韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  イルジメ(一枝梅) >  「イルジメ(一枝梅)」16~20話あらすじレビュー

「イルジメ(一枝梅)」16~20話あらすじレビュー

面白かったです!イルジメは生きている!自然とそう思えたラストでした。20話と見るにはちょうどよい長さでもあり、義賊というよりも復讐のために、イルジメに変身したようなヨンイの印象です。

ヨンとシフ

イルジメ/ギョム/ヨンイ  イ・ジュンギ
シフ/義禁府ナジャン    パク・シフ 
ウンチェ         ハン・ヒョジュ       
ボンスン         イ・ヨンア 



イルジメキャスト
左からシフ、ウンチェ、ボンスン、ヨンイ

16~20話 (最終話)あらすじ&感想 ネタバレ

イルジメはヨンイ!と、知ったセドルは辛い思いで「イルジメ」の噂を聞くようになります。
王は見るからにいい加減、やる気のない、ゆるい感じの王なのだけど(「「コーヒープリンス1号店」の社長)、相当な悪であり、清国の悪いやつに、すべての悪事を押しつけ追放する。

そして何年ぶりかで再会した王の息子、これを権力を奪われると思ったのか、なんと!自分の息子なのに毒殺してしまうのです!トリカブトで暗殺する王なのよ。
王位を取られると思ったのでしょうね。

ボンスン父と飲み屋のアジュンマが結婚することになり~ヨンイは自分の両親、セドル、タニたちにも結婚式をあげさせようと考える。
これにみんなも内緒で協力、無事にウンチェの旅館で式をあげるセドルとタニ。

イルジメ、西洋の鍵で苦労してるのを知り、セドルはその鍵を盗み出し、ヨンイに西洋の鍵の開け方を教えます。自分の鍵屋はヨンイは継ぐべき~と、セドルなの。
もちろん、本当はイルジメに西洋の鍵の開け方を教えるのが目的なセドル。

シフ、母であるタニに自分の苦しい立場をいい、父がセドルと知らされる。本当の父はヨンイと同じく貴族イ・ウォンホなんだけどね。
ウンチェの旅館、突然の火事で助けにいくヨンイ・・でも、ウンチェは、イルジメを呼び出すために~わざと火事を起こしたのであり、イルジメを助けたかったウンチェなの。

貴族の家にイルジメの格好で忍び込むセドル、すべては息子のヨンイを守るため。
イ・ウォンホを殺した事件に関わってる貴族2人・・この話を聞いた?と、言われるセドルだけど・・じつは聞いてなくて居眠りしてたのに・・捕まってしまう。
「大事な話を聞かれた」と、して拷問されるセドル。(イルジメの格好をしている)
もう、酷い拷問で死んじゃいそうなセドルなの。

シフは拷問で傷ついたセドルを医者に連れて行こうとするけど・・もう、手遅れなセドル。
タニの所へ連れていってもらうセドル、シフには「ヨンイはお前の弟だ、仲良くしてくれ」と、セドルなの。
自宅でタニと会うセドルだけど・・死んでしまい悲しむタニ、シフ、ヨンイ。

シワンと酒を飲むヨンイ~この店で実の母とすれ違う。お金の代わりにヨンイの大事な父の遺品をもらうキーセン。あとで、この店で働くヨンイ母が気がつくの。
イルジメ、町で貴族を殺した~と、噂になり評判が悪くなる。誤解されてるイルジメなの。
シフ、殺された貴族の胸に入れ墨があるのを発見!これで秘密を探ろうとします。
イルジメと戦う貴族~この貴族はヨンイ父殺しに関わってる人物で・・
胸の入れ墨で気がつくけど、殺されてしまう貴族。
手がかりを見つけたヨンイなのだけど、貴族は殺されてしまうし、シフと戦いケガをするヨンイ。

家に戻るヨンイ、格好はイルジメだから~もうタニもビックリ!シフが来るけど、ケガをしたヨンイを手当するタニ。
すぐに復活するヨンイ、ウンチェ父が自分の親の仇!と、知り梅の木がある家に呼び出し、別れを告げます。
イルジメ、父の仇がウンチェ父と思い、家に忍び込むけど、ウンチェがやってきて。
全てを告白するウンチェ父。

ヨンイ、イルジメの服や装備を箱に入れて埋めるの、もうイルジメにはならない!と、決めたのかと思ったけど・・
ボンスンが幼い頃の娘~と、わかるヨンイ。
ボンスンは兄や両親を殺した復讐をしたいと、思ってる。そんなボンスンを自分の秘密部屋に住ませるヨンイ。
ボンスンは、山に埋めてあった箱を発見!ヨンイがイルジメ!と知ります。

王は兵士を募集するけど集まらない、そしてムリヤリ若者を連れていく官軍。
その中にヨンイの友、テシクがいて・・宮殿にはヨンイの友、フンギョンが靴職人としている。
ウンチェが、王の刺客?に捕まり、イルジメを呼び出す囮にされてしまう。
ヨンイはウンチェを助けに行くべき、イルジメの格好でいき・・捕まってしまう。
シフがいたので、ウンチェを守るため、イルジメ、シフが協力~助け出し逃げることに成功。

自分の両親、兄を殺したのが養父のコンギル!と、知りショックを受けるボンスン。
ボンスンがヨンイを守るため、今度はボンスンがイルジメの格好をして官軍と戦い、追い詰められます、そこへボンスン養父が来て「俺がやる!」と、ボンスンを殺すふりをして~崖に突き落とす形で一緒に落ちてしまう2人。

ヨンイ、宮殿で働くフンギョンや仲間たちに「イルジメ」と、バレてしまい、結果的に宮殿に忍び込む協力をしてもらう。この辺りから~孤独なイルジメではなく、友人に支えられるイルジメなの。
宮殿になんとか入る時、ヨンイの母がヨンイの大事なお守りを見つけ、目だけで
「母」「息子」と、わかる2人は涙する。

宮殿に忍び込むヨンイ、必死で父の剣を探し~やっと、それが王のもの!父を殺した犯人も王!と、わかります。シフは官軍としてイルジメを捕まえることに命をかけてる!兄弟の2人なのに・・
王の秘密の宮殿には、鍵があって・・それを開けるのに苦労するヨンイなのだけど、ここは幻で父セドルが現れ
「落ち着け、大丈夫!」って励ましてくれて開けることに成功するヨンイなの。

シフがヨンイと戦うふりをしながら~手紙でそっとヨンイに「俺も息子だ」と、一緒に官軍と戦います。
王の前に登場するヨンイ(イルジメ)、王に聞く。
「どうして殺したのか?」占い師が「太陽」と、言ったのは、息子のヨンイの事であり、「弟を殺す必要はなかった・・」と、これでヨンイは、王が父と兄弟とわかります。
梅の木の前に王を跪かせ、謝らせるヨンイ。

ボンスン父、ボンスンも生きていた。
王の刺客に背中を斬られるヨンイ・・倒れてしまう。そして・・シフが師匠であるこの刺客を殺す。

4年後・・
タニとヨンイ母が仲良く並んで・・幼い息子がいる。その子はセドルにそっくり。
ウンチェも戻ってきて~ボンスンも元気に暮らしてる。シフは子供たちに剣を教えてる・・
ストーリーの最初に戻るイルジメが登場!
イルジメは生きていた!王の前に再び現れるイルジメ!

いつも孤独に行動するイルジメが、ラストまで父の仇がわからなかった・・王が一番の悪であり、最後は殺さなかったヨンイでした。
いつもケガが多いヨンイだったけど、生きているので結果も良かったです。
恋愛面では~初恋で終わるヨンイであり、「快刀ホン・ギルドン」と同じ時期に見てたので雰囲気が似ていて頭の中を整理するのに苦労しました^^;
明るく楽しいシーンが多いのは、「快刀ホン・ギルドン」ですがラストは重く、このドラマは全体的にギルドンよりは、暗いけど~ラストが生きてる!ので良しかも^^♪
タニがラストで連れていた子はセドルの子?セドルそっくりでした。

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年10月19日 14:14 ] カテゴリ:イルジメ(一枝梅) | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。