韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  京城スキャンダル >  「京城スキャンダル」最終回あらすじレビュー

「京城スキャンダル」最終回あらすじレビュー

良かった!ワンもスヒョンも生きてくれて・・後半、重い内容だったけれどワンとスヒョン、ヨギョンたちが生きてくれたので嬉しい。予想以上におもしろいと思えたドラマでした。
オススメ度☆☆☆☆追記あり

「京城スキャンダル」
キャスト
ソンウ・ワン(カン・ジファン)
ナ・ヨギョン(ハン・ジミン)
イ・スヒョン(リュ・ジン)
チャ・ソンジュ(ハン・ゴウン)
ヤマシタ コウチ(チェ・フィリップ)




最終回 「思う存分恋をし 幸せになってください」

ヨギョン、ワンたちは急いで総督府に向かい、「誰かが逮捕されたのではなく、死んでしまった・・」と、知り驚く。ソンジュの遺体確認をいわれるヨンランたち。
スヒョンは、山下にソンジュと一夜を過ごしたことを聞かれるも、うまく言い逃れる。「せっかくアジトを見つけたのに!ボスを逮捕したかった」と、スヒョンはウソをつく。

ワン、ヨギョン、愛論団のメンバーが集まりソンジュの遺灰をまく。悲しみにくれるヨギョン「一度も、お姉さんと呼べなかった・・さようなら、お姉さん・・」

スヒョンはミョンビン館でソンジュの言葉
「それでもあなたは生きて・・幸せになってください」を思いだし涙する。

イノは、イ・ガングに会い
「なぜ、殺した?裁判では減刑されると言ったはずだ!殺さない約束だ。」と、怒りで叫ぶ。
「信じるほうがまぬけなんだ。約束?同士との約束を破ったやつが、人を責められるのか?俺を恨む資格があるのか?恨むなら、偽の手紙につられて、口をわった自分を憎め。」
驚くイノにイ・ガングは、イノ妹は故郷に帰ろうと1人、国境を越え、銃殺されたことを告げる・・遊郭に売られるか、逃亡して殺されるか・・ふたつにひとつ・・と、いわれるイノは興奮、銃をイ・ガングの懐から盗り、撃とうとした瞬間!
近くにいた山下に撃たれて即死する。
(あぁ、イノ・・まだ子供なのに)

イ・ガングは山下に「何も殺さなくても・・」と、言い
「やつが密偵なのは組織にもバレてる。もう利用価値はない」と、言われる。ここで険悪になる2人。山下に殴られ、怒るイ・ガング・・

イ・ガング、イノのお墓に酒をまき言葉をかける。
「もう少し長生きすれば、俺たち歴史に残るかも・・」

ソンジュの死は新聞で大きく写真入りで載り、上田は怒る。キレイなソンジュが殺されたと知れば、朝鮮人が騒ぎ出すかも・・と、恐れる上田。
事件は解決したと思っているが、山下にまだ1人残っているといわれる。最後の暗殺対象の予告・・イ・ガングに来ていた。
暗殺を待っているイ・ガングは余裕で笑う。

マダム幸子が娘の送迎パーティ、自叙伝の出版記念をダンスホールでやることになる。

銀行の記念行事が無期延期、ダンスホールで最後の暗殺を行う愛論団。このダンスホールには秘密の通路があり、逃走も可能となる。
ワンはスヒョンを心配する・・1人で死ぬことを。ソンジュとの約束を守ろうとするスヒョンだが、ヨギョンが
「ボスらしく最後まで同士と共にあれ、最後の武器は命・・」と、ヨギョン。
これを聞いてしまう月刊ちらしのメンバーはボスがスヒョン!と、知る。

ヨギョンの意志は固く、ワンは心配する。「任務から外れてほしい」と、ヨギョンには「生きててほしい、兄も失い、仲間も失った・・お前だけには生きていてほしい。やっと、わかりあえたスヒョンまで失うかも・・」と、ワンはヨギョンにいう。
スヒョンが来てヨギョンと話、半人前扱いをしないでほしいのヨギョン
「ワンと同じようにソンジュにもいった。危険な目にあわせたくない。あなたの手を血で汚したくない・・それでもソンジュは死んでしまった・・射撃手だけが闘志ですか?」

ヨギョンには違う役目をして欲しいとスヒョンは、啓蒙活動をいう。愛論団を代表、戦争支援金を奪い満州に行くことになるヨギョン。
そして・・6人目の標的をスヒョンの代わりにすることになる。相手は日本の手先、イ・ガングだった。ヨギョンのやり方でやることに・・
(最終計画で生き残ればワンか、スヒョンも満州に行くことになる)

ワンは父に最後の挨拶をする。ワン父は京城に残り、祖国解放とワンが戻る日を待つと答える。母にミンと同じ道!と、怒られるワンは謝る。

マダム幸子のパーティがダンスホールで行われる。人々が集まりにぎやかな雰囲気。
ちらし編集長が、カバンをチェックされ・・合図とともに動き出す愛論団、ワンもスヒョンも銃をだし、撃ち合いとなる。
上田はスヒョンの行動に驚くが
「愛論団の名において・・植民地支配の主導者たちを最後の標的として処罰する!」と、宣言するスヒョン。
激しい撃ち合いが続き、沢山の人が死んでしまう。

ワン、スヒョン、ちらしのメンバーたちが最後の別れをする。生き残れるかわからない状況・・
パーティに欠席した山下が遅れてくる。スヒョンがボス!と知り驚く山下。
外に逃げたワン、スヒョンは身を隠すことになるが・・その前に激しい撃ち合い。
スヒョン&ワン、山下とバッタリ出会う!
すると・・横からイ・ガングが、山下の部下を撃ち、山下も殺してしまう。
イノの墓に戻るイ・ガング、後ろにはヨギョンが待っていた。

「愛論団の名において・・日本の手先であるあなたを・・6番目の標的として処罰します。」と、ソンジュの分として膝を撃ち、イノ、父の分として的を外して撃つ。
ヨギョンの分は・・「ありません、許したわけではありません。死ねるような手助けするほど慈悲深くはありません。」

最終計画のため、グンドクが用意してくれた沢山の銃、爆弾を使うワン、スヒョン。
(この撃ち合いのシーン、カン・ジファンがステキなのよ~♪)
ここを突破したらヨギョンに会いにいけ!と、スヒョン。
「もし、もしも俺が死んだらヨギョンを頼む」と、ワン。

・・・
ヨギョンが1人、京城駅で待っていた。男が来て「故郷へのおみやげを忘れてます」と、魚(奪った戦争支援金だと思います)を受け取る。男から、ちらしのメンバーは無事、逃げたことを知るヨギョン。
他のメンバーの生死・・は分からなかった・・

追記
イノのお墓にいたイ・ガング、スヒョンが来る。涙を流すイ・ガングを撃つスヒョン。
BS放送での映像を見てそう思ったのですが・・もしかすると、ガングを撃ったのはガング自身かもしれません。優柔不断なスヒョンが撃てるのか?某所でここは「曖昧な描写」と、あり正確なことは不明です。

ソンジュの言葉
「それでも貴方は生きてください・・幸せになってください」を、想い出すスヒョン。

京城駅で満州へ行くヨギョンはホームで待っていた・・すると、突然!ワンが来る。
ヨギョンの肩を抱くワン・・
「追われています。このままで・・」と、ヨギョン、本物のワンか生きてるのを触って確かめる。
合い言葉をいう2人・・

「生きていてくれてありがとう・・」と、ヨギョンはワンに微笑む。ワンも微笑みながらヨギョンを見つめる・・

感想
あー!ほんと、生きててくれて良かった。すごくおもしろいと思えた後半でした。
ソンジュ、イノたちは亡くなってしまったけど、ドラマとしてはハラハラと考えさせられるシーンもあったけど、良かったです。
このラストだけノーカットで見たいと思った撃ち合いのカン・ジファンでした^^♪

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年10月03日 16:29 ] カテゴリ:京城スキャンダル | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。