韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  フルハウス >  「フルハウス」13話あらすじ

「フルハウス」13話あらすじ

ヨンジェが必死にジウンに嫌われようとキツい事をいうのに、ついに素直に「大好きだった」と告白ー
しかし相手はヘウォン・・





13話
それと今頃、ヘウォンはヨンジェを「手放す」ってさーアンタ遅いわーーー
泣いてたけど自分でまいたタネじゃない。やっぱりヘウォンはダメ(>_<;)
あんなに切ないヨンジェを見るのもつらい。ミニョクは紳士であり、優しいから泣いてるジウンの肩を抱き~の展開は普通でしょ。
ラストよく見るとキスしてるようにも見える~~っ
画像はクリックで大きく見れます。

ジウンはヨンジェの「やっぱりオレはヘウォンを守る」にため息。




ヨンジェはジウンとヘウォンに
「来週、家をでる」と告げる、わざと明るくふるまうが、やはりショックで考え込んでしまうジウン。ヨンジェも同じだった。




ミニョクはジウンとバーでお酒を飲む。ジウン
「彼が家を出てヘウォンとつき合うの」と切り出し
「彼も私を好きかといってくれると思った。でもヘウォンを守るんだって...」と涙目でいう。
ヨンジェはスキャンダルにもなるし、9才の時からヘウォンを守るなんてバカだとも言い出すジウン。結婚疑惑の記事が出るから
「君には幸いだ」とミニョクの言葉に驚くジウン。




ヨンジェは帰りの遅いジウンを心配し待つ、帰って来たジウンが、酔ってるのを見て怒りだすが、酔っているジウンはヨンジェに命令
「ハチミツ湯を作れ!さっさとやれ!」驚き作るヨンジェ。

ジウンは酔いながら
「ヘウォンとはつき合えないわ~私はあなたと別れない。私が守るわ....」と酔いつぶれて寝てしまう。
彼女の寝顔を見てヨンジェは、
「ジウン、オレのために傷つくな、苦しむな。オレはお前を守れなかった」泣きながらそっと彼女の頬に触ろうとするがやめてしまう。


翌朝、二日酔いで起きたジウンにヨンジェは、結婚疑惑の記事が出るのでジウンに新婚旅行にいった場所に行ってくれ!と頼むがキッパリ断るジウン
「イヤよ、そばにいるべきだわ」そんな彼女に、ヨンジェは怒らせようとわざと、
「オレはサイテー男だ!いい人なんかじゃない!性格も悪い!これからはスパルタ教育だ!」その言葉に驚くジウンは
「おっー!自覚してたのね、なに?スパルタ?」と、またもや想像するジウン。

突然、ヨンジェはPCを消し、いつもよりも口うるさく
「掃除しろっ!」と騒ぐ。ブツブツ文句をいいながら掃除するジウンにヨンジェは
「イヤなら逃げろよ、出て行け!」
「どうせ追いかけるくせに」ジウンの言葉に
「もう....お前を探さない。出て行け!」とキツくいうヨンジェ。
ジウンはショック。悔やむヨンジェ...

ベンチで座るヨンジェに声をかけるジウン
「悩み?私が何とかするわ」
「お前が悩みのタネなんだ!なぜ、オレを困らせる!お前が原因なんだよ!」強くいわれ悲しむジウン。
ヨンジェはそんな自分に激しく後悔。

事務所の社長に「映画もCMも契約できない!スキャンダルは困る。離婚もダメ!」とキツくいわれ芸能活動が出来ない自分にいらつくヨンジェ。

ヘウォンから電話があり彼女の手料理を食べるヨンジェ。
「クラゲの酢の物はもう食べない」と宣言。驚くヘウォンだが明るく「今は辛くても乗り越えられるわ」それでも元気のないヨンジェ。家に帰りジウンに「夕食は?」と」聞かれ
「あんな約束、オレにはムリだ。もう待つな!」キツくいわれ寂しげなジウン..

翌朝、ジウンはヨンジェに運動しない?と誘うが、1人先に走り置いていかれたジウン。ヨンジェに
「家をでることを考え直せない?スキャンダルになるわ」というが
「もう1度いう!お前がイヤだ!約束もお前も何の意味もない!」




ヨンジェに反抗しジウンは
「遅くなるわ、外泊するかも!」と出て行こうとする。ヨンジェは驚きつつもヘウォンからの電話に喜んだふりをしてお互い、あてつけのようにでかける。

偶然、同じレストランで逢ってしまった4人。気まずい雰囲気のまま同じテーブルで食事。ヘウォンがミニョクにジウンのシナリオ話をするが、ヨンジェは
「トリ作家だ」と嫌み。

ジウンが口のまわりにソースをつけてしまい、ソレをさりげなく教え、拭いてあげようとするミニョクに、慌ててヨンジェはムキになり
「お前はバカか!」ヨンジェの口の聞き方にさすがに怒った様子のミニョク。




ヨンジェはあてつけのように
「お前よりもオレの方がよく知ってる。コイツは図々しく、だらしない」それに対してジウンは
「アンタこそ、サイテー男よ!」と口喧嘩になりそうになるがやめる。

帰り際、ミニョクの車に乗るジウンをずっと目で追うヨンジェ。ソレに気が付くヘウォン。

ミニョクにベニスの映画祭に誘われたジウンはヨンジェに、ベニスの映画祭に行くと告白。驚くが気にしていないふりをするヨンジェ。
「帰国したらオレはいない、引っ越す」といわれジウンも考えてしまう。

ベニスに行くジウン「空港まで送ってよ」と頼むが断るヨンジェ。しかし、彼女の去った後、ウロウロと落ち着かずに外まで見て、彼女が本当にいってしまったことを実感し寂しそう.....。

ヨンジェはヘウォンを誘い途中、無意識に
「ジウン、何食べたい?」と、ヘウォンにいってしまう。自分をジウンと呼ばれ驚きショックをうけるヘウォン。ヨンジェは慌てて謝り
「アイツが旅行に行く。ドジでバカで英語も出来ない。身体も弱いのに風邪薬を持ったか心配で....」とつぶやく。
ヘウォンは怒って
「バカね!素直にいえば?彼女に”行くな!”って」驚き車をとめるヨンジェ。




慌てて空港中を必死でジウンを探して走り回るが見つからない。彼女が本当にいなくなってしまったと強く実感しガッカリのヨンジェ...
後ろにはヘウォンが。




ヨンジェは
「変わった子だ。でも一緒にいると楽しい、幸せだ。大好きだった。だけど、傷つけ苦しめた。守れなかった....」ヘウォンは涙をこらえて
「今からでも遅くない!あなたがいけばいい」しかしヨンジェは
「いけない....」
「何故?私のせい?実は知ってたの....。あなたが彼女の事を好きだってこと。でも誤摩化した」と、ヨンジェを悔しいから、失いたくないとヘウォンはいい、ヨンジェに
「大好きな親友を苦しめた。ごめんね。もう行って」とヨンジェを自由にすると宣言し、1人隠れて号泣。ヨンジェは寂しそうにお酒を飲み続ける。




夜、車で家に戻ってきたジウンとミニョク。
彼女は「ごめんなさい」と言い残し、慌てて家に入る。家中、ヨンジェを探すがいないと知り、ガックリするジウンとミニョクは話をする。
ジウンは
「別れの直前まで怒っていたわ、ヘンな人」ジウンは耐えきれずにポロポロと泣き出してしまう。




必死に涙をふくが、あふれてくるジウンの涙をそっと手でぬぐうミニョク。優しくジウンの肩を抱きなぐさめていた。




家へ帰ってきたヨンジェは2人、肩を寄せている現場を見てしまう.....ショックをうけるヨンジェ....


↓読んだら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2006年05月16日 17:16 ] カテゴリ:フルハウス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。