学生ソンをボーカルに引き入れ、急造バンドが誕生した。4人はさっそく文化祭最終日の本番に向けて猛練習を開始するのだったが…。

--------------------------

青春モノ!と一言書けば終わりかも。
でも日本語が全然出来ないソンが、自分の国韓国の展示物を教師と作ってたけどあのコーナー人も来ない友人もいないガラガラ。あれは寂しい。せっかくの留学で友達いないなんて。

そこへ、恵たちが
「今度、来た人に決めよう!」とかなりいい加減。恵たちは韓国語もわからず、ソンも日本語わからず~状態での会話は最後まで続きます。

ライブ直前結成されたバンドの中、韓国人留学生ソンは初めて日本の友人が出来て交流が出来る。ソンは文化祭用に作った韓国の展示品も投げ出し、バンドへと彼女の気持ちは向かいます。

その気持ちはメンバーと
「仲良くなりたい」バンドを通じて友達が欲しかったのでしょう。言葉がわからないのにお互い表情でなんとなく理解します。

初めは恵たちも「適当に選んだボーカル」が練習の中、お互いの感情をぶつけて、ソンと関わっていく中で大切なことがわかってきます。
その流れがとても映像、ソンの寂しげ、戸惑いの表情で映画の雰囲気を盛り上げてくれます。

ヘタクソだっていいじゃん!ドブネズミでいいじゃん!
どーぶーねーーずみ、みたいにーーーっ!キレイになりたーい!
「リンダリンダリンダ」の歌詞)

監督、他の作品と比べることなく見て欲しい。この映画の評価あまり良くないので。ブルーハーツも最高!と思えます。



関連記事
[ 2006年07月26日 23:05 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。