韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スターの恋人 >  「スターの恋人」17話あらすじレビュー

「スターの恋人」17話あらすじレビュー

イ・ギウ演じるウジンは辛いですねえ。今回もチェジウ演じるマリを取られるラストでした。途中、マリと楽しそうなデートだったのになぁ。結婚を発表して1年たつのに何も進展がないようすのマリとウジンでした。イ・ギウって「このろくでなしの愛」でも同じようなキャラだったわぁ。チョルスはウニョンと、友人としてのつき合いのままみたいですね。ラストで2人の愛が復活なのでした♪



17話「失われた時間」



チョルスは携帯を握りしめる・・・考えるが・・帰るチョルス。後ろにはマリが乗った車がくる。

マリは部屋を出ようとして立ち止まり・・部屋をでる。
車のライトが光る・・マリの乗った車がとまりマリがおりてくる。
「キム・チョルス!」と、泣いて叫ぶマリ・・・チョルスはマリに気がつかずに帰って行く。

同じ場所にたつマリとチョルスでした。本当に時間差で同じ位置にいた2人・・すれ違いですね。

「来ないかも・・」と、マリを思うウジン。スンヨンは
「今は、代筆騒ぎををおさめるのが一番だとわかってるので来るわ。」と、マリを待つ2人。会見が始まりそう・・そこへマリが来る。安心するチョン・ウジン。スンヨンにヘアメイクしてもらうマリは
「きっと許してもらえないわ。」と、つぶやく。スンヨンは
「これで彼の人生が救われるのよ。」と、いう。

ウジンとマリの結婚発表がある・・TVで見るチョルスは愕然とする。
マリの記者会見をみるチョルス
「誤解をまねきたくないんです。代筆作家とのスキャンダルはすべてウソです。ウジンさんとは幼なじみです。」と、マリの発表を見るチョルス。

チョルスにしたら、突然だし驚きでしょう。まさか!結婚発表って展開だし。それでチョルスとの噂を否定、救われたチョルスの人生でしょうね。でも「すべてウソでした」って言葉はきついかも。愛すらも「ウソ」と、いわれた気分のチョルスじゃないかな。

「キム・チョルスはマスコミの被害者」と、新聞記事に載る。今までマリに圧力をかけていたテソク社長が報道される。チョルスの小説は発売となる。

マリの結婚発表でチョルスへの誤解がとけ、チョルスの本も発売となったんでしょうね。すべてはマリの発言、結婚発表がチョルスを救ったことになるんだわ。

1年後・・・

マリとウジンはマスコミに騒がれるほどの人気。インタビューに応じないマリ。
ウジンとは結婚発表をしたものの、未だに結婚しないイ・マリ。ウジンとデートをしてるが、結婚はしないようすのマリは楽しそう。
プレゼント!と、ウジンはマリに指輪をはめる。驚くマリ。
「女優でいてほしいが、それがイヤなら結婚しよう・・考えてほしい。」と、ウジン。
「考えるけど・・これは重い。」と、マリ。

ウジンは真剣にマリに結婚してほしいのよね。それでもマリはまだ、決断できないみたい。
通帳をみるマリ、チョルスの入金を確認する・・チョルスの言葉を思い出すマリは寂しそう。あれからチョルスと連絡とれないマリなのね。(入金は母ボヨンが受け取ったお金の返済)

映画の台本を読むマリ、1冊の台本を気に入る。シナリオを選ぶマリだが、条件が揃わず。資金や原作者の意見でマリの出演がだめなようす。これを確認するイェリム。
原作を探すマリは「原作者に会いたい。」と、いう。監督、作家とあうマリ。
「原作をかいた人物とは事情であえない・・」と、監督。なにかを感じるマリ。

チョルスは「インタビューはしない!」と、逃げる。追う記者。部屋を出るチョルス、下にはマリがいた。
マリもチョルスに気がつく・・・

監督と話すチョルス、マリも来る。
「世間に騒がれないようにしてほしい。」と、台本の原作者であるチョルス。承知する監督。

マリには出演してほしくない!と、原作者のチョルスだったんですね。もう、マスコミにはうんざりのチョルスは騒ぎに関わりたくない・・と、マリを避けていたのでしょう。でもマリが出れば資金面では都合よさそう。

チョルスを追うマリ・・・
「シナリオ良かったわ。まさかあなたの本とは・・」と、マリは本は好きじゃないと、いう。
「深い意味はなかった。騒がれるのはイヤだった・・」と、チョルス。
マリが出れば制作側も安心だろうとチョルス。
「結婚したの?」と、マリに答えるチョルス。
「そっちはいつだ?結婚するんだろ?」と、マリの指輪をみていうチョルス。
「映画のことは口だししない。」とチョルス。
「ウニョンさんなの?(妻は)」と、聞くマリ。
「関係ないだろ。もう会うことはない。元気で・・」と。去っていくチョルス。
「結婚したのね!」と、チョルスの背中を睨むマリ。

部屋
「喪失」というチョルスの本を読むマリ。「彼を吹っ切ったのかも?」と、イェリム。
映画はやめると言い出すマリ。
デビュー1年で8回もスキャンダルを起こすジャンスに呆れるマネージャー。

チョルスの本を読むマリ・・「白い夢のなかでかつての恋人を・・」と、読むマリ。
チョルスを思い出すマリ。チョルスの本をみながら涙を流す。
「どうしたのよ、本も読めないなんて・・・」と、マリはつぶやく。

チョルスの部屋
ウニョンからのお祝いメッセージを読むチョルス。
マリに電話をしてほしいと書いてある。映画出演のことでマリに電話するチョルス。
チョルスからの携帯で起こされるマリ。

冷静を装い電話に出るマリは「映画にはでない。」と、いう。チョルスは「出ろ」と、いう。
「自分(主人公)に似てると思った・・」と、いうマリに
「今から出ないなんていうんじゃ、気になる。お前がでたいなら出ろ。」と、いう。

「結婚はいつしたの?私と別れて何ヶ月後に?」と、マリ。答えにこまるチョルス。
お酒を時々飲む・・と、マリを変わったというチョルス。
「どうして電話してきたの?」と、マリにチョルスは「ウニョンに電話しろといわれたし、仕事してないようだから・・」と、チョルスにマリは突然、映画にでるといいだす。
ウニョンに焼きもちのマリかな~

ビョンジュンは「チョルスの映画にマリが出る?」と、驚く。

ウジンもこれに驚く。いやだというウジンは噂を気にする。
代筆をした男は小説家となり、女優と再会・・と、ウジン。
ウジンの会社と正式に契約していないマリは「自分のことは自分で決める。」と、いいだす。これにウジンは
「契約しろ。」と、いいだす。
「プロデューサーは僕だ!」と、ウジン。

マリの映画出演が決まり、制作が始まる。
公園で老夫婦をみるチョルスは、マリの言葉をおもいだす。

「ごくありふれた風景だけど、老夫婦がよりそう姿って・・それを見て涙があふれ出る。ずっと、そばにいてくれる男性でいいんです・・」と、マリの言葉。

「本気で映画に?」と、スンヨンは原作が気に入らない。
「あれはホントの愛じゃないわ。ただ、味方がいなかったから突っ走っただけ。」と、いう。ウジンの会長から
「誰とでもいいから結婚しろ」と、いわれてるウジンを良くいう。
本を選ぶマリは、「彼と私の話かな・・似てるってだけよ。彼はもう、結婚したっていうし・・・」と、マリはチョルスのインタビューも見ていなかった。スンヨンに「チョルスはまだ、独身」と、いわれたマリ。

ウジンはマリに正式契約を勧める。2人話す。
「ねえ、どうしてこういうことするの?仕事でも私を縛り付けるの?」と、マリ。
「ずっと、映画にもでないマリさんが、いきなりチョルスの映画に出る!」と、いうウジン。
「会わないわ。理由があって別れたんだし、やっとの思いで別れた。それに私を騙したんだから。」と、マリは契約書にサインするという。契約はゆっくりでいいと、言い出すウジン。

合宿へ行くマリたち。(映画撮影?)
バスに乗るチョルスは驚く。マリもバスに乗る。大型バスで移動~合宿するようす。
監督は、マリにチョルスの隣にすわるようにいう。「友達だろ」と、監督。チョルスはマリの言葉を思い出す。
「代筆作家とのスキャンダル、あれはすべてウソです・・・」と。
チョルスの隣にすわるマリ。マリはチョルスに「結婚はうそだったのね!」!と、指摘、怒るマリ。
バスの中、2人いいあいになる・・席をはなれるチョルス。

撮影仲間とサッカーするマリ、ジャンスたち。チョルスも楽しそうにみている。
「チョルス、話し合おう。こっちには話がある。」と、マリ。
「どうせ、ケンカになるだけだ。」と、チョルス。
「あの時は、ああするしかなかった・・・僕のためにだろう。もういいい。」と、チョルス。

テソク社長が歩いている・・

ウニョンと連絡するチョルス、マリと一緒だったと知るウニョン。

夜のパーティ
撮影仲間、監督、チョルス、ジャンス、マリも集まる。
「女性主人公がわからない・・女性心理を理解していない・・どう思います?」と、マリはチョルスに聞く。
「ほんとに愛してたわけじゃない。錯覚だ。先に否定したのはどっちだ?」と、チョルスに監督は
「噂は本当だったのか?」と、驚く。

スキー場を歩くチョルスを追うマリ、
「話し合おう」と、マリ。
「何を話す?」と、チョルス。
「あれは愛じゃなかったの?そういう風にかたづけたの?どうして?」と、マリ。
「今だったら、あんな風にしなかった。理性を失うなんてバカげたことはしなかっただろう。あの時はお互い、つらい時期だった。それで・・錯覚した。」と、チョルス。
「錯覚?ほんとに?今だったら・・?私のこと愛してないってこと?」と、聞くマリ。
「今だったら・・」と涙をながすチョルスは
「今の自分だったら・・」と、マリの頬を両手でつつみ、マリにキスをするチョルス。

これを見てしてしまうウジン・・・




あ~~ウジンってどこまで可哀想なキャラなんでしょ^_^;
またも、マリにふられてしまうチョン・ウジンでした。マリはチョルスを守るため、ウジンとの結婚を発表~「代筆作家とのスキャンダルはすべてウソです。」と、する。
これでチョルスは、噂も消えて小説も出せるようになったんですね。そして1年後の再会でした。マリの映画候補にもなるくらいだから、チョルスの本は成功してるのでしょうね。

映画にマリが出演すると、またスキャンダル?と、嫌がるチョルス。それでもマリが主演することになり~話しそうも何も、やっぱり!2人は愛し合ってたんですねえ^^♪

スキー場でのキスはステキでした。これを目撃するウジン・・もう、結婚はあきらめるでしょうね。
カットがムリヤリな感じで突然!サッカー、合宿、ジャンス、バス?もう、1年後?とか。ブチ切れのカット版のストーリーです。これはノーカットだともっと、じっくりと2人の心を感じることが出来るでしょうね。明日11/3の放送はお休みのようです。
ジウ姫、泣いた顔も本当にキレイです♪

スターの恋人 オリジナルサウンドトラックスターの恋人 オリジナルサウンドトラック
TVサントラ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読み終わったら、応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2009年11月02日 14:14 ] カテゴリ:スターの恋人 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。