韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  がんばれ!クムスン >  「がんばれ!クムスン」155~156話あらすじ

「がんばれ!クムスン」155~156話あらすじ

ハルモニの言葉通り、2人は別れる方向へ……カットが多いせいか、ジェヒの決断が早く感じました。すごい泣いてしまった。愛し合ってるのに「縁がない」とは、この事なのかしら。
続きが気になるじゃないのーーー(>_<)

『がんばれ!クムスン』
ナ・クムスン     ハン・ヘジン
ク・ジェヒ      カン・ジファン
チャン・ウンジュ   イ・セウン
ノ・テワン      イ・ミンギ
ハ・ソンラン     キム・ソヒョン

がんばれ!クムスン DVD-BOX 1
がんばれ!クムスン DVD-BOX 1イ・デヨン

ポニーキャニオン 2007-10-26
売り上げランキング : 66130


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



155~156話 

「向こうの親も 子供を置いてこないと、結婚を認めないんだろ? ジェヒと母親の仲を引き裂いてまで結婚するのかい?」と、ハルモニに言われたクムスン。

「私が母親でも、簡単に許さない」と、ハルモニだけど~なぜ?韓国では そんなに子連れの結婚が難しいの?そういう ジェヒ母だって愛人だったじゃない!
BS放送、カットが多いけど~ハルモニは、ジョンシムたちのとこへ
「フィソンを渡してほしい」と、いったのね。
「私でもフィソンを渡さない」と、ハルモニにいわれてしまうクムスンが可哀想。

「別れろ、どう考えても縁がなかったんだ。今はまだ、結婚する時じゃない。」と、ハルモニに涙のクムスン。
そうかー「縁がない」とは、まさにこういうことなのかも……

「クムスン、ジェヒを自由にしてあげな。しばらくは辛いだろうが、仕方ないよ。あきらめるんだ。沢山のひとを傷つけて 結婚して幸せになれるのかい?
それに大好きな あの家を出られるのかい?振り切ってでてきたとして、ぐっすり眠れるのかい? ジェヒと母親の仲を裂いて、ご飯がのどを通るかい?
そこまで図太いのかい?お前にはむりだよ。別れるんだ。
むりやり結婚しても、うまくいかない。ジェヒにもっと、いい女性を探せと、送り出すんだ。」と、ハルモニの言葉に首を横にふるクムスン。

「それでお前は、もう少しの間、子育てに専念する。まだ、結婚する時期じゃない。仕方ない。これが運命なんだ。」と、ハルモニの言葉は……
なんか、すごく哀しいのだけど説得力があるのだわ。涙で言葉がでないクムスン。

ピルド(舅)は眠れなくて……「こんなことなら、もっとフィソンと、遊んであげれば良かった」と、後悔。もう、諦めてるみたいな雰囲気だわ。

ええ?もう、引っ越し?
あ、シワンと、ソンランのだったわ。独立する2人なのね。
これじゃ、よけいに出にくいクムスンだわ。

ウンジュ父に紹介された医者、内科専門のキム・イルって先生!
もしや~?ジェヒの父では?ジェヒは知ってるのね……ショックで驚いてるもん。

あぁーーなんてことを(>_<)
クムスンのハルモニ、ジェヒを家に呼んで~
「クムスンと別れてくれ」って。
出来れば、クムスンをこれ以上傷つけないために、ジェヒの方から 別れを切り出してほしい。むりやり結婚してもうまくいかない。
すぐにあの家を 出られるクムスンの性格じゃない……って。

クムスンは、家族にもジェヒにも相談できずに1人泣いて苦しんでいる、と。
クムスンが胸を痛めながら、ジェヒに別れを言わなくてもいいように、ジェヒの方から、別れてほしいと、頼むハルモニなのだわ。
もう、これを聞いて愕然のジェヒ、言葉がでない。

号泣のクムスンを思いだすジェヒ、やっと、辛さの意味がわかったみたい。
迎えに行くけど……呆然のクムスン、ジェヒとすれ違っても気がつかない。

電話で聞くジェヒ
「どうしても、フィソンを置いて家を出られないのか?」
「はい」
「当然だよな、ちょっと聞いてみただけだ」と、ジェヒとクムスンの会話だけど……映像でみるとすごい可哀想で辛くて・(/Д`)・゜・。
これ、必死でクムスンと別れようとするジェヒ?すごくジェヒの悲しみが伝わって来て……

ヨンオク(クムスン母)も、夫の胃がんを知って。
ウンジン、まだクムスンと会ってない?

ソンラン、シワンは息子を迎えに~空港へ。
感動の再会のソンラン~ウジュは大人びてる感じね。
ソンラン、いきなりの母親はむりみたいねえ。微妙な空気感が。。
あれー、ウジュはすごく冷静というか、甘えることもしない子だけど……そう、育ってしまったのかも。

クムスン、新しい美容院で働いてるのね。

ジェヒ、やはりクムスンと別れるつもりなのね。
フィソンの保育園へいって、帽子をあげてお別れしてた(涙)

ジェヒ母の美容院に~あの父親であるキム・イルが来た。
驚くジェヒ母、イルは妻を3年前に亡くし、島で医者をしてると。
息子に会わせて欲しいといってきた!

夜、新しい美容院であうジェヒとクムスン。
これ、クムスンに別れを告げると思うジェヒだと思うわ。
手のマッサージをしてあげるクムスン、毎日、マッサージするとクムスンは笑顔。
ジェヒ、ずっとクムスンの顔を見てる……
最後に見てるジェヒなのだわ……きっと。何も知らないクムスンは笑顔なの。

「俺のどこが好きだ?」と、ジェヒ。
応えられない~と、クムスンに逆のしつもん。

「私のどこが好き?」と、クムスン。
「可愛いから好き。小さくてチビ白菜を育てるママで 美容師で23歳。白菜みたいに頭がチリチリだったこと。本人は大人のつもりでも、実は子供だから。おぶってやると、メソメソ泣くこと。旦那の家族を 宝物のように思ってるから、世界で一番、いい男をみすみす……失いかけてる。」と、ジェヒ。

この言葉に笑顔のクムスンがかたまる。
「今日みたいな日も、俺の言ってる意味が……鈍感だからわからない。」
笑顔、真顔でいうジェヒ、本当は辛くてくるしいはずなのに。。
「おじさん……」と、クムスンは驚いてて。

「今、わかったか?俺が何を話してるのか。今まで一度も、いったことないよな。クムスン、愛してる。愛してる。別れよう……」
ええー!

「そうしよう、お祖母さまのいうとおり」と、ジェヒ。
「いやよ、別れません」
泣き笑いのジェヒ「よかった。喜んだらどうしようかと思った。」

「こんなことってないわ」と、クムスンは涙……
「ここにある。もう満足だ。俺は大丈夫だ。お前もがんばれるだろう。フィソンをしっかり育てて、必ず美容師になれよ。しっかり食べて元気で……」と、必死でいうジェヒ(>_<)

本当は泣きたいジェヒだけど、クムスンの前では泣かないと決めた ジェヒなのだと思う。クムスンは突然のことでびっくりで……
「泣くのは今日まで、わかったか?泣かせたくなくて別れるんだ。」
涙を流し、クムスンを抱きしめるジェヒ。呆然のクムスンだわ(涙)

「お前、もっとしっかり食べろ。痩せ過ぎだ。わかったか。もう、行くぞ。これ以上いると、別れられなくなる。ふり返るなよ。」と、ジェヒは……涙をぼろぼろ流して。クムスンもしっかり、ジェヒを抱きしめて……

「俺のかわいいクムスン」ってジェヒ、クムスンの手を離した!
あー!ここでおわっちゃった(>_<)



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年03月25日 15:17 ] カテゴリ:がんばれ!クムスン | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。