韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  ベートーベン・ウイルス >  『ベートーベン・ウイルス』15話

『ベートーベン・ウイルス』15話

ルミに別れを告げて吹っ切れた様子のマエでした。ゴヌもマエに強く言われ、誰に頼ることもなく自立する雰囲気で先が楽しみです。耳が聞こえなくなるルミは1人だけ寂しい感じもあり。熱で寝込むマエを看病する団員たちでしたね~。



『ベートーベンウイルス』Mnet
カン・マエ    キム・ミョンミン
カン・ゴヌ     チャン・グンソク
トゥ・ルミ    イ・ジア
ペ・ヨンギ    パク・チョルミン
チョン・ヒヨン  ソン・オクスク





15話 

「先日の音楽祭の方ですね。先生の弟子でしょう?」と、評論家。
「ですっけ?」と、とぼけるマエ。
3人の審査員に楽譜をわたすゴヌ、驚愕で固まっている。編曲はゴヌとルミ。
視線をそらすマエとゴヌ。



演奏はイドゥンのフルートが前に出てくる。「速いのでは?編曲ですか」と、話す審査員。「そこまで。悪くない。」と、審査員。演奏をやめるゴヌ。
「軽薄になると思ったが、適切な線でうまく調整できてます。立派です」と、評論家。安堵するゴヌにきつい言葉のマエ、舞台にあがってくる。

「いっても聞かないから、叩くしかない」と、マエはゴヌから指揮棒を受け取り、自ら指揮をする。これに喜ぶ審査員たち。
「私は弟子などとったことはない」と、弟子のゴヌを否定するマエ。
編曲前のもとの楽譜を出させ、自分の指揮にあわせるように指示、耳の聞こえないルミを外す。
ルミ、名前を呼ばれても聞こえないのだわ……

マエの指揮で演奏する団員たち。
「差がわかりますか?」と、マエ。
「先生、この曲には多様なバリエーションがあります。この程度のアレンジは可能かと…」と、ゴヌ。
「では、ベートーベンの ”運命” も演歌に出来る」と、言い返すマエ。
「厳密にいえば、さっきの先生の演奏も 原曲の一部を切り出した。それも一種の編曲だと思います。」と、ゴヌ。

優雅さを強調するためテンポを遅くした……と、ゴヌなの。
「先生も主観的に解釈されたんです。」と、ゴヌ。審査員は
「これは思うに…スタイルの問題であり、どちらが正しいわけでは……」と、これに怒りだすマエ、
「スタイルにもほどがある。旋律まで変えるとは!編曲にもほどがある。これはクラッシックではない。彼らに参加資格はない。」と、ボロクソにいって、出ていってしまうマエ。

ロビーに座るマエにゴヌは話しかける。
「なぜ、けなすんです?僕を刺激するために……」
「そんなつもりはない。言葉の通り受け止めろ。」
マエには正直に意見を言ったゴヌ、マエはそれは認めるけど~「誤解するな、私は善人ではない」と、断言のマエ。
この舞台が最後のチャンスのゴヌ、「実力不足ですか?」マエは
「私の基準ではな。」と、マエ。

「心が大事なのでは?さっきの編曲も 先生の教えがあったからです。なのに…」
好き勝手に曲を変えるのとは別問題!と言い捨てるマエに
「わかりました、でも僕たちに特別、厳しすぎるのでありませんか。なにかあったのですね?」
これにマエは「保身のためだ。私を相手にするには お前はまだ、若すぎる。」と、去って行く。

マエは一度、審査員を断ったのにとつぜん、来た。だから、2人の審査員の結果、ゴヌたちは合格する。喜ぶ団員たち。
ゴヌたちが出る!と、慌てて審査員として来たマエのようです。

コントラバスのパク・ヒョククォンが、マエに ”市長選挙に協力しろ!”と、いわれたと告げてくる。驚き怒るマエは市長に嫌み、これに市長は
「私が選挙に負けたら市響共倒れです」という。
チェ議員が当選したら ”痛い目にあう” と、市長なの。

ヒョククォンからの差し入れの中、現金と手紙 ”知り合いの声楽家が オーケストラを探してる” と、バイト先を紹介があるのを見るゴヌ。
生活で苦しいはずのヒョククォン、自分は市響に戻れたのでゴヌたちに援助だわ。

ヒヨン、夫の浮気証拠?スケートの半券を見つけてがっくり。
家事で尽くしてきたのに落ち込むヒヨン。これを励ますルミ。ゴヌとの事をいうヒヨンにルミは
「先生も私も寂しかったから。すがっただけ。でも、これ以上、すがったらいけないと思います。先生は利己的な人だから。」ルミの気持ちを ”奉仕” と、ヒヨン。
自分を例えて、浮気を見つけてもなにもいえないことをいう。
尽くすだけの男性はやめた方がいい……と、ヒヨンでしょうね。

声楽家のところで演奏するゴヌたち。「伴奏が大きい。歌の邪魔をしないで」と、うるさい母なのだわー。

ルミに歌謡曲の編曲を頼むゴヌ。

チェ議員にも強気のマエ、意見がぶつかる2人。
「愛国歌も演奏しません。ご自分で歌ってみれば?」と、マエ。
怒るチェ議員だわ、これは首を切られそう(^^;;)

ルミ、マエの携帯メッセにバイオリンを残す。これを聞くマエ
「音を外したな。」と^^;

マエ、市響の練習中、自分の編曲に焦る。ゴヌのいう解釈か原曲通りにするか。
演奏の感想を係長に聞くマエ、自分の解釈と違うので驚く。
”優雅、温かみ”と、聞くマエは迷う。力強さを出したいマエ。

マエからの花を受け取るルミはびっくり!「爆弾でも入ってる?」って(笑)
そこへタクシーで来るマエ、突然、その花を足でふみつけメチャメチャにする。驚くルミ、マエは
「私の音楽が壊れていく。」「私のせいですか?」と、ショックのルミ。
「いや、わたしのせいだ」と、マエは去って行く。

鬱病まで、はじまったガビョンじいさんの家に行くマエ。
生気のないガビョンに
「そちらの世界は快適ですか?気をもむことも、ゆらぐこともない。1人でうらやましい……あのとき、なぜ、私をあおったのですか。あの時、無視していれば寂しさくらいは我慢できたのに……おかげで幼稚な人間に成り下がりました。
誰かにすがられるのは、実に不快だ。不慣れで自信もない。イライラする。だが、今は突き放せなくなる。一度、味をおぼえると……」

これを正気で聞いていたガビョンじいさん!
「私にどうしろと?」
ガビョンが正気だったので驚くマエ。とっくに正気に戻ってたのだけど、面倒だから相手にしなかったの^^;
泣き言を聞かれてしまったマエ、慌てて帰ろうとするのを引き止めるガビョン。

「ルミの話だろう?」と、マエを引き止めるガビョンじいさん。
イドゥンのことでマエに電話したガビョン、口調が年上になっている。
「もう、団員じゃない」と、ガビョン。”ルミとつきあってはいない!”と、マエ。

自分のハープ奏者との恋愛を話、
「まだ、感情が怖いのか?」
「怖がってはだめですか?私も若い頃、経験しました。愛なんか疲れるだけだ。あれをまた、やれと?40歳になってやっと、落ち着いたのに。行動を起こせなんて青少年ですか。もう、変われないし、変わりたくもない。」と、マエ。

ガビョンじいさんの、恋愛話の続きを聞きたがるマエ。
妻がいるのに、ハープ奏者に一目惚れしたガビョン
「別れたさ。誰かを本気で愛するのは、勇気がいることだからな。わしらのような、小心者にはできっこない」
これを聞くマエは納得したのかな。

ルミを呼び出すマエ、CDスメタナの「わが生涯」をプレゼント。
スメタナの失聴の瞬間の話をする。花の代わりにこれを聞いて ”1人で耐えろ” と、マエ。
「私はお前を指揮してやれない。人生なんて所詮、孤独だ。お前だって私を好きなわけじゃない。聴力を失うのが怖いだけだろ?私も気の迷いですがっただけだ。
そんな感情は変わる。私は変わらないものを信じる。それが音楽やトーベンだ。
お前ではない。」
ルミは悲しい目をして
「それじゃ……その指輪は?なぜ、それをずっとはめてるんですか?」
「これは思い出だ。思い出は不変だ。それに鉱物だ。かわらない。」

「卑怯だと思うか?確かに自分の殻に閉じこもるようだが、私はそこが気楽だ。なのに、なぜ他人のことに気をもむ?音楽さえ、揺らぐのに……」
マエの言葉にショックを受けるルミ、マエの言葉が聞こえなくなる。
「私は他人に頼れない。人にすがっていては、音楽に打ち込めない。私を助けてくれ。揺るがないように……」



うなずくルミ
「私も先生に出会って頼もしい反面、弱くなりました。もう、会わない方がいいみたい。でも、先生不思議だわ。耳が遠くなったら、先生の声がよく聞こえる。先生の気持ちも理解できます。」と、家を出るルミ。

1人うなずくマエ、胸をさすり……自分を納得させたかのよう……
寂しいけれど、これがマエの出した結論、それを理解するルミですね。
ルミはマエの電話番号を削除する。

ルミの助言で曲の解釈を勉強するゴヌ、マエがくる。
マエの指示通り、原曲に従う~と、ゴヌにマエは
「まだ、私に教わりたいのか。踏みつけるぞ。そういう性格だ。お前とはスタイルがちがう。お前の斬新な解釈も才能も灰と化すぞ。」

驚くゴヌに
「まだ、わからないのか?私の陰湿さを。あの時の工事だ。市長に中断するように言えた。だが、放っておいた。なぜだか、わかるか?嫉妬したんだ。
お前の方が格上といわれて保身に走ったのさ。評論家にお前と比べられて、つぶしにかかった。これはウソじゃない。ありのままの事実だ。」
マエの言葉に愕然のゴヌ
「つまり……それは僕を嫌いになったんですか」
「その瞬間はお前が憎かった。消したいほどに……だから早くお前を、手放そうとしたんだ。」

涙を流すゴヌ
「僕は……好かれているとばかり……」と、言葉を失う。
「すまない。元来、利己的な性格でね。人間は皆、利己的だ。親子の間にもないかもしれない。それが世の中だ。」
涙で去るゴヌに
「強くなれ、私からの最後の忠告だ。」と、マエ。

激しいショックを受けて部屋で号泣のゴヌ、マエは風邪?寒気で落ち着かず、薬をのみ、ベッドに倒れ込む。

市響の練習に来ないマエ。
ヒョククォンが家にくる……高熱で寝込んでるマエを見てびっくり。
ヨンギはゴヌに、マエの病気を伝えるも~ ”練習が先” と、戻らない。ヒヨン、ヨンギ……と、団員たちが順番でマエの看病をする。
ヨンギ、マエの鼻くそなんか取ってあげたりして優しい(^^;;)

ゴヌはマエの言葉で人が変わったように編曲に集中する。
お金持ちの声楽家の伴奏~バイトに文句の母、これにキレるゴヌは
「お金は必要だけど、練習に集中しましょう」と、やめる。
ヨンギまでマエのマネ、マエ並の毒舌ゴヌの誕生だわー(≧∇≦)

熱が下がり、気がつくマエは、メモの「番号順に薬を飲んでください。練習にいきます」と、読む。トーベンも心配にきてくれる(=ω=)
カン・マエ復活だわ!

市響の練習をするマエ、迷いも消えて作曲家の意図通りに指揮をする。
新しい市長、チェ議員が案件を提出!「カン・マエを解雇する!」と。
驚くマエ……

感想
予告がないー!マエはクビになってしまう?新しい市長とは、よけいに合わないマエでしょうね。
マエは迷い結果、ルミと別れる?離れることを決意したようです。1匹狼のマエだから、余分な荷物は持たない主義なのでしょう。恋愛もしないと。
ルミももっと優しい人の方がいいしね^^;
ガビョンじいさんに本音をこぼすマエ、正気なのにトボけてたガビョンにも笑い。

マエがゴヌに言った言葉は本当だと思うのだけど……ゴヌはこれで、自覚して強くなるのでしょうね。それが楽しみです。音楽と恋愛するマエとゴヌかな。。。
これだけ本気で音楽をやる人には、恋愛なんて邪魔なだけでしょう。ゴヌたち、今後のデビュー?が気になります。

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
出来れば「拍手」クリックもお願いしま~す。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年02月10日 12:51 ] カテゴリ:ベートーベン・ウイルス | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。