韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  カインとアベル >  「カインとアベル」17話 あらすじ

「カインとアベル」17話 あらすじ

復讐系のドラマだと予想でしたけど、重い展開のドラマです。韓国ドラマらしい流れと内容。後半は1話見終わるとどっと疲れも出ます(^_^;
ソヨンにすべてを知られたソヌ、自分からも告白でした。それでもソヨンをチョインに、渡したくなかったのでしょう。副院長の計画で両親を殺された事実を知ったチョインがかわいそうでした。チョインの癒しはヨンジだけですね。





17話 

ソヨンは ソヌの隠してる秘密を知りショック、ソヌの言葉を思い出す。
「収容所ではチョインはいなかった。」と。
ソヌは、ソヨンが書いたチョインへの手紙を握りつぶす。激怒のソヌ。



ヨンジは目撃してしまう。
副院長がチョインの顔を叩き、「ソヌに育てて可愛がってもらったのに、こんな仕返しする理由はなに?お前なんて!緊急医療センター?そんなもの作らせないわ。」と、チョインを罵倒する副院長。

ヨンジはチョインに 気がつかれないように、笑顔で夜景を見にいく約束を、体調が悪いと断る。チョインが今、どんなに傷ついてるのかを想像し、チョインのため心痛めるヨンジ。副院長はチョインにひどいことをいったから。

副院長は、院長の部屋へいき院長の書いたPCメモを見る。
「イ・チョイン、私の息子……緊急医療センターを作る……」これを読む副院長が激怒、PCを床に放り投げる。チョインが部屋に入ってくる。
激怒した副院長は、院長に怒りをぶつける。

チョインの両親を自分が殺したこと、院長が倒れたとき3時間も放置したこと。ソヌに病院を渡さなければ,今すぐ殺す……と、院長に話す副院長を見るチョインは驚き慌てて部屋を出る。



激しいショックを受けたチョイン、両親は副院長の手により殺された……
父である院長が、倒れたときのことを思い出すチョイン。母の副院長は「昼寝してると思った」と、すぐに院長の異変を知らせなかった。

ソヌはソヨンを待ち、素直にチョインに酷いことをしたと認める。中国の独房の中、見捨てたことを。自分の残された命1年間は、ソヨンと共に生きたかった。そうしないとソヨンを手にすることが出来なかったと、あやまるソヌ。
「私を愛していても、そんなひどいことはするべきでなかった」と、ソヨン。
ソヨンの前から去るソヌは「チョイン、このまま終わらせない。」と、つぶやく。

古いカルテの中から、自分の本当の両親が亡くなったものを探すチョイン。
両親は交通事故であり、母は妊娠中だった。副院長の言葉をおもいだし
「許せない」と、叫ぶチョイン。警察で事故の原因はブレーキ故障と知る。

ソヌは無言でチスに依頼する。了解するチス。

チョインはソヌが、ソヨンにすべての真実を告白したと知り、驚く。ソヨンを巻き込むべきではなかった!と、ソヌ。チョインへ
「今、ソヨンが感じてる苦しみをお前の骨までわからせてやる」と、ソヌ。
「許さない」と、チョイン。

チョインは ソヨンに留守電メッセージを残す。「君はこれですべてをしったはず。君は知るべきじゃなかった。だけど、ソヌ、これだけは許せない」と、チョイン。

部下から脳の写真を見せられるソヌ。腫瘍は変化せず。自分の命が短いことを感じる。

ヨンジはチョインを心配し、色々と世話をする。これを監視するチス。

チョイン、麻酔医のチングン、キム・ヒョンジュの3人で緊急医療センターの件で投票の話をしている。

副院長、パン部長は役員を呼んで接待。病院の代表は自分であり、脳医療センターを続けると話す副院長。これに問題があると指摘する役員かな。ケースカンファレンスの件を持ち出し、援助するには患者数が減ったという。
ソヌの部下も、ケースカンファレンスの件で減ってしまっている。話し合いは壊れてしまう。

ヨンジと海に遊びに行くチョイン、これを尾行するチス。
「ここから北朝鮮(ヨンジの故郷)が、見える……」と、場所へ案内するチョイン。
「心配かけてすまなかった。明日で終わる。そのあと、俺の家族にならないか?」と、チョインに驚くヨンジ。
チョインはヨンジを抱きよせ、それを狙うチス……

病院に緊急の患者が運ばれてくる。ソヌの診断に不満な後輩カン・ソクフン。
手術は自分が担当するとソヌ、手術は不可能とソクフン。
ソヌの腫瘍からけいれんが起こり、手術なんて出来ないと判断する。これをけいれんを止める注射をしても、手術を成功させる……といいはるソヌ。
ソクフンは賛成できず、でていってしまう。
痙攣が起きて倒れるソヌ、自分で注射もうてない。心配する副院長。これを見る後輩のカン・ソクフン……注射は彼がしたのかも。

注射をしたソヌは手術にむかう…こんな状態で手術なんてムリだわ( ̄ェ ̄;)
手術中、手の震えが起きるソヌ……それを見守る副院長。

チョインは ソヌが手術をしてると報告をうける。
副院長が来てチョインにいう。「チェ・ユラ事件はソヌが担当するように仕組んだ。オ理事と共謀、中国で拉致させた……」
「そんなに俺が嫌いか?」と、驚くチョインに
「ええ、きらいよ、見るだけで吐き気がする。私のソヌからすべてを奪うチョイン!殺したいほどきらい。」
「俺もあなたの息子になりたかった……あなたが私の両親を殺したように、ソヌは俺を殺そうとした。」と、チョイン。
これを聞いている院長。

チョイン両親を殺したことを認める副院長、後ろで聞いてしまうソヌ。
愕然とするソヌ、ソヌが聞いてしまったことに驚く副院長は、
「あなたがそんな悪いこと、ひどいことをしたなんて信じられない。」と、泣き叫ぶ。

呆然と歩くチョイン……ソヌはチスに「なぜ、チョインはまだ生きてる?」と、聞くも「簡単には殺さない、苦しめて殺す」と、チス。
「あいつを苦しめて……残酷に殺してくれ」と、いうソヌ。

眠るヨンジの手を握り,「俺、苦しいよ……」と、チョイン。ヨンジから離れようとすると、チョインの手を強く握り返すヨンジ。
ヨンジにもたれるチョイン。



どんどん、重い内容になっていくドラマですねえ(^◇^;)
副院長が自分の両親を殺した!と、知るチョインでした。しかも、院長が倒れたとき、すぐに処置せず、放置していた副院長。
すべての悪事は、この副院長の性格の悪さなのかしら?副院長のチョインを罵るシーン、すごい迫力でした。あれじゃ、チョインがかわいそう。育ての親でもあんな強く否定されたらショックを受けるでしょう。憎しみは憎しみを生む……って感じかな。

ソヨンにすべてを知られてしまい、それでもソヨンに執着するソヌです。
チスがチョイン、ヨンジと狙ってるので危ないチョインですね(>_<)
ソヌは、自分で注射も出来ないほど痙攣してるのに手術って~患者は死んじゃうでしょう。こんなん迷惑な医者です^^;

母として副院長は、自分の息子ソヌだけが可愛い。その息子が悪事を企んでると知り、さすがにショックだったようです。どろどろだわー
副院長は、妻として院長の夫が浮気をして出来た子供がチョインだと思ってるのよ。だからチョインを憎んでいる。もちろん、浮気した?夫もね。でもこれは妻の思い込みだと思う。

9話で激しく言い争うシーンで院長は、浮気のことをいわれ「なにをバカな事……」と、その後に倒れてしまったので いい訳も出来ないと思うの。
引きずられるほど~すごく面白いけどちょい疲れるドラマかも…ヒュー♪~( ̄ε ̄;)
1話にキャストの紹介があります。

ランキングに参加中です。よかったらポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年06月24日 14:12 ] カテゴリ:カインとアベル | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。