韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  善徳女王 >  「善徳女王」26話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「善徳女王」26話あらすじ

ラストの終わり方に毎回、感動です。俳優たちの演技も素晴らしく引き込まれるストーリーですね。ピダムの出番を増やして欲しい~♪

「善徳女王」公式ガイドブック 上巻
「善徳女王」公式ガイドブック 上巻



26話 

「お前の最終目的はなんなんだ?」と、聞くユシン。
「王です。私が新羅の王になります。ミシルが新羅を手にした方法で・・・必要なのはウォルチョン大師です。」と、トンマン。
このトンマン、最初と違いすごく迫力ありますね。

宮殿からミシルが先にウォルチョン大師に会いにくる。
ソファの件ではなく、「日食は起こるのですか?」と、ミシル。
「私でも困難です。正光暦(魏国時代の暦)があれば・・」と、ウォルチョン大師に目を輝かせるミシル。
まゆ毛をあげるミシルの顔好きだわーー。

洞窟
「民は常に幻想を求めます。ミシルはそれをよくわかってる。」と、兵やファベク会議を掌握してもムダとトンマン。それを手にするという。
「ミシルの力は、ミシルを信じる民から生まれる。」と、トンマン。
このトンマンの真剣な話を、とぼけた顔で聞いてるピダム(笑)

「天神の王女としての神権を打ち崩すのが先決です。ゆえにミシルが初めに失うものは・・ウォルチョンです。」
ん?トンマンがウォルチョン大師を奪う!って意味かな。

洞窟の外
「ユシン様とはここでお別れです。誘えません。私の行く道は覇道だから。姉上が進めと言ったのは人の道。私はその反対を進むつもりです。ユシンさまと進みたくない。」
「私を見ると王女さまを思いだし、罪の意識を感じるか?」と、ユシン。

「いいえ。そのせいだと思ってたけど、それだけじゃない。耐えられそうにないのは・・一緒に逃げようと思った・・自分の気持ち。ユシンさまをみるたびに、その気持ちを思いだし、頼りたくなってしまいます。
女として人として生きたくなるから。ユシンさまは私に人の心を思い出させるから。だけど、覇道において人の心を持つのは死を意味します。だから嫌だ。
その気持ちだけは残しておきたいんです。人として抱いた最後の気持ちだから。ユシン様を思い出にしたい。共にゆけば、ユシン様を将棋の駒とみなすしかない。そんなの・・・私には残酷すぎるから。」

「だから、ユシン様、私を捨てて。」と、トンマン。

ここ、すごく良いシーンです!トンマンは短い期間でこれだけの決意。そしてこの言葉をいう間、ずーーと、ユシンは驚きの表情で固まったまま、涙を浮かべる演技。
これ、良かったですーー!これで苦手だったオムテウンを克服出来ました^^;^^;^^;
韓ドラマジック、すごい(笑)
演技うまいわ~

怪しい黒服連中、ソルチ、ウォルヤってどこの連中かしら?
ソルチ役の俳優はいつも、悪役なので~これもまた、悪い連中だと思う(笑)
つまり、ミシル派かな。

ソファ、チュクパンたちは物音で驚く。そもそも、なぜ、チュクパンがここにいるのか忘れてしまった。
逃げるチュクパン、ソファたち・・ソファは弓で射られてしまう。
ええ!まだ、トンマンに会ってないのに!

トンマン、ピダムたちがファドク寺に到着すると、すでにウォルチョン大師は拉致されている。復耶会(伽耶の復興を目指す秘密結社)の目印をみつける。

宮殿
「復耶会だと?」と、驚くミシル。
ファドク寺に六卵亀(伽耶を象徴する6つの卵を持つ亀)が残っていた。
ソファは治療中、捕まえたという。

ウォルチョン大師を狙ってるのは、ミシル、トンマンだけでなく、復耶会もであり、拉致された。
トンマンを神殿にいれたことを、王様に話す王妃。

ユシンは父に会い、トンマンのことを聞く。
キム・ソヒョンは
「可能だと思うのか?王女と認めるなら、双子を認めなくてはならない。それは王妃様とトンマンの廃位と、追放を意味するのだぞ。」
可哀想だが、「それが道理だ。」と、ソヒョンは、伽耶人を追放したことで復耶会に標的にされたという。驚くユシン。
今は、一族の危機と父。

考えるユシン、父に「すべてを信じて譲ってください。」と、これを引き継ぐ。
一族を引き受けたユシンね。
家に矢が打ち込まれ「キム・ソヒョンと、ユシンを必ず殺す」と書いてあったわ。これはきっと、復耶会でしょう。
この復耶会と戦うユシン、復耶会の動きがエグザイルみたいだった(笑)

ユシンは自分を人質として、復耶会の長に会わせろ!と、いうのよ。
戦いはユシンの勝利だったけどね。
伽耶の民を保護すると約束したソヒョン。だけど追い出された伽耶人。
キム・ソヒョンは何もしてくれなかった!と、ソルチ。

復耶会
キム・ユシンが自ら来た!と、驚く。
チュクパンが見たものは?
双子が生まれ、神国の王子が絶え、チョンミョン王女の妹トンマンがソラボルにいる・・・と、読み驚く民たち。
「ゆえに・・王妃を廃位せよ。」と、双子を生んだ罪。
これに驚く王・・

ミシルでなく「あの子か?」と、トンマン本人と考える王?
「自分を捨てたから、復讐なのか?」と。
じつは・・この張り紙をしたのは、ミシルの夫・セジョン。双子を生んだ王妃を廃位、その後にそれを隠した王様も追求!追い出すと考える。

ピダム~~
「指示だせよ。ウォルチョン探すには復耶会も探さないと。」に
アルチョンが「無礼であるぞ。」って。
「俺は許されてるんだよ。」
軽いノリのピダムだわ(*^^*)

うーん、トンマンは「ミシルならどうするか?ミシルも、ウォルチョンが欲しいはず。」と、ミシルとなり考える。

ユシン「伽耶が滅亡したのも、圧力をかけられるのも当然だ。」って大胆なことを。
ウォルガン太子の嫡男・ウォルヤ!(復耶会の長)と出会うユシン。

ピダムの言葉
「俺がミシルなら、伽耶の連中を集めて1人づつ首を斬り、どこにいるかを白状させるねえ・・」と、微笑む。トンマンはこれでヒントを得て、伽耶人がいる村にピダムを行かせる。

ユシンは自分たち一族の土地を提供、伽耶の民に譲るという。一族の全財産とユシン。それで欲しいものは、復耶会の忠誠。

復耶会を調べるため、伽耶の民を集め、居場所を聴き出そうと殺す男たち。
これを目撃するピダム。
子供を殺されそうになり、居場所をいう母親。タギル村?
これを違うとピダム、村人を捕らえると暗号の手紙。居場所を読むピダム。

ノバン村?と、向かう。兵士に囲まれてしまい・・これ、ソルチだわ。
「そこまでだ。」と、ユシンが来る。
「知り合いなのか?」
「そうだ。皆、武器を収めろ。この方に私はすべてを賭けるつもりだ。私が選んだ王である。」と、ユシンに驚くトンマン、ピダムたち。

「なぜ?」と、トンマン。
「今から、あなたは私の王です。」と、トンマンにひざまずくユシン。
「この方は同盟の王であるぞ!」と、言葉にまわりの兵もひざまずく。

アルチョンも~カッコイイ♪
一応、笑ってピダムもひざまずく。(笑)

驚くトンマン・・・ラストのシーン、感動でした。
ユシンもカッコイイ!賢くないとここまで出来ないわね。トンマンを愛していても、それだけじゃダメ。
共に助かる方法を探したユシンなのでした。

韓国ドラマ 時代劇王13
韓国ドラマ 時代劇王13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年04月22日 22:54 ] カテゴリ:善徳女王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。