韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  快刀ホン・ギルドン >  「快刀ホン・ギルドン」21話あらすじレビュー

「快刀ホン・ギルドン」21話あらすじレビュー

炎の中に残して来た母、王妃はどうしても チャンフィを王にしたかったようです。これをニセのサイン剣を作ることにより、計画した王妃とリュ大監たちでした。この事実を知ったら チャンフィはショックでしょうね。ギルドンと離れて暮らすイノクは辛そう(>_<)

ギルドン







21話 

イノクの涙

チャンフィ

「ハラボジがくれた簪を ギルドンに見せなきゃ!」と、イノク。
「ハラボジは 死んじゃったんだ……ギルドンの所にはもう、行けない」と、思い出すイノクは涙で夢をみていた。そばにいてくれるのはチャンフィ。涙でキスをする。

ギルドンは1人「私はいつも、一緒にいるよ」と、イノクの言葉をおもいだす。

チャンフィ、ギルドンは民にとって 夢のような存在であり、自分が王になることで 彼らを守れると強く思う。この夢の存在ギルドンが “大きく、強くなる” と、ノ尚宮。
これを認め 許したのはチャンフィ「あの者の力を引き出したのは私だ。だから恐れる必要はない」と。

リュ大監の父(イノク祖父)、サイン剣の文様が明かされるまで20年も待った……
これに驚く両班だけど、「命の安全のために、知らないふりをしていた」だけ、と知る。サイン剣の文様が刻まれるとき、その場にいたとリュ大監父。

「行動を起こすには、名分が必要」と、これに驚くノ尚宮。
「サイン剣について少しでも、疑ってはならない!」と、怒り、サイン剣の文様を作った者を調べさせる。

サイン剣はニモセノ? 王も「父はなぜ、サイン剣に弟が王になるべし!」と、刻んだのか?と、考え不安になる。これで邪気払いの剣を 作らせる王。

サイン剣に

王が邪気払いで 祭祀(儀式)を行うことを知り、チャンフィはその日に決行を決意。
ギルドンたち、爆薬を試すが 威力が足りないとチャンフィ。改良を命じる。

活貧党に入りたい人々も集まり、訓練をする活貧党たち。チャンフィは
「使えない兵士だ」っていう。訓練も受けていない人々だから。

マチョン山に来てチャンフィは「マチョン山が 活貧党の世界になっている」と、驚く。ヨンシの仲間の鍛冶屋に 剣も作らせる。
「マチョン山は小さい、今は国中から色々な人が集まっている。官軍も職人も民も」と、ギルドン。
目的は王子のためであり、この人々をまとめると チャンフィにいうギルドン。

王になるチャンフィに、王を補佐する者(側近)を集めた方が良いと、ギルドン。
「お前は本当に 俺の側近になる気はないのか?」と、チャンフィは、ギルドンをそばにおきたい。でも、貴族がそれを認めるはずもないギルドンは、これを拒否。
「王になれば、お前でなく王様!と、呼ぶ」と、ギルドン。

「私はサイン剣に撰ばれた」と、チャンフィはこんな自分が、サイン剣が撰ぶように民やお前を撰んだ……と。
「その責任をもて。そして俺のまねはするな。俺たちの選択を後悔させないでください」と、ギルドン。

王はサイン剣を作った職人に 自分もサイン剣を作らせる!と、いいだす。
ホン判書の息子イニョンに、その鍛冶職人を捜せ!と、命令する王。

サイン剣を作った職人は5人。そのうち3人は 制作後に行方不明。姿を消したのは 同じ日……これを探させるノ尚宮。

スグンたち

スグンたち、ハラボジを亡くしたイノクを心配する。これにチス(ムク犬)が、イノクの様子を伝える。チャンフィが王になれば、イノクはもう、マチョン山にも来ない。
「王妃になるだろう」と、ヘミョン和尚は予想する。
これに驚くみんな……

ヨンムン商団

イノクはヨンムン商団でお嬢様の格好、これに慣れないイノク。
祖父にいわれチャンフィを「王子様」と、呼び緊張する。許可なしで 座ることもしないイノク、毎日、祖父に叱られている。
貴族の娘の勉強が大変なイノクは苦労している。これを心配するチャンフィ。

みまもる

読めないのに書物を ”覚えろ” と、いわれたイノク、これを「1つずつ読んでやる。手伝う」と、チャンフィ。「疲れるし、失望するよ」と、イノクに
「お前と一緒なら、疲れも失望もしない」と、チャンフィ。

チャンフィが 書物を読むのだけど、居眠りのイノク……呆れるチャンフィ
「ゆっくりでいい。お前がわかるまで じっくりやろう。もう、夢であいつを探しにいくな」と、いう。

「私は 饅頭が世界で一番好き!」と、イノクを思い出すギルドン。ヘミョン和尚にイノクは「王妃の相だった」と、いわれる。ギルドン、"アイラブユー" の意味を知ってたんだよね。
「あの時、ほんとに刺されて死ねば良かった。よけい胸が痛む」と、ギルドン。

王がサイン剣を作る日、宮殿を攻撃計画するギルドンたち。ギルドンを支持する者が、官軍を阻止するとヘミョン和尚。
「この日、俺たちの新しい王を擁立する」と、ギルドン。

チャンフィも貴族たちに
「ギルドンが宮殿を攻撃する間、コム山の軍隊と、活貧党も都に合流する」と、宣言。リュ大監父も、「我々、儒生たちも 全国各地で同時に立ち上がる」と、話す。この日、先王に撰ばれたチャンフィが、王位を要求する計画。

サイン剣を作る鉄を 用意するヨンムン商団。宮殿に入り、同時に爆薬も運ぶ。
イニョンは、サイン剣を作った名簿から職人を捜し出す。

ヨンシは、亡くなった頭領の友人である職人に聞くも「私はもう、サイン剣を作りおえた人間だ」と、宮殿に入ることを拒否されてしまう。
ギルドンは「あの人は、王子のサイン剣を作った人?」と、考える。

ノ尚宮、サイン剣を作った人物であるソク老人を調べる。

リュ大監父、チャンフィに 儒生たちの名簿をみせて、王の補佐させるために……と、いうのだけど、チャンフィはこれを拒否する。
「新しい世を作るのに、命をかけた者だけを側近(臣下)にしたい」と、チャンフィ。
この名簿の人たちは、名前を連ねているだけの貴族だから。このチャンフィに 困惑するリュ大監父。

ギルドンは サイン剣を作った男から話を聞く。サイン剣を作ったために、仲間は殺されてしまい、自分も殺されかけた……と、男。
じつは、サイン剣の存在のために 殺されたのではなく、その後に作った 同じ剣(ニセモノのサイン剣)のために殺された。その剣には妙な文が刻まれていた……と、知るギルドン。

文が 刻まれたのがニセモノの剣であり、その後、作った者たちは殺された。
これを指示したのは、殺されたリュ・グンチャン大監なんだよねー。
つまり、イノクの父!もう1人はチャンフィの母である王妃だった(@@)

ヨンシ

チャンフィが大事にしてるサイン剣はニセモノだった!先王が命じたサイン剣には、文字なんて刻まれていなかった……これに驚くギルドン、ヨンシたち。

リュ大監父、「本物のサイン剣を王子に見せるべきか?」と、考える。
何も刻まれていない本物のサイン剣。
「これを見せれば、王子にとって 一番重要な人間が 誰かわかるだろう」と。
ん?脅迫じゃない(゚д゚)!

ギルドンは、倉庫にノ尚宮を呼び出し、職人から聞いたサイン剣の事実を話す。
これに愕然のノ尚宮、「王子に話してはならない」と、言うのだけど ギルドンは
「リュ大監父が、本物のサイン剣を持っていれば、いつかはバレる。それを利用されるかもしれない」と。
ノ尚宮、プライドの高いチャンフィにギルドンから、この話をするべきではない。時期がくれば自分から話す……と。

「これが王妃の企みなら、今まで 現王の仕業とされた 先王の死も王妃か?」と、ギルドンに ノ尚宮は「まさか? あの人がそんな……」と、驚愕。
「お前たちはどうする?」と、ノ尚宮にギルドンは
「俺たちは変わらない。そちらも決意が変わらないなら、王子と一緒にいこう。彼が変わらないことを信じる」と。
そのためにも、この事実を知られてはならない!と、ノ尚宮。

現王(チャンフィ兄)は、本物のサイン剣には文様など刻まれていない。これを刻み、ニセモノを作ったのは ”王妃だった” と、知り愕然とする。
サイン剣を作った男から、話を聞いた王は、その男を閉じ込め、邪気払いの祭祀は予定通り行うという。

チャンフィは イノクに母@形見のかんざしを渡し、「お前が それを持っていてくれれば、私も迷わないでいられるだろう」と。

「先王の決めた王は 今の王だった」と、いうリュ大監父。
王妃もリュ大監父たちも、これを受け入れることが出来ず、王妃たちが計画!と、知るノ尚宮は驚く。チャンフィに王位を譲る気はなかった先王。
王妃はチャンフィを王にしたくて、リュ大監らとこれを計画したのでしょう。

「王子が 我々の忠誠を忘れて、ホンギルドンのような卑しい者を 重要しなければ、サイン剣の真実は 永久に封印されるだろう」と、いわれるノ尚宮。
王妃の計画通り、チャンフィが王、イノクが王妃になれば、安泰なリュ大監たちだったのですね!

イノクはチャンフィがくれた、王妃のかんざしよりも、ハラボジが残してくれた簪の方が「ふさわしい」と、思う。

ギルドンはチャンフィと 宮殿に入る計画を話、「以前のような間違いがなければ、成功するだろう」と。
サイン剣を名分にして 復讐だけを誓っていたあの頃よりも、今の方が ”良い王になろう” と、思えるからいい……と、チャンフィ。
「最後まで その気持ちを忘れるな!俺の選択が後悔にならないように……」と、ギルドン。

俺の選択

ギルドンはイノクに「俺が宮殿から出たら、お前が宮殿に入るのだろう。最後に元気そうな姿がみれてよかった。元気でな」と、いう。

イニョン

王はイニョンに「王子の仲間が宮殿に来たら、誰か味方か敵かわからないから、すべて殺せ」と、命令する。皆殺しにして宮殿も燃やせ!と、王に驚くイニョン。
チャンフィもギルドンも すべて殺して、新しい王と生まれ変わる……と、王は笑う。

活貧党

祭祀当日
ヨンシは鍛冶職人、スグンは芸人として宮殿に入り込む活貧党。マルリョも踊り子として入り込む。ギルドンも 貴族の衣装で入り込む。

ヘミョン和尚率いる活貧党が、王子の軍に合流する。
宮殿のまわりに油をぬる兵士たち……お酒には睡眠薬をいれさせる王。日没に王が 宮殿からさった後、宮殿に火をつけるように命令する王。

王

これで皆殺しにするつもりの王。「チャンフィが来たら何も残っていない」と、王。

チャンフィたちも 宮殿に向かう。
ギルドンが宮殿に入ると……ウネの父@左議政に捕まるギルドン!
ウネの婿にと、探していた左議政だったの。喜ぶ左議政。驚くギルドン。

宴会が始まり、王も着席。大臣たちも座り、芸が始まる……
火矢の準備をするイニョン、ウネの父@左議政を心配、宮殿から逃げるように話す。

家に戻った左議政、ウネに「何かある」と、ウネに話す。
ギルドンを心配するウネは イノクに伝える。イノクは、宮殿に入る秘密の道から、ギルドンに伝えようする。宮殿が油だらけなのを知るイノク……

爆発とともに 武器で攻撃準備のスグン、活貧党たち。
役人に見つかり、連れて行かれるイノク。ギルドンを発見!
「ギルドン、アイラブユー」と、叫ぶ。その声に気がつくギルドン?




チャンフィとギルドンたちの計画を知り、宮殿ごと燃やして逃げる王ですね。
宮殿に油をぬるとは!睡眠薬入りの お酒を飲んだ役人たちも殺す王とは。
チャンフィが 名文にしていたサイン剣は ニセモノでした(@@)

これを作ったのは 母の王妃であり、今の王じゃ気に入らなかったのですね。これをリュ大監たちと計画、自分の命を犠牲にしてまで、チャンフィを 王にしようとした王妃もすごい。

サイン剣はニセモノ!これをバラされたらチャンフィは?
これじゃ、脅迫みたいなリュ大監父ですね。ギルドンを 臣下にしたい様子のチャンフィ。貴族のいいなりと なってしまうかも?
ニセモノ@サイン剣の事実を知るのは、時間の問題であろうチャンフィでしょう。
お嬢様生活が大変なイノク、このままチャンフィと結婚?
続きが気になる後半です、ラストまであと少し!

↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年03月09日 11:56 ] カテゴリ:快刀ホン・ギルドン | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。