韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  映画 >  『映画は映画だ』あらすじレビュー

『映画は映画だ』あらすじレビュー

この映画、韓国のトップスター・ソ・ジソブ&カン・ジファンのW出演で話題の作品です。ソ・ジソブの除隊後初の主演映画「映画は映画だ」です。共演は「頑張れ!グムスン」「90日、愛する時間」「京城スキャンダル」「快刀ホンギルドン」に出演のカン・ジファンです。
ソ・ジソブの作品は「男女6人恋物語」「ガラスの靴」「バリでの出来事」「ごめん、愛してる」を観ていますね。映画は「盗られてたまるか」がおもしろかったのを覚えてます。オススメの1本ですね^^♪



『映画は映画だ』
監督 チャン・フン
製作 キム・ギドク
出演 ソ・ジソブ、カン・ジファン、チャン・フィジン、ホン・スヒョン

この作品は、韓国映画界の鬼才キム・ギドクが製作、監督はギドク作品の助監督を経験してきた新星チャン・フン。”映画にこだわる才能が集結”と、あります。
この映画、【青龍映画賞】でソ・ジソブ&カン・ジファンは新人男優賞を受賞してます。【今年の制作者賞】映画『映画は映画だ』のキム・ギドク監督が受賞しています。日本での公開は3月。記事元はここ



あらすじ



映画スターとヤクザ……出会うはずのなかった2人。
1人で映画を見ているヤクザのガンペ(ソ・ジソプ)。その映画に出演しているのは映画俳優のスタ(カン・ジファン)。出会うはずのなかった2人にはある日偶然、同じ高級クラブで居合わせる。スタが別室にいると知り、ガンペは手下にサインをもらいに行かせるが、高慢なスタは「本人に来させろ」と拒む。
自ら部屋に乗り込み、サインをもらうガンペ。
「俺もかつては俳優を目指していた」と、薄笑いを浮かべる彼に、スタは「短い人生、無駄にするな」と吐き捨てた。

その後、自宅でヤクザの役の台詞の練習をするスタ。
なかなかそれらしく聞こえない。ふと、出会ったのがガンペの声色を真似てみる。
「だからお前はクズと言われるんだ。」
一方、ホテルの一室で録画を観ているガンペは、スタに言われた言葉をつぶやいていた。「短い人生、無駄にするな」

見放された映画スター。俳優を目指していたヤクザ。
2人の人生が交差し始める。
新作のアクション映画でファイトシーンに取り組んでいたスタが、見え見えの演技に痺れを切らした監督が、もっとリアルに出来ないのかと激高。すると相手役は勢い余ってスタを殴ってしまう。頭に血が上ったスタはお返しに相手に殴りかかり、相手は大けがをするはめに。その結果、相手役を引き受ける俳優が誰1人もいなくなってしまう。

困り果てたスタは、ふと先日のヤクザを思い出し、最後の望みとしてガンペに
「映画に出ないか?」と持ちかけた。最初は渋ったガンペだが、ある条件を飲めば引き受けると答える。それは、自分ともガチンコで戦うこと。つまり、
『演技ではなく本気で身体をぶつけ合い、相手が倒れるまで戦う』ということだった。
スターとしてのプライドと過剰な自信から、ガチンコ勝負を受けてたったスタ。心配する周囲の声を説得、なんとか撮影再開する。
撮影が進むにつれ、ガンペの壮絶なアクション、アドリブに戸惑い、怯み、憤慨することになる。
また、私生活でも恋人とは上手くいかず、信頼する人からは裏切られ、自らが築いてきたアイデンティティやプライドが揺らぐ中、スタはガンペとの対決に、全てを掛けることで、自分を取り戻そうとますます躍起になっていく。
そしてガンペもまた、夢であった映画撮影に没頭していく。演技には苦戦しながらも、スタと対峙している時だけは、別の世界で生きられる。
しかしその一方で、残酷で非情なヤクザとしての生き様と運命を、捨て去ることはできなかった。
-----------------------------
ネタバレなしの感想



すごく驚くシーンがいくつもあり、それは知らないで観た方がおすすめです。
映画を観てて、こんなに驚くことが多いのは珍しいかも。
そういう意味でも、口コミで話題にもなると思う作品でしょうか。ねたばれなしなので画像を沢山UPしました(^_^;



気性の激しいスタ、映画の撮影で次々と共演者を病院送り~結果、相手役はいなくなってしまう……誰も彼の相手役になってくれる人がいないわけです。そんな時、偶然出会ったヤクザに相手役を頼むスタ。
ケンカのシーン、本気のガチンコ勝負!というガンペの条件をのむわけで……映画は本当に完成するのか?って感じです。走るシーンもガチンコです。(^^;;)

スタ、最初は相手役の俳優と撮影中、監督に「もっとリアルに!」と、いわれて本当の殴り合いのように~演じます。これは、アクションシーンとして、何度も練習したと思われるシーンですね。
これで、「殴るふり」をする俳優同士、ところが監督の言葉により、相手役がスタを本当に蹴ったり、殴ったりして3回目にキレてしまうスタ。1回目あたりは「ケンチャナ」と、答えるスタなのだけど^^;
相手の俳優を本当に殴り……病院へ送ることになってしまいます。これで相手役の俳優ファンから、卵を投げつけられるスタ。


相手役を捜すも見つからない。そんな時、クラブで偶然出会ったヤクザのガンペを思い出します。
彼、ガンペがクラブに来たとき、自分が映画で見ていたスターのスタが、同じクラブに来ているのを知り、手下にサインをもらいにいかせます。
これを拒否するスタ。「自分でとりに来い!」ってこと。これで顔をあわすことになった俳優のスタ、ヤクザのガンペ。



相手役の俳優がいないので、スタはガンペに連絡を取り、映画に誘います。
自分の映画にヤクザを誘うのも……どうよ!って感じですが、相手役には本当に困っていた様子のスタでした。
ガンペは、条件がある!と、いって撮影はガチンコ勝負でやろう!と、いうのです。
これに驚くスタなのだけど~相手役が見つからないのでOKします。


女優ミナと親しくなるガンペ

撮影中、色々な事件もあって……
これは本当にびっくりします。登場人物を把握、それでも「えー!(@@)」と、驚くシーンが多かったです。何でもガチンコにやるガンペ……と、いう印象でしょうか。


ガチンコ@ガンペに驚くスタ


ヒロイン役の女優ミナとも親しくなるガンペ

スタは自分の恋人と会うのも夜、車の中でだけ……こんな生活にうんざりの恋人。
自分も他の恋人同士のように、カフェでコーヒーを飲んだりしたい!と、スタにいうのだけど……スタとしては、スターなのでスキャンダルが怖い。
そんなスタにある事件が起きてしまう。これに困るスタ……

ヤクザのガンペ、映画の撮影中でも”ヤクザ”としての仕事(人生)もあって。
これも複雑、やはりヤクザとは怖い人生なのだなぁ……と、思います。
ヤクザより暴力的でプライドが高い“映画スター” とういうスタなのだけど、やはり本物のヤクザにはかなわない。
どれだけ暴れてももがいても、そのヤクザの世界を理解することも不可能だと、ラストのシーン、スタの表情から読み取れました。
ヤクザを演じることは可能でも、スタはやはり普通の人。ヤクザになることも不可能だし、そのヤクザをラストのガンペを見て実感したのだと思います。

映画の中、俳優役のスタを演じるカン・ジファンが白いスーツ、そしてヤクザ役ガンペ演じるソ・ジソブが黒いスーツです。
これ、俳優だから白!ではなく、スタはやはり人生においても白なのであり、ヤクザのガンペが黒!これは当然だと思いましたね。
人生そのものが、黒なガンペなのです。スタには黒を着ることは出来ないと感じました。

このガンペ役を演じたソ・ジソブの迫力はすごいのです!
他の俳優さんでは想像もできないくらい、ピッタリの役ですね。ソ・ジソブじゃないと、ガンペは成功しなかったようにも思えます。


手下と撮影ごっこのガンペ

映画の撮影中、スタとはガチンコで殴り合うガンペなのだけど……自分の手下にはやさしく、母の誕生日にはお金を渡して「会いにいってやれ」と、声をかけたり。
手下と”撮影ごっこ”で笑顔を見せるガンペなのだけど……やはり、根本にあるもの、ヤクザの部分は消えていなくて、それがラストに出て来ています。


恋人とお茶するスタ

スタも裏切りなどを体験、とても苦しい状況の中、考えたのでしょうね。
恋人と普通にカフェで会い、ファンが外にいる店、2人でお茶します。
大事な人は誰なのか、それを強く感じたスタでしょうか。
撮影シーン、ドロドロの殴り合い、これは俳優さんて本当に大変なのだと実感でした。


監督と撮影の話


どろんこシーン


これもどろんこ撮影のスタ


ある日、ガンペについて行くと……


そこでスタが目撃したものは?

ヤクザ映画のようで~ヤクザ映画じゃないと思ってずーっと、見ていてラストを見て「やはり…ヤクザ映画?」とも、思ってしまう映画のジャンルですね。色々な意味で、深く濃い内容の映画です。
韓国のトップスターW出演!という話題性だけじゃなく、監督の演出などもすばらしいのだと思いました。脚本もおもしろいです。オススメの1本ですね。
観る方は心の準備をしてから楽しんでくださいね~(^^ゞ

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年01月12日 15:58 ] カテゴリ:映画 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。