韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  イサン >  「イサン」あらすじ感想とキャスト

「イサン」あらすじ感想とキャスト

韓国ドラマ「イサン」あらすじ感想とキャストです。スカパー衛星劇場で見終わった時代モノ~「イサン」の視聴です。忘れないように覚書として残しておきますね。今年8月~くらいからNHK BS2で放送されるはずです。
オススメ♪ 登場人物の紹介もあり。ネタバレです。
4/26 追記あり。

イ・サン DVD-BOX I
イ・サン DVD-BOX I

イサン」(イサン-正祖大王) NHK BS2 
8月~全77話 毎週日曜 午後9時00分~10時00分
出演 イ・ソジン、ハン・ジミン、イ・スンジェ、チョ・ヨヌ、イ・ジョンス、ソン・ヒョナ、パク・ウネ


記事の詳細はここここ



あらすじ
18世紀の朝鮮経済を、大いに発展させた名君として知られる第22代王イ・サン。
幼い頃、王位をめぐる争いの中で、父を祖父王に殺害されるという 暗い過去を持ち、さまざまな陰謀や、策略に巻き込まれながらも、人を信じる心を失わず、優れた王に成長するまでを描く。
韓国での視聴率は30%を越えた人気ドラマ。「宮廷女官チャングムの誓い」で知られるイ・ビョンフン監督作品。

登場人物



イサン(正祖) - (俳優:イ・ソジン)
朝鮮王朝の復興期を成した聖君。朝鮮朝22代王。
11歳にして 父親サド王子が、死ぬ姿を目撃しても、明るくて郎らかさを失わない外柔内剛な性格。
生まれつきの洞察力と、明晰な頭脳は、祖父ヨンジョ王に似たが、人間に対する暖かな視線は祖父とは違う。学問が好きで、勉強に熱心で武技にも優れた才能を見せる。

祖父の試験をパスするために、愛する人ソンヨンはもちろん、テスと内侍ナム・サンチョ、書員キム・ホンドら多くの人の助けを借りる。
24年間という短い在位期間中に、華やかな文化の花を咲かせ、政治、経済、文化各分野にわたり不朽の業績を残す。



ソン・ソンヨン (俳優:ハン・ジミン)
正祖が一生愛した女。正祖の後宮(王の妾)。
11歳の時の 正祖の父親サド王子が死ぬ数日前、昌徳宮訓練所で正祖と初めて会う。
書員出身の 父親の影響で絵が好きで優れた才を持つ。
宮廷の図書所に、よくおつかいに行っていて親戚の助けで入宮する。
初めての出会いから、正祖を一生胸に秘めて暮し、10年近く図書所で働きながら、宮廷勤務を夢みていたところに正祖に会う。
デスの愛を知りながらも、一途に正祖だけを愛する。そして正祖の後宮になって、一番目の王子を生むことになる。



ヨンジョ王 (俳優:イ・スンジェ)
力強いリーダーシップを持つ王。サド王子の父親で正祖の祖父。
完壁主義者。頭脳明皙で多方面に博識で、特に火のような性格のため、いくら時間があってもゆっくり歩けない。
口にはできない理由で、息子サド王子を殺して一生後悔する。
孫正祖を非常に愛するが、そうればするほどもっと残忍に 王としての資質をテストし、帝王学を教える。
このテストが非常に厳しいです。



チョン・フギョム (俳優:チョ・ヨヌ)
正祖の最大のライバル
天才的な頭脳と、巧みな遊泳術で、宮廷の実勢ファワン姫の心を捕らえて、彼女の養子になる。
常に笑みを浮かべているが実は氷のように冷たい性格。野心家で、若くして超高速昇進する。ヨンジョ王の 特別な信任を得て 最側近として働くが、正祖とは一生敵対する。



パク・テス (俳優:イ・ジョンス)
正祖の護衛武士
子供の頃、王に会って一生を守ることを決心。それを30年間実行する。寡黙だが 一度志を抱けば恐ろしく執着する孤独なカリスマを持った人物。
常に心も体も、ソンヨンに向かっていて一途に片思いする。



ファワン姫 (俳優:ソン・ヒョナ)
ヨンジョ王の娘、正祖の叔母、顔だけはきれいな典型的な妖婦。
傍若無人で、思いのままに振る舞うが、ヨンジョ王に愛されて育ち、権勢を享受し横暴にふるまう。
セド王子を死なせた張本人。
夫が死ぬと、チョン・フギョムを養子にする。正祖が 王位に上がることに備えて、チョンスン王后とともに正祖を廃位させようとする。



ヒョウィ王后 (俳優:パク・ウネ)
正祖の正妃
10歳の頃、正祖と婚姻して朝鮮朝22代王の妃になる。
静かで優しい性格。
イサンを愛するソンヨンに、王妃として妬みをいただくが、それでもやさしいソンヨンを大切にし、ホン・グギョンの殺害を阻んで、自分を助けてくれたソンヨンを自らすすんで側室にする。子供を生めず一生さびしく過ごす。

後半、他にも新しい人が登場します。


感想
ストーリーは、子供時代から始まります。まだ、幼いサン(イサン)が、宮中で偶然、出会った子供たち。ソンヨン、テスと会い~友情が芽生えます。父が無惨な形で亡くなってしまい、あのシーンはちょっと驚きでした。

その後、25歳で即位、祖父であるヨンジョ王に、認められるのですけど、このヨンジョ王がまた、『ベートーベン・ウイルス』を視聴中、同じような「まだらボケ」の症状が出てしまい……王としての自覚、責任をしっかり持った王様でした。
色々と、苦労するサンです。
途中、サンは当然、王位を狙われ、命の危険を感じながらも、民のため政治に打ち込む真面目な王様です。
(最近、「イルジメ」「快刀ホン・ギルドン」でダメ王を見てたせいか、このドラマは真面目な王だと思いました。)

最後は、サンの父を謀反の罪で死に追いつめた悪い連中(老論の陰謀)、これも処刑されます。やっと!って感じでしたけど^^;
王族のお墓で、このように立派なお墓を見るのは初めてでした。
途中、父のお墓を移動、悔しい思いを晴らすサンです。他のドラマでは、あまり王族のお墓は見た記憶がないので、珍しいと思います。

49歳という、あまりに若い生涯で終わり、驚きとともに「無念だっただろうなぁ」と、思います。それだけ、本当に民にやさしく、政治に真剣に取り組む王様だったのです。
映像は本当に美しく、音楽も心地よく残っています。「チャングム」と、やはり似ている音楽の印象ですね~。
ソンヨンをはじめ、絵を描くシーンが登場、昔はカメラなんて無いので~「ああやって、記録として残したのね」と、思うシーンが興味深かったです。
ソンヨンの存在を邪魔に思う者もいたり……清に行くように命じられたり。この辺りは夢中で見たくなる展開です。



最後は、テスが1人残され、幼い新しい王を支えていく……そんな感じで終わります。
持病、過労で49歳という若さで 倒れて亡くなるサンです。でも、ソンヨンとは結ばれたので嬉しかったけど……ソンヨンは・(/Д`)・゜・。
ここは、ドラマで見てください。もう、号泣でした。

追記 4/26
ソンヨンのネタバレ
(ストーリーのネタバレです)
-----------------------------------------------
ソンヨンはサンが好きでずっと、そばにいたい……と、思うのだけど身分が低いの自分では諦めていました。そこへ側室の話が出て来て、心やさしいサンの正室がソンヨンを推薦します。でも、サンの母親が、身分を理由にこれに大反対!
ソンヨンを清に送ってしまい、これで苦労するソンヨンは1人歩いて!朝鮮に戻ってきます。

ソンヨンを愛するサンだけど、自分の母親がそんなこと(清国へいかせる)なんてことも知らず、驚きます。
サン正室の応援もあり、ソンヨンを側室にするサンです。これを認めないサンの母ですね~この辺りの展開は遅いです。
正式に側室と認められる前、妊娠するソンヨンだったかな~正式に 認められなければ、生まれてくる子が男の子でも、世継ぎにもなれない。これを理由に、ホングギョンが妹を側室にすることをいってくる。
これを認めてもらうまで時間のかかる流れでした。

そして……サンの右腕でもあるホングギョン!彼がサンを裏切ってしまうのです。権力が欲しかったのかなぁ、これは驚きの展開でした。自分の妹を側室にして、自分の地位をしっかりと固めるホングギョン。
このホングギョンの妹が大変な過ち、偽装妊娠で サンや王族すべての人を騙すのです。これを庇うホングギョン、結果的に妹を守り、サンにウソをついて裏切ってしまいます。

ホングギョンの妹は、正式な側室なのだけど、妊娠もしないまま、過ちを反省中、病気で亡くなってしまいます。これを怒るホングギョン。
このホングギョンを操るのが!祖父のヨンジョ王の妻(元王妃)、これが謀反のすべての裏を操る影の人物です。
ホングギョンは、ついにはサンの正妻を殺そうと計画、事前で中止したけれど、これで捕まるホングギョン。友人の裏切りでショックを受けるサン。
ホングギョンは、元王妃(祖父のヨンジョ王の妻)と、関わることにより、悪に染まった感じでした。罪は島流し、その後~病気で亡くなります。
新しくサンの前に登場する右腕となる青年……

とにかく、ソンヨンが可哀想で(´Д⊂グスン
男の子を生み、幸せな生活は長く続かず。子供が6歳くらい~?ではしかで亡くなってしまいます。その後、2人目の子を妊娠するソンヨンは、自分の異変に気がつき、テスに頼み、街医者を呼び、自分が肝臓ガンと知ります。
サンに内緒で実家へ帰ろうとするのを テスが知り、王宮へ連れ戻し、治療をすすめるサン、テス。
お腹の子を守るため、強い薬を拒否するソンヨンはそのまま……テスが清国へいって連れて来た医者も間に合わず、亡くなってしまいます。

サンはすごいショックで・(/Д`)・゜・。
その後も王として 忙しいサンです。過労と持病で執務中、亡くなってしまい、幼い王子を守るテスが最後の語りとなります。
-----------------------------
権力を 必死に奪おうとする者たちの中、サンは真剣に民を想い、民たちが暮らしやすいように政治に取り組む姿が印象的でした。
それと、やはりサンとソンヨンとのラブストーリーですね。
最初、身分が違うので この2人の愛は叶うわけないわ……と、諦めていたのですけど、それが見事に結ばれたのが嬉しかったですね~♪

正直、最初は展開が遅くて……眠い時もあったのですけど(^◇^;)
でも、段々と面白くなり~途中からはグイグイと引き込まれる感じでした。
最終回、「チャングム」で登場した女官役の女性、チョビたちのサービスも あります。これは見てのお楽しみ♪
「私たちの前世って?」っていうシーンです。

イ・ソジンは、「チェオクの剣」の方が、アクションも多くてかっこ良かったかな~このドラマはアクションは少ないです。
ハン・ジミンがとにかく!すご~く可愛いです♪
テスの切ないソンヨンへの想いも苦しくて。それでも 友情を大切にするテスの男らしさもステキです。

最後まで 3人の友情は変わる事もなく、テスの王に対する尊敬の気持ち、ソンヨンへの抑えた愛情もとても、うまく描かれていたと思います。
何といっても!
ラスト、エンディングのシーンが良かったのですよ(*^^)v



最近、ドラマのエンディングシーンって、スタッフさんの笑顔や、働いてる姿が映ることが多いのですけど、このドラマはそんなこともなく!
サンとソンヨンの「2人だけの世界」で、終わってくれるのです。これ、特別に撮ったシーンだと思います。
個人的には、ドラマのエンディングにも余韻を残してみたい方なので~スタッフさんが映るとしらけてしまうのです(^_^;
だから、このドラマはそんなこともなく!最後の最後でまた、サンとソンヨンの姿を見せてくれたのがとても印象強く、「あぁ、見て良かった」と、思えるのでした。
2人をみると、とても幸せな気持ちになれる……そんなドラマでした。

ほんと、時代劇だけど、「チャングム」を楽しく見た方にはぜひ、オススメのドラマです。おすすめ度、評価は☆5個が満点中~☆☆☆☆4個です♪
これだけ、ネタバレを見ても「面白い!」と、思える内容です。ぜひ、みてくださいね~♪

「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック「イ・サン」オリジナル・サウンドトラック
The 1st

ポニーキャニオン 2009-08-19
売り上げランキング : 2165
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ランキングに参加中です。↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

スポンサーサイト



[ 2009年04月19日 16:21 ] カテゴリ:イサン | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。