韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  ベートーベン・ウイルス >  『ベートーベン・ウイルス』1話あらすじレビュー

『ベートーベン・ウイルス』1話あらすじレビュー

韓国ドラマファンじゃなくても楽しめますね!つかみはOKです!グンソク君も男らしく頼もしい感じ。イ・ジアは衣装も可愛く、雰囲気は「太王四神記」のスジニですね。これからこのオーケストラが、どのように練習、公演できるようになるのか楽しみです。でも、カン・マエはマジ怖そう^^;

トゥ・ルミ

ベートーベン・ウイルス』Mnet
カン・マエ    キム・ミョンミン
カン・ゴヌ     チャン・グンソク
トゥ・ルミ    イ・ジア
ペ・ヨンギ    パク・チョルミン
チョン・ヒヨン  ソン・オクスク


登場人物

カン・マエ

カン・マエ
40歳 オーケストラのマエストロ、別名カン・マエ。エリートコースを歩んできた悪名高きオーケストラキラー。
最高の音を作り出すためにはどんなことでもする。実力があり、音楽界では名が通っている。最初で最後に出した彼のシンフォニーアルバムは、世界的な名盤として知られている。世の中で、自分だけが正しくて自分が一番優秀。他人の視線など気にしない。彼の毒舌に泣かされる人は多い。
「実力」がまさに「人格」と言っても過言ではないエリート主義者。クラシックはもともと貴族のための音楽で、その本質は時代が変わっても変化しない。
高貴なクラシックを演奏したいなら、実力も優れていなければならないと主張する。10余年間、世界の音楽界に数多くの事件、事故をひき起こしたマエストロ・カン。2008年、ソウルに彼が帰ってきた!

カン・ゴヌ

カン・ゴヌ
25才 音楽の天才 トランペット奏者と指揮者 強靭さの中に秘めた繊細で芸術的な感性。
指揮者カン・マエと姓が同じカン・ゴヌ。
いつも率直でストレート、小細工が嫌いで、クールで男らしい。この世で最高に価値があるものは義理と信頼だと信じている。積極的で思い立ったらすぐ行動する性格で、自分の進むべき道が見えればそのまま直進する。
他人の目を気にせず強情。上の人が理解できないことを要求すれば、理解できるまで質問する。カン・マエのように、ひねくれた話の仕方は嫌いだ。
軍の楽隊は地獄だったが高校のバンド部は最高だった。良い先生に出会えたおかげで縛られずにやりたいことは全てできた。
何より金管楽器のパンパン響くあの音の感覚が忘れられない。そしてバイオリニストのルミに出会って、人生の大きな転換点を迎える。

トゥ・ルミ

トゥ・ルミ
25歳、市の職員。”音楽の都市”企画者・楽長。バイオリニスト。
記事もとはこちら
--------------------------

「あと10分です」
「出来ません」と、指揮を拒否するカン・マエ。公演10分前、観客も入っているのに
「観客は帰してください。こんなレベルではオーケストラとは呼べない。今日の曲目をご存知かな?ブラームスです。天国で彼にあったとき、顔向けできない。」と、帰ってしまうカン・マエ。
主催側は怒っている・・・
(世界的指揮者マエストロ・カン)
------------------------------
1話 あらすじ

暑い日、スウォン警察のカン・ゴヌは呼び出しで衝突事故の処理にむかう。
加害者と被害者がケンカ、妊婦の車が移動できない~と、大騒ぎで徹夜続きのゴヌは怒って、むりやり車をぶつけて移動させる。このグンソク君カッコイイ♪
暑さと疲れ、これはキレても仕方ないわね(^_^;
(未来の指揮者 カン・ゴヌ)

市につとめるトゥ・ルミは宴会を抜けようとして、バイオリンで1曲弾いて欲しいと頼まれ、嫌々、弾く。これ、本当は酔ってる連中が聞いてくれるはずもなく、文句をいいたい所を我慢して弾くの。
酔ったおじさんにあわせた曲を弾くルミだわ~。これが現実よね、自分に言い聞かせる。
(63日後のオーケストラ楽長トゥ・ルミ)

市の職員のルミは、同級生のバイオリンをネットで見てうらやましく思う。
これで文化特区の企画案に、ソンナン市にオーケストラを呼ぶ企画をだし、これが採用される。
市長も期待する大きなプロジェクト!夢にまでみたオーケストラの公演に、自分も参加出来ると大喜びするルミは張り切る。
聖堂の許可ももらい、メンツを集めるが・・・。

詐欺にあい3億の市費が消えてしまった!集めた団員に泣いてノーギャラでの公演を頼み込むも、断られてしまう。夢を語るルミを横目に帰ってしまう演奏者たち。
現実は厳しい・・・
死んでおわびしようと・・海に飛び込んだ?と、思ったらお風呂でした(^^;;)

市長は何も知らない・・オーケストラの公演で、ソンナンを音楽の都市にしようと期待は大きい。責任が大きいルミだわ。
”プロジェクト・オーケストラ団員募集”の張り紙をはり、団員を集める気になるルミ。
「ノーギャラでオーケストラ?」と、張り紙をはがすバイト?をしている女の子ハ・イドゥンは17歳。
ぼけ気味のおじいさん・・キム・ガビョン65歳。

ルミ、演奏してくれそうな人を必死で探す。
トランペットやホルン・・先輩に電話して誰かいないか聞いてると・・トランペットの音が聞こえる。
んー?と、飛び出すルミ、すごーい豪邸だわ!
いきなりのルミに、「もう、吹きません」ってゴヌ^^;
トランペットの音がうるさい!と、クレームで言われたと思ったのね。

ゴヌ

ルミは地下鉄に乗るゴヌを目当てにチラシを配る。
”民間オーケストラのバイオリニストです。毎年、慈善公演をしていますが、トランペットが退団し、演奏が出来ません。もうすぐ最後の公演です”と、電車の中でバイオリンンを弾いてみせるルミ。

大家さんから、豪邸には警察官・甥がすんでいて、家の持ち主がサンフランシスコに出かける間、留守番で家に住んでいることを知る。
現在、停職中~心のやさしい子なので頼み方しだいでは!と、聞くルミなの。
気の毒な人は放っておけないタイプみたい、ゴヌは。

”そのうえ、私は耳に障害があり・・・”と、チラシに書いたルミ。
最後の公演なので助けてください~と、書いたのだけど去っていくゴヌ。あっさり断られた?と、思ったら「一度だけなら」と、承知してくれたゴヌに、
「耳に障害がある」と、言いながら携帯に速攻、でてしまい耳の障害がバレてしまい、怒っていってしまうゴヌ。
これなら、最初から普通に頼んだ方が良かったかも?
騙したので完全に怒ってしまうゴヌ。

市長が練習を見学に来る~と、知りルミは必死に団員を集める。
ゴヌに会い、必死に頼む込むルミ、ゴヌは
「クラッシックは嫌いだ。おもしろくない。クラッシックの連中もイヤだ!」と、ゴヌなの。

先輩と協力、人を集めてオーディションを開く。
このパク先輩は、コントラバス担当~36歳、大学オーケストラの初代団長。

オーディション当日
大家のおばさんが来たわ!チェロをやってる・・チョン・ヒヨン。
ペ・ヨンギ、37歳、キャバレー出身みたい~おもしろいわ。
キム・ガビョン65歳、牛乳事件~ボケてるかと思ったら普通!オーボエ?17歳のバイト代をねだる子から~次々と面接する。
大家さん、楽器を売ってしまいなかったけど、姑の葬式代の残りで楽器購入!

トランペットが主体の曲なのかな、トランペットは3人必要!考えるルミ、ゴヌの家に侵入~頼むも断られる。
「クラッシックが嫌いな理由を言ってよ、納得したら帰る」と、ルミにゴヌは
「クラッシックを嫌いな理由、あいつが叩きつぶした。」と、夢を壊されたことを説明する。

ゴヌが、学生だったころ、学校の宿題で
「クラッシックとは○○だと、定義すると・・」と、この中の言葉をうめるために、オーケストラの指揮者にあい、質問する少年ゴヌ。
それは・・・公演前の指揮を拒否しているカン・マエだった。

言葉につまるゴヌに理屈で質問責めするカン・マエ、ゴヌは
「勉強不足でした」に
「それなら、なぜ来た?定義を下す宿題なのにお前は、定義の意味すらわかっていない。オーケストラ同様、観客も低いレベルだな。こんなガキも観客に?」と、カン・マエ。
これで怒ったゴヌは、宿題には
「クラッシックは”クソ”だ。」と、書き込む。○○の中に”クソ”と、書いたゴヌだったのです。

この時のカン・マエ次第では、クラッシックを好きになったゴヌでしょう^^;
ほぼ、トラウマに近いかも・・・
それを聞いたルミ
「酷いひとね、名前は?そんな人いるかしら?」に、答えないゴヌ。同じ名前だったからね。
「いるさ、お前みたいなやつ。自分のことしか頭にない、嫌がる相手をむりやり脅したり、怒鳴ったり自分がクビにならないためにな。3億も詐欺にあったら、その罪を償えよ。俺なら、おとなしく監獄に入るぜ。」と、ゴヌ。
謝りでていくルミ・・・。

でも、ルミは帰るとき
「クビにはなりたくない。でもそうなったら、バイオリンの講師でもする。公演はお流れ、17年楽器をやったけど、公演はしたことがないの。うちのオーケストラの人はみんなそうよ。みんな下手だけど、私たちもやれば出来る!って。上手な人にみせつけたい。信じないだろうけど、そういう気持ちも少しはあるの・・・」と、いう。

うーん、楽器をやってても公演できる人はごくわずか、ルミたちも公演ができないで趣味でやってる人たちなのでしょうね。公演を一度でもしてみたい!
そんな気持ちはあるでしょう。

トランペットはプロのクォン先生にお金をだして頼むルミ。
当日、高いお金をだしたのに来ない奏者クォン先生、先輩に怒りをぶつけるルミ、そこへゴヌが来てくれる。

遅れてきた奏者、ヨンギがセカンド、クォン先生がファースト、ゴヌがサード。
クォン先生は、このオーケストラをバカにして演奏中、携帯で話している。何も言えないルミ・・と、ゴヌがクォン先生のパートを弾き始める。
そのまま演奏~市長も納得の見学で練習は成功する。

ゴヌの演奏は素晴らしくてルミも感激、市長にバレないで完璧な演奏だったの。
市長に「指揮者は?」と、聞かれ、
「今日、ヨーロッパから到着します。午後に空港に迎えにいきます。」と、ルミ。
名前をだすと~ゴヌがびっくり!クラッシックが嫌いになった理由である!
あのカン・マエ!だった。

キム・ガビョンが「カン・マエ?マエストロ・カン?」と、音楽では有名な人と証言。喜ぶルミだったけど~ゴヌは暗い表情。
「マエストロ・カン・・・。カン・マエと我々は呼んだ。実力は申し分ない。だが、またの名はオーケストラ・キラーだ。求める水準がめっぽう高い。達していないと即、解散だ。みんなつぶされる。」と、話すキム・ガビョン。

あの日、観客席にいたキム・ガビョンは見ていた。
国内有数のオーケストラと組んだが、カン・マエは気に入らなかった。公演中止と思ったら、大統領が来ていた。さすがのカン・マエも指揮台にたった。
ところが・・・演奏をやめ
「観客のみなさん、大統領閣下、眠いでしょ?当然です。今の演奏はクズです。私も限界です。こんな公演を聴くなら、チケットを払い戻してCDを買うほうがいい。
こんな演奏では、ブラームスに失礼です。家でシャワーをして、耳あかを洗い流してください。」と、舞台からおりて去ってしまった・・・と、説明するガビョン。

ルミたち・・みんな驚いて聞いている。
その後、大騒ぎになり主催側が記者を口止めしたが、カン・マエは音楽会から追放された。本人は自分ででていったというが。
「そんな人が我々の指揮者に?10年ぶりの帰国か・・」と、ルミは暗い。
「ルミ、クラッシックは○○だ。あいつが・・そいつだ。」と、クラッシックが嫌いになった理由の人物は、カン・マエ!と、ゴヌはいう。

マエストロ

空港に到着したカン・マエ・・・
愛犬を連れて空港の外にでる。
「10年は山河もかえるというが、何もかわっていない。」と、つぶやくカン・マエ。

感想
きゃー!想像以上におもしろかったです。今後も期待できるドラマですね。
韓国で視聴率も自己最高20.7%とあり、音楽をテーマにしてるのが新しい印象。
カン・マエの台詞も驚きだし、おばさん、おじいさんたちのメンバーで本当に公演を開けるのかな?と、いう感じもあり。ルミの一度でもいい、公演をしたい!という夢はいいですね。続きが楽しみです^^♪

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年12月23日 18:45 ] カテゴリ:ベートーベン・ウイルス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。