韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  ベートーベン・ウイルス >  『ベートーベン・ウイルス』4話

『ベートーベン・ウイルス』4話

音楽で食べていけるレベルじゃない人たち、やはり生活のために犠牲になって音楽を諦める人が多いでしょう。それでも少しだけ、1回でも公演をやりたい!そんな思いが強く伝わって来た回でした。プロは無理でも趣味として、どこまで音楽を続けることができるか、考えてしまいヒヨンがかわいそうでした。



『ベートーベンウイルス』Mnet
カン・マエ    キム・ミョンミン
カン・ゴヌ     チャン・グンソク
トゥ・ルミ    イ・ジア
ペ・ヨンギ    パク・チョルミン
チョン・ヒヨン  ソン・オクスク

4話 

二日酔いの市長は機嫌がわるい。ルミもクビ?かとドキドキ。
カン・マエも交えて話をする。
詐欺の事実を知りつつ、犬を殺されると脅迫されて嫌々だった!「今日、帰ります」と、カン・マエ。驚く市長。
後任が、チョン・ミョンファン!と、知ったカン・マエは驚き
「もっと良い後任を紹介しましょう。私と同じスタイルの人がいい。」

これに市長は
「あなたのスタイルは、オーケストラキラーでしょう。一緒に仕事をしたくない相手1位ですね。団員をけなすことには容赦ない。音楽をやめた人も何人かいるとか。我々の楽団が気に入るわけない。お互いに不幸でしょう。」と、いう。

口をはさむルミ「チョン・ミョンファン先生は経歴がある!」と、言われてしまう。これがカン・マエを怒らせてしまった言葉みたい。

「シチリア島の子供たちと公演をしたことがある。まぁ、先生にはムリでしょう。」と、市長にカン・マエは、使用済みの緑茶ティーパックをみて
「出し殻ですね。あいつは、これでもうまい緑茶が入れられると?まさにマジックですね。」と、口にいれて食べてしまう(@@)

「香りが残ってる、まだいける。」と、カン・マエ。
つまり、出し殻でも使用可能な自分と、チョン・ミョンファンでは、出し殻では良いお茶も出せない、使用はできない!と、いいたいのでしょうね。

驚く市長に
「では、私がマジックをおみせしましょう。公演、期待してください。」と、オーケストラを、引き受けることを告げ帰ってしまう。慌てて追いかけるルミ。

「残り期間は?今すぐ、みんなを呼びだせ。公演をダメにしたくなければ、目をさませ。20分後の屋上に集合!」と、言うカン・マエ。
本気で指揮をするカン・マエです!きゃーおもしろいわ^^♪

屋上にあつまった楽団。
カン・マエ、各自の音楽をやめた理由を聞き出し、
「すべて音楽から逃げるための良い訳だ!まわりはいい。もっと利己的になって。皆さんは善良すぎる。誰かの犠牲になった?錯覚です。結局、何が残った?
夢もお金もない。被害妄想ばかりふくらんでいる。バカを超えて卑怯者だ。言い訳ばかりで逃げてきたのだから。ここが崖っぷち。もう、逃げ場もありません。」と、楽団のメンバーに有無をいわせず、練習を開始させるカン・マエ。

「逃げたい人は今のうち、どうぞ・・・」と、言いながら、屋上の鍵をもってるカン・マエなの。出さないつもりよ^^;
ルミの先輩が「仕事があるし・・・。」と、逃げ出そうとするも、カン・マエ
「仕事はやめる!もしくは休職、夜だけでなく1日中、練習する!」と、告げる。
カン・マエの勢いに誰も意見をいえない状況・・・。

リーダーシップというか、強引というか、やる気になるとすごいわ (・ω´・*)

練習が始まると今までと違い、それぞれの楽器の注意する点を、次々とアドバイスするカン・マエ。これがカッコイイ!みんな驚き感激すると・・・
「プロなら、こんなことありえません。指揮者はテクニックに干渉しないものです。皆さんは、不快がらねば。だが、プライドのない人には、このやり方しかない。」と、それぞれの練習回数を命じる。
普通は出来て当たり前のこと、それが出来なかった楽団だったのでした。
言葉はキツイけど、カン・マエのいうことは正しいの。

楽団に練習をさせ、自分はCDを聞いてると・・ライバルのチョン・ミョンファンがやってきた!市長から頼まれ、来たチョン・ミョンファン。

みんな、ゴヌに頼り「私の悪いとこ、教えて」と、次々といってくる。
ゴヌは音感あるから、みんなの悪い所をアドバイスするも~本当はもう、前のように言いたくない様子、カン・マエの実力に目が覚めて、自分の意見をいえるような立場じゃないことを感じたゴヌ。

チョン・ミョンファンは
「クズだって?俺は断るよ。キャバレーの店員や、主婦にオーケストラができるか?
それも公演まであと2週間。20年かけてもムリだな。
小学生と公演した時は・・子供は上達が早いからな。間違えても可愛いから、大目にみれる。言う事もよく聞くし。でも、今回は大人だ。失敗は許されない。なのに、上達は遅いし、聞き分けもわるい。
キャバレーでついたヘンなクセは絶対直らないぞ。」と、いう。

チョン・ミョンファン・・これが、天然なのか?嫌みなのか?カン・マエの神経をいらつかせることばかり言う。

「何よりお前はディティールがない。団員たちへの配慮。団員の考えを察してやるなんて できないだろ?一番、大事なことなのに!何より、アマチュアだぞ。
ほめて伸ばさないと。ママみたいにあやしながら・・お前にはムリだろ?お前のスタイルは、プロも殺す緊張の美学か。それも認めるが、相手はアマチュアだ。
緊張したら台無しだぞ。だからってお前はやり方を変えないし・・最低の組み合わせだな。団員もお前もかわいそうだ。」と、言いたい放題のチョン・ミョンファン。

カン・マエは静かに「帰れ」と、帰らせる。楽団の練習はみせないカン・マエ。
ルミと同じことをいわれたので、言い返すことも出来なかったみたい。

練習室をのぞくと、ゴヌが和やかな雰囲気、楽団を楽しく引っ張ってるのを目撃するカン・マエ。軽い冗談のようで、音楽のイメージを、カン・マエの解釈で伝えるゴヌを見るカン・マエは考える。

部屋にゴヌを呼ぶカン・マエ、みると!腕をケガしたように首からつっている。
驚くゴヌにカン・マエは
「練習はお前がやれ、本番前には治る。保育士のように、皆をあやして、私の指示を伝えれば良い。」と、いうの。
ケガはウソね。ゴヌに指揮をさせ、自分の意志を伝える通訳、代理運転のようなもの~と、カン・マエに驚愕のゴヌは喜ぶ。

練習
カン・マエはソファに座り、練習を皆の前でみている。
ゴヌが指揮、和んだ雰囲気の中~練習。ゴヌが1人張り切りすぎると
「お前が興奮してどうする?音楽で表現しろ」皆に怒鳴ると、ビビってしまうので・・ゴヌだけに、小声で指示するカン・マエ
「なぜ、全員がバシッとそろわないんだ?拍も数えられないのか。そこがあわない限り、今日は帰さないと伝えろ。」と、ゴヌにいう。

ゴヌは皆に・・そのまま伝えるとキツイので(^_^;
「先生もよくなったといってます。でも、最後の部分はもうちょっと、勝利のラッパをバーンと鳴らすところなので、全員が気をつけてください。」と、やわからく笑顔でいうゴヌに皆も、安心で練習を再開する。
このシーン、爆笑です!緊張した皆の表情、ゴヌのご誤摩化しも(^^ゞ

練習~いい感じの音楽にカン・マエも思わず立ち上がり、片手で指揮を軽くふり、フィナーレを小さく決める。嬉しそうなカン・マエ。
それでも、皆の前では「多少は・・喜ぶのはまだ、早い」と、注意する。

市長は町を歩き、ポスターをはがせ!と、部下に命令、公演をやめたい市長なのです。すると市長選挙のライバル、チェ・ソッキョン議員と会う。
ソンラン市が、音楽の都市として成功するか?と、国から文化特区に認められたら、次の選挙でもうまく行く~と、いわれるも、
「公演は危ないとか?」と、いわれてしまう市長は考える。
将来の選挙を考えると・・3億も消えてしまい自分の立場を想像する。

慌てて市長は練習を見学にくる。
「絶対、公演を成功させてください。」と、市長にびっくりのルミ。
市長の「経歴が大事。レベルを知りたい。」と、いう考えを聞いたカン・マエは気分がわるい。
「検査にきたのですか?」と、カン・マエはピアノを弾いて~市長の意見をきく。

「シューベルトもロッシーニも若いころは認められず、ずっと貧乏だった。私も金がなくてレッスンを受けられず、コンクール参加費のため自転車を売った。私も貧乏で経歴もない。夜中の学校でピアノを弾いた。そんな私も信用できませんか?それでも、低レベルな人間と?」
これに驚く楽団たち、お高いカン・マエなのでお金持ちだと思ってたのよ。

「経歴は大事です、そういう世の中です。指揮者だってそうです。チョン先生の経歴の方が・・」これに怒るルミ
「団員たちは、死ぬほどがんばりました。」これに市長は
「これもすべて君のせいだ。出て行け!辞表をだせ。」と、怒鳴る。

ルミは責任を感じて・・出て行こうとすると、カン・マエが
「すわれ」
「私の部下です。」と、市長。
「私の楽長です。私のオーケストラの団員をバカにされては困る。彼らをバカにする権利は私にしかない。市長でなく大統領でもダメだ。」と、叫ぶカン・マエ。
自分はバカにしてもいいのね^^;

これに怒った市長は、「自信はあるのか?」と、もしも、公演が成功しなければ、カン・マエに指揮をやめさせ、3億も払ってもらう…と、言いだす。
これにカン・マエ、アルバイトでマッサージをしてたので、失敗したら、市長の専門マッサージをする!と、いいはる。
楽団をまもるカン・マエ、いいわ^^

ルミがカン・マエに練習のようすを報告、バイオリン姉妹たちからの熱いメッセージをもらう。ルミ、カン・マエの腕のケガはウソだとわかる。
右手で受け取るカン・マエだもの(=ω=)
ルミは市長の前「私の楽長」と、いってくれたのは少しでも認めてくれた?と、聞くと
「私はお前たちの指揮者だ、指揮者と楽長、団員は一心同体だ。」と、いってくれる。喜ぶルミ。

市長が公演を延期してくれたので~ゴヌの仕事復帰と重なってしまう。
驚くゴヌにカン・マエ、ソロを命令する。ゴヌは必死で上司に訴えるが・・休暇もとれず、どうしようもない状態。困って焦るゴヌ。
それでもカン・マエは、ゴヌにソロを命令する。

ムリヤリ、トランペットのオーデションをするルミに怒るカン・マエ。
「指揮をやりたい、教えてください。」と、いったゴヌが、放り出すのも許されない。ゴヌしかソロの適任もいない。

チェロのチョン・ヒヨン、家族に尽くしてきたのだけど~理解もされず、ずっと家族の犠牲で我慢を続け、お酒を飲んでカン・マエに絡んでしまう。
ヒヨンの夫は話が通じないというか、頑固で自分のことばかり、妻をいたわる気持ちもないみたい。あれじゃ・・いやになるわ。叫びだすヒヨンがかわいそう。。
家をでてゴヌと暮らすことにする。

ゴヌ、署長に会おうとなんとか頑張るのだけど・・むずかしい。
仕事に対しても真面目なゴヌ。結果、やはり楽団をぬけることを決意する。

楽団をやめたイドゥンに、ガビョンじいさんがコンビニに会いにくる。
お金を用意したと思ったら~コンサートのチケットでした。さりげなく
「戻って来い」と、いいたいガビョンじいさんでしょうね。

練習
ゴヌは、「公演はおります。すみません…」にカン・マエ
「2ヶ月間、睡眠を削って練習したのに・・会場で会おう」
何も言い返せないゴヌ・・・

感想
おもしろくて夢中で見れますね。カン・マエのキャラがあるのでたぶん、最後までこのまま、期待を裏切らないと思います。恋愛モードはないようなので安心だし。
カン・マエが、楽団を通じて人として何かを得て、変わって行くような感じもありますね。次回は早くも公演みたい!どうなる?

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年12月31日 16:05 ] カテゴリ:ベートーベン・ウイルス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。