韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  善徳女王 >  「善徳女王」25話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「善徳女王」25話あらすじ

ああーーー!面白いわ!最後の言葉「王になります」と、言葉で驚いたピダムが笑ったように笑ってしまったけど。王妃の前に登場した演出はビックリでした。アルチョンを説得させる言葉は忠義心を感じて感動です。

「善徳女王」公式ガイドブック 上巻
「善徳女王」公式ガイドブック 上巻




25話 

「その遺言、ひとつも守る気はありません。最後まで私を心配してくれた・・女として幸せになることなんて出来ません。」と、トンマン。
「お前に責任はない。」と、ユシン。
「ユシンさまの責任でもない。でも、ユシン様の顔をまっすぐみれない。互いに顔も見れないじゃないですか。」と、トンマンに泣き崩れるユシン。

チョンミョン王女のお葬式
「お悔やみ申し上げます。なんという惨事でしょう。」と、ミシル。

王妃はミシルに
「おのれーーーっっっ!!!お前もきっと死ぬ。持っているものは全て失い、奪われ踏みにじられ、1人孤独に震えながら死ぬであろう。墓跡もなく墓もなく・・跡形もなくお前は死ぬーーーっっ!!!この国の歴史にお前の名はただのひとつも残らないであろう。」と、叫び倒れる王妃。

ここは、韓国語で聞いた方が迫力あるでしょうね^^;
さすがのミシルも、顔が冷静を装いつつ、歪んでる表情でした。すごっ。

トンマンはユシンに「新羅に残ります。死なない方法を見つけます。新羅を手に入れます。こんなひどい事が起きる国をひっくり返してやる。ミシルさえ倒せば出来る。」と、言う。

やっぱりね~姉を殺された恨みをすべて、ミシルにぶつけるトンマンですね。
女として幸せになんてなれない・・と、トンマンの想い。これを聞いて愕然のユシン。

ピダムに新羅に残る理由を話し、ソラボルで会おうとトンマンは「断るならここで終わり。」と、ピダムを誘うのよ。

師匠のムンノは、また旅に出る用意。
ムンノ回想・・
双子の1人を抱いたソファと一緒に逃げる。船を用意したので逃げろという。
驚くソファ。赤ちゃん(トンマン)に触れてるのは幼いピダムなのね(゚д゚)!

ムンノは、こんな幼いころからピダムを育ててて?いたとは。
「この子は新羅に戻り、偉大な人物になるはずだ。」と、ムンノはトンマンの運命を知ってたのね。

ピダムは「気の毒で・・」と、トンマンを助けたいとムンノに。これを了解するムンノ。

化粧をしたアルチョン。誰かと思ったわ!ファランって死ぬ覚悟の時、化粧をするもよう。
チョンミョン王女のお葬式も終わり、悔しいアルチョンは「チョンミョン王女の死を、ハッキリさせるべきです。」と、犯人捜しを王様にいう。

これを聞いてるミシルは・・・白々しく
「王様、王女が災難にあわれました。このような惨事を前に、セジュをつとめるわたくしは・・涙で目がかすみ胸が震え、何ひとつ手につきませんでした。」と、1人のファンランが王女の死について、この事件を解明しろ、この案に賛成とミシル。

すべてを曝すのが良い!と、ミシルに驚いたけど~じつは
「王女さまの命を奪ったものを探しますか?それは可能です。ただし、王女様をそこへ行かせた双子の問題も再び、審議します。」と、余裕いっぱい(>_<;)

「チョンミョンの死は・・・事故だった・・・」と、王様。
これでミシルの予想通り、「会議で言及した双子の件はこれ以上、取り上げません。」と、終わる。

まさかね~王様、そこまでしてトンマンの存在を隠すとは驚きでした。
ミシルもすべて計算通り、双子の件で王様、王妃を追求したかったけど、これはチョンミョン王女の死によってセーフとなる。

ミシル役の女優さん、あの目つきがすごい(笑)

アルチョンは、チョンミョン王女の死は「事故だった」と、王様の言葉でショック。納得いかないわ。

ええーー!ミシルは弟を捕らえ、縄を巻いたまま毒を飲ませるって^^;
「息子を捨てた身です。弟がなんです? 私に従わないものは、どんなものでも捨てられます。」と、笑顔のミシル最強!

必死の弟ミセンは「今度、日食があります。月食とは比べものにならない大事です。」と、
日食は簡単に計算出来るものではないが、例の大明歴で何とかなるとミセン。
この情報で姉に許しを求める弟。

もう1人!ソリ(祭儀を司る総責任者)が危ないわねーーー。
「トンマンを殺せ」と、命令でチョンミョン王女が、間違えて殺されてしまったのだから。当然、ミシルは怒ってるはず。でも、大事なお告げをいってくれる存在だし。

ミシルに天意があるといったけど、天意とはどこかに長く留まるものではないという。つまり、今度はトンマンに!って意味でしょうね。
これを言われた時のミシル役の女優、すごい顔だったわ(笑)

「天意とは非常に変わりやすいものです。天意はどこかに長く、留まることはありません。うぬぼれてはなりません。」と、チョンミョン王女の言葉を思い出すミシル。
「よくわかりました。」と、毒をソリに見せるミシルだわーーー
「言いたいことはよくわかったけど、あなたはもう、邪魔です。死んでください。」ってミシルなのね。


自分の意見が通らず、悔しいアルチョンは自決しようと・・そこへトンマンがくる。
「無礼だぞ、ミシルが私を認めず、王室から捨てられた身だからと・・お前も私を認めないのか。」と、トンマン。
驚くアルチョンはその意味を理解、忠義を誓う。

「私は逃げたりしない。生きて神国の王女となり、お前たちの主となる。だから生きろ。」
「私は罪人です。チョンミョン王女様を守ることが出来ませんでした。」
「耐えるのだ。私も今、必死に耐えている。死にたいのならその心で生きろ。そして・・己のふがいなさや絶望をすべて耐えろ。死のうとするその心で耐え抜け。
ファランの主として命令する。」
トンマンにひざまずき、挨拶するアルチョン。

ああ、ここはもう感動でウルウルでした・゚・(ノД`)・゚・。
アルチョンもトンマンも台詞いいわ。

王はアルチョンから、トンマンが書いた手紙を受け取る。
「王様、私はこの国の次女、王女のトンマンでございます。」と、驚く王。
アルチョン、これを王妃にも渡すのでしょうね。ユシンはその後、トンマンを探してるけど。

「これでも新羅の王女だ。少しは敬え。」と、ピダムにいうトンマン。
ピダムはもう、トンマンを助けるつもりでしょうね。でも、先は長いはず。怖いものはないので「怯む」こともないとピダムだわ。
こんなピダムにトンマンは、「ずっと、敬語を使うな。」って。

ユシンが来て「生死を共にする。」と、何でも一緒にするという。
トンマンは、ユシンが来たら「弱気になりそう」と、不安なのよね。巻き込んで良いのか怖いトンマンは、ユシンを愛してるのだわ。
「ただ、心に残すだけがいいかもしれない・・」と、つぶやくトンマン。

王妃はショックで、チョンミョン王女のお葬式にも出れなかったのね。
神殿で慰霊祭を・・と、王妃は泣いて・・後ろにいた神官の1人!トンマンだわ。

「なぜ、戻ってきたのだ・・トンマン・・私の娘・・」と、王妃に具合が悪い母を心配するトンマン。
アルチョンから、話を聞いてすぐに起きれた王妃、神殿の地下に入るとトンマン。
トンマンまで失うことが怖い王妃。

毒を飲もうとするソリ!トンマンがそれを止めて。
天の意志を伝えるべき者が、こんな地下で民を欺いてる!と。その恐怖を利用し搾取した。

「お前は神官としての資格がない。」と、トンマン。
「それで?殺しに来たのか?」と、ソリは・・トンマンの顔を見てると・・・王冠を被った王女に見えた!!!
「大明歴を解読した者は誰だ?その者の居場所と名と、教えなさい。」言うトンマン。
「まさか、海王星はお前だったか・・」と、驚くソリ。
人の気配で慌ててトンマンを、屏風の裏に隠す神官ソリ。隠れるトンマン。

ミシルが来る。
「最後にお伺いします。私に従いますか?」と、ミシル。
「私も・・ミシル様に最後の忠告をいたします。双子の片方をつかまえたら、その場ですぐ殺すのです。ミシル様は今でも、有り余る権力をお持ちでございます。それに・・ミシル様は決して王妃にはなれぬ運命です。」

「なんだと?お前ごときにこの私の運命を語る資格などないわ。この身の程知らずが!」
「はい。天の時代は過ぎ去るかもしれません。しかし、私の目でそれを見たいとは思いません。」と、毒を飲むソリ。

「もはや、ミシル様の力になれるのはファドク寺のウォルチョン大師だけです。」と、最後に名前を(トンマンに)告げて・・死ぬ。
解読出来るのはこのウォルチョン大師なのね。これを知るトンマン、ミシルはこの人物を同時に捜すことになりそう。

弟に日食の話を確認、「これから、ウォルチョン大師に会いに行きます。」と、ミシル。

怪しい奴らが、ファドク寺のウォルチョン大師を狙ってる!これは誰が?
トンマンが1人連れて、すぐにファドク寺に行くとユシン、ピダムに。
ここにソファ、チュクパンたちがいた。

「ウォルチョン大師をさらいます。ミシルを倒してみせます。」と、トンマン。ユシンは
「それで本当は何をする気だ。お前の本当にやりたいことは?何だ?」
「私が母上の娘として生きられる唯一のことです・・新羅を手にいれる。私が新羅の王になります。ミシルが新羅を手にした方法で・・・」と、トンマン。

弟も簡単に殺そうとするし、怖いもの知らずのミシルに最後の神官ソリの言葉、あれはトンマンに伝えてましたね。主演女優の演技も上手なので迫力あります。

大明歴を解読、日食を予言してミシルのように「特殊な能力ある人物」と、なるトンマンでしょうね。
吹き替えで視聴中~やはり、この辺りは韓国語で見た方がさらに説得力あるだろうな~と、思いました。
時代ものは忠義心で泣けます。

韓国ドラマ時代劇王特別編集 韓国時代劇スターたちの真実
韓国ドラマ時代劇王特別編集 韓国時代劇スターたちの真実

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月16日 13:35 ] カテゴリ:善徳女王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。