韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  ベートーベン・ウイルス >  『ベートーベン・ウイルス』9話

『ベートーベン・ウイルス』9話

あ~なんておもしろいのでしょう。台詞のすべてが濃くておもしろい。毎回外れなく深い内容のドラマです。やめた団員たちに謝罪するマエ?と、驚いたのだけど~そこはやはりカン・マエでした。納得の言葉です。あの言葉には団員も感動、ついて行く決意ができると思います。
でも、ヨンギやヒヨンの言葉も正しいと思うので辛いマエだったかも^^;



『ベートーベンウイルス』Mnet
カン・マエ    キム・ミョンミン
カン・ゴヌ     チャン・グンソク
トゥ・ルミ    イ・ジア
ペ・ヨンギ    パク・チョルミン
チョン・ヒヨン  ソン・オクスク

9話 

辞めた団員たちは、マエ(カン・マエ)に不満をもつイドゥン、ヨンギ、ヒヨンたちをそそのかすように不満を聞く。これに益々、不満爆発のヨンギたち。
これを止めようとするガビョンじいさん。
「マエが怒るのは、団員を育てるためだ。辞めた団員を連れ戻そう」と、提案~ルミと団員たちの説得を考える。
オモ!合唱団も辞めてしまう!

合唱団の不満を聞くマエ、ゴヌを紹介、「今後、練習は彼に任せます」と、いいだす。楽譜も読めない、指揮も始めたばかり、合唱団も経験ないゴヌに不満をいいだす団員たち。これにマエは
「経歴に不満があるのですか?楽しく練習したいでしょう?前回の公演では彼が、練習をまとめました。私も限界だ。」と、いう。

これに楽長は
「成功は団員のせい。失敗は指揮者のせいという……先生が我々の能力を引き出さねば。士気も高めないと。人のせいにしないで。こうなったのは先生の責任です。先生がダメにした。」と、言われてしまうマエは言い返せない。

事態に驚く市長、団員たちの辞表を受理せずにマエに謝罪を要求。団員たちも、マエが謝れば~なんとか戻ってくれるようす。
マエ、謝罪を断固拒否!オーディションの次点者は、辞めた団員たちにいわれ拒否。

コントラバス・パク・ヒョククォンと抜けた団員を探すマエ。
「曲は変えない。辞めた連中の鼻っ柱を折らねば。これは戦争だ。代わりはいるとみせつけてやる。」と、第九だけを練習した研究団員のためにも曲は変えない。
1曲集中して、練習した研究団員たちの事も考えてくれるマエなの。

マエの雑誌記事を読むルミ、マエはひとつのオーケストラに、6ヶ月以上いたことがない。今回も ”いつまで続くか?” と、書かれている。
「ひと月以内に市響をやめて、韓国を去るだろう」と、書かれている記事。
謝るルミに
「お前はいつも、そうやって地雷を踏む。もう慣れた……発奮材料にはなった。」と、マエ(^◇^;)

マエのために動くルミを怒るマエ
「お前は下手で、耳が遠いお荷物研究団員だ。そして弟子の恋人!」と、ルミの八方美人を指摘する。きつい言葉をいうマエだけど、ルミの耳の事もあり、心配してるのだと思うわ。
「力になりたかった」と、ルミに「その力はゴヌに使え」と、マエ。
きつい言葉に涙を流すルミ…「言いすぎた」と、心では反省するマエ。(たぶん)

ここで顔をさわるマエの手!手フェチにはたまらない~♪
すごく指がキレイなのですぅ~皆さん、ぜひチェックして(´∀`*)
チャン・グンソク君の指もキレイだけど、マエの手もきれいですぅ。。

ルミはイドゥンがマエとの ”交渉” 電話を話すのを目撃、激怒する。
「カン・マエは、私たちを受け入れてくれた!」って。
叱るのは愛情の裏返し!と、ルミは理解している。面倒なことも我慢して引き受けてくれた、チャンスもくれた……飛び出したイドゥンもまた、受け入れて……認知症のガビョンも受け入れてくれた。
憎まれ口を叩いても最後は、
「私たちの力になってくれた。”自分は厚意を示した” ”君たちならわかるはずだ” と、親しみなのよ。」と、ルミ。これに驚くイドゥン。

ついにマエに直談判にくる辞めた団員たち。要望書を読み上げる、これにマエは興味ないようす……ヨンギとヒヨンが一緒なのがショックみたい。

団員を帰してヨンギとヒヨンだけと話すマエ。これまた、嫌みな言葉がきつい^^;
「先生、友達いないでしょ?」と、ヨンギ。ヒヨンは
「私たちは、仲裁がしたいんです。先生が我慢して謝ってくれれば……」と、公演のためにマエに謝罪を要求。
「何を謝るんですか?クソはクソ!山は山!」と、ウルトラ級のきつい言葉。

これに興奮、怒り
「あんたはショックを受けたくせに、かっこをつける!」と、ヨンギ。
「あんたに同情した、人生には音楽よりも大事なものがある。あんたは知らない。義理も友情も愛も。それを知らない!」と、ヨンギは大興奮。

「一度だけ、自分を殺してください。」と、謝罪を要求するヒヨン、ヨンギたちに、内心心を痛めているマエだと思うわ……きつい言葉で言い返すマエだけど。
「みんなプライドで、ご飯を食べられないから、我慢して生きてるんです。先生は子供です。」と、ヒヨン。

マエ、ついに自覚したのか?ゴヌに質問する。
「俺は性格破綻者か?見るのもいやか?変態か?」って。最初、返事ができないゴヌはこれを認める。

ゴヌに公演の1曲目の指揮を指名、引退をいいだすマエ。
これに怒るゴヌは警告する。
「逃げないで。僕は慰めなんかいえない。先生は指揮の師匠であり、人生の先輩ですよ。」これを気に入るマエ、ゴヌに指揮デビューのための燕尾服を買う。
「お前を利用するんだ。観客に比較させるのさ。」と、自分と雲泥の差の指揮者としてゴヌを出すつもりのマエ(^^;;)
ゴヌは引き立て役だわー「私の当て馬だ」ってマエなの(≧∇≦)

合唱団の練習を指示、公演は合唱なしバージョンも練習する。
「第九を生かすも殺すもお前しだいだ。」と、いわれ責任を感じるゴヌ。
マエの冗談もまともに受け、緊張しまくるゴヌ、可愛いわ~^^♪

ルミに呼び出されたマエ、ルミは1人、マエに会う練習する。
「浅はかさの神髄です。」と、口のやわらかさを強調する、クッキーの7枚食いを目撃するマエ、大笑い!これ、練習してたルミなの(^^;;)
マエを笑わせようと思うルミ、
「高校時代の特技か?」と、喜ぶマエなの~♪

ルミに「どうして隠れてるのですか?」に
「動物の習性だ、具合が悪いときは隠れる。まわりからの攻撃を避けるためだ」と、マエに寂しそうなルミ。ヒヨンにいわれたことで自覚したマエ。
「私は子供だそうだ。気の毒だってさ。謝罪に応じよう。練習時間もおしい。万人の願いも聞いてやらないとな。一瞬だから、難しくない。」と、頭を下げる……と、マエに泣き出すルミ……

あのマエが負けを認めるというか、悔しい想いのルミの涙だと思うわ。。

練習室
「簡潔に終わらせたい」と、マエは謝罪文を団員たちの前で読み始める。
ルミはドアの外に立って聞いている。
「私は……団員の抗議という事態に熟考を重ねました……今日から、私は人間として指揮者として生まれ変わるべく……」
胸が苦しいゴヌ、ルミ。

「自らの行いを反省して……心から……」
団員たちは、真剣に聞いて心を痛める。ゴヌとルミを見るマエ。
「心から謝罪を……」と、ルミを見るマエ。
「しません!」と、机を叩くマエ!驚く団員たち。

「この謝罪は心からのものではない。ムリヤリ書いたものです。皆さんの要求も拒否します。実力がないから、練習をのばすのです。なぜ、それをしないのですか?」と、いつものマエにもどる。
驚いている団員たち、ルミもドアから見ている。

「団員の人格、これは解決済み、これまでのホニャララ……とにかく謝罪。」と、今まで実力以外のことは問題にしていない。準備不足もない。「何が問題だ!」と、「その言い方が……」と、団員に
「 ”言い方を直して?” 残念ですが、言い方も直しません。昔から、こういう言い方なので家族さえ嫌がります。生まれつきです。そのかわり、皆さんに約束します。
給料も諸手当もきちんとお支払いします。国歌でさえ、タダでは演奏させません。
すべての音に報酬をつけます。スケジュール以外の演奏もさせません……
私たちの意思で前に進みます。何より、皆さんに恥をかかせない。」と、観客にも演奏する曲にも恥じない演奏を約束する。

「観客の心が洗われるような、音楽を奏でてみせます。それがこの市響を始めた目的であり、夢です。皆さんにもその夢を共に形にしてもらいたい……」
この言葉に感動する団員たち……

1人帰るルミを呼び止めるマエ
「これで……もう泣くな。」と、笑顔で去る。驚くルミ。
やはりあの時、ルミの顔を見るまでは……謝罪するつもりのマエだったのでは?
ルミの涙を見たくなくて、悔しいルミの涙を流さないためにも、自分流を通したマエなのでは?

楽長は責任を取り辞める。

ヨンギもマエの性格を考えると、「あれは謝罪も同然だ。」って感激。
ヒヨンは、正式団員のジュンジンに
「昨日は眠れなかったわ。カン・マエにあんなことをいって。カン・マエの言い分ももっともでしょ?言い方は直せないのよ、聞き流して。」と、諭す。やる気になるジュンジンに喜ぶヒヨン。

練習後、サプライズ~♪マエの誕生日祝いをしてくれる団員たち。
ルミの計画みたいね、驚くマエは「今日じゃないが……」って。
誕生日祝いは久しぶりのマエ……感涙気味みたい……ルミは帰ってしまい、イドゥンが撮影する。
マエのマネをするヨンギ、マエにケーキをぶつける?と、思ったらよけるマエ。
明るく楽しい雰囲気、和みのマエも笑顔。

ルミ、マエの言葉を思い出す。
「おい、闘鶏、私をみるんだ。私を信じてついてこい。」と、今までのマエを思う。
ぼんやり考え込んでしまうルミ……

天地異変の公演日、嵐……大雨……
被災者も多数出ている市長は、公演延期をいうも拒否される。
公演会場にも被災者が避難中……警告する市長。

ヒヨンは避難者に「被災者を尻目に金持ちは気楽よね」と、嫌みを言われる。
嵐のため、公演準備も遅れてしまう。楽器も届かず焦る団員たち。
係長にカン・マエの書類サインを頼まれるルミ、ルミしかマエに話せる人はいない。

マエに書類サインをもらいに部屋に行くルミ。
ずっと会っていなかった様子のマエとルミなのね。
「実家にいってたのか?デートじゃないな。浮気か?ゴヌは合唱団の指揮をしていたぞ。」と、聞くマエ。
「ゴヌはいい男だぞ、あの特技を見せたか?」と、マエを見つめるルミ……
何も答えないルミの異変にきがつくマエ。

ル「先生、ゴヌが好きです。」
マ「恋人だからな。」
ル「でも……ゴヌはどうだか……」
マ「好きなようだが。私にはわかる。」
ル「本当に好きなの?……」
ル「もう1人のゴヌが…」
この言葉に顔をあげ、ルミをみるマエ。
んん?ルミのいうゴヌはカン・マエのこと?(@@)

ル「もう1人のゴヌですよ。若くて人のいいゴヌじゃなくて。いい年していじわるで利己的な……ひねくれ者のゴヌです。」
真剣なルミ、呆気にとられるマエ。これを聞いてしまうゴヌ……

ゴヌをルミの前に引き出し
「もう一度、いえ!」と、マエ。
かたまるルミ……

感想
まともに演奏も出来なかった、自分たちを受け入れてくれたマエを、理解しているルミです。謝罪させるなんて、悔しくて耐えられなくて、泣いてしまったのだと思います。マエはカン・マエらしく!謝る姿は見たくなかったので良かった(^^ゞ
憎まれ口を叩くマエだけど、あれは ”愛情” と、理解しているルミですね。マエのここ一番!の言葉は感動と勇気が出ます。それを感じ取る団員たちでしょうか。

ヒヨンたちまでもが、マエに意見してたのが、残念だったけどそれを受け止め、謝罪しようとしたマエだと思いました。
謝罪をやめたのは、やはりルミの涙のせいかな?
予告ではマエが窮地に立たされてしまう様子、続きが気になります。
マエに告白したルミも気になるぅ~~♪

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年01月20日 12:02 ] カテゴリ:ベートーベン・ウイルス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。