韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  善徳女王 >  「善徳女王」30話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「善徳女王」30話あらすじ

「元々、天は誰のものでもありません。」と、トンマンの考えでした。育ての母ソファとの再会!これは早く続きがみたい~ピダムの忠誠、カッコイイ♪

「善徳女王」公式ガイドブック 上巻
「善徳女王」公式ガイドブック 上巻


30話 

「王女さま、このミシルは民の幻想について、王女さまは民の希望について話してます。しかし、その希望とやらが、その希望や夢が、じつはもっとも残酷な幻想なのです。王女様はこのミシルよりも、狡猾な方です。」と、ミシル。
「確かにそうかもしれない・・だけど・・」と、トンマン。

暦本を公開、「チョムソンデ(東洋最古の天文台)」を建てても、民は理解出来るのか、考える王様たち。
不安な王妃。

民は・・やはり、「天をながめる?」と、「これからは、そこへ行って祈ろう。」と、言い出す民たち^_^;

「神権を持ってください。本来、王室が持っていたものだから、それをミシルが利用してた・・王女さまは天神王女さまです。」と、アルチョン。
「私がが持てば、また誰かが奪おうとする。利用しようとする。神権を奪うこの戦いを終わらせたいのです。」と、トンマン。
ウォルチョン大師との約束はこのこと。
格物(かくぶつ)を、政治に利用されるのを残念がっていたという。だから、独占させないために公開する。

ユシンに「チョムソンデ(東洋最古の天文台)」のことは、何時から考えて?と、聞かれ、ウォルチョン大師を、味方にするために考えだしたものと。
「格物(かくぶつ)が政治に利用されない方法」と、トンマン。
ユシンは、イチャドンの話をする。イチャドンの命がけの作で、ポップン王は仏教を導入、貴族たちを牽制できたという。

信仰は簡単に代われないので、今でも仏教より、神殿の方が力を持ってるとユシン。これをミシルが利用してた。

ミシルと話、沢山の質問に答えてるうち、学習した、成長したと、トンマンはやはり賢いのだわ。素質があるトンマンだったのでしょうね。

でも、ミシルはトンマンを「愚か」と。
神権を公開・・王が民と同じで普通の人とは無理と。特別な力なんてないってこと。
「私と戦うなんて100年早いっ!」と、ミシル(笑)

でもね、ミシルは思うのだわ。
「なのに・・羨ましいのです。第一にその発想がうらやましいです。ソラボルで生まれ、育った私には思いつきません。第二に・・・その若さが羨ましい。
いつの日か、祭事と政治が別々になる日がきます。それに備えるには、私は年を取りすぎた。第三に・・なぜ、私はソンゴル(王族)に生まれなかったのでしょう。王妃の夢が叶っていたら、次の夢を持つことが出来たのに。私は次の夢を持つ機会がありませんでした。」って。

どんだけ!ミシルって権力欲しいの!と、思ったわ。もう、今のままでも十分、部下もいるし、地位もあると思うのに。
「私を引きずりおろしたあの子、思わず抱きしめるところでした。」と、ミシルはトンマンに
「長生きしてください。」と、言われた時のことをいう。

ムンノに奪われることもなく、双子でなければ「私が育てていただろうに」とは、ちょっと、びっくり。
そういうつもりだったのかな~って。

「ミシルは偉大です。子供のころ、読んだ本の中の偉大な人物が、飛び出てきたようです。」と、トンマン。
そんな王女を成長したとユシン。相手を認めてるもの。
ミシルともっと、話していたい!と、トンマンはミシルに
「どうか、長生きしてください。」と。これに驚くミシル(笑)
これって!ある意味、すごい嫌みだわ^_^;
「私の方が若いわ。あなたはいずれ、先に死んでしまうわよ。いくら権力欲しくても。」みたいな感じかな^_^;

で、ミシルって何歳なのかしら?トンマンが生まれる前からいたし・・アラフォーくらいかな~

ムンノはソファが、出て言ってことを知って。
ソファは「ミシルと戦う」と、子供を育てたくなくて。王様の命令「守れ」と言葉だけを守るつもり。

「師匠、いよいよ、世に出る時では?」と、ピダム。
ムンノはトンマンが、王女であることを知る。チョムソンデを建てることも知る。
王女を助けたい、そばにいたいとピダムはムンノに
「あの人が王女だからです。あの人とともに進んでいきたい。」と、一緒に未来をみたいとピダムね。
「あの人!」って、言葉にびっくり(゚д゚)!
ここ、字幕ならなんていったのかな。「あの方」かな。

祭事と政治を分けると、王様にいうトンマン。
神権で王権を繋ぐのは「時代遅れ」と、いう。仏教を民に教えてくださいと、いうのよ。あの民が信じるのか・・

ハベク会議、これで賛成するミシルは「建物を建てる程度は問題ない」ってこと。問題はその後、民がどうするか・・なのよね。
それはトンマン次第なんだわ。

チルスクがピダムを追い・・ムンノの剣法と知る。

ピダムは突然、トンマンに敬語になって。
「理由はふたつです。王女さまを見てたら、あまりに偉大すぎて、ぞんざいな口はきけません。二つ目は・・王女さまは今から、私の君主になるからです。」と、トンマンに跪いたときはちょっと、感激♪

トンマンを敵にもしたくないとピダム。ここの2人の言葉、これから視聴する人!
よーく!覚えておいてください。
「わたくしピダム、我が主君、王女さまにご挨拶を・・」と、ここでちょっとだけ!ニヤっと、笑うピダムが良いのだわ(*^^)v
忠誠を誓うピダム。これが・・まさか・・ねえ。

ところで。
「ぞんざい」って言葉、変換出来ないのでびっくりでした^^;
これ、漢字ないようです。

ソファは牢屋で「トンマンが王女」と、聞いて逃げ出す。終われるソファ。
チョムソンデを建てる前、祭事を行うのに~貴族たちは集まっていない。結局、反対してる貴族なのね。

ソファが逃げて来て~「トンマ~~~ン!」って声で輿をとめ、戻るトンマンが!やっと、やっと会えた~~育ての母・ソファ。
大丈夫かなあ。ソファの命は短いと思うので・・次回で再会を喜べるのか、気になります。

ムンノとチルスク!どちらが強いのかしら。やはり、顔見知りでしたね。

トンマンが、ラストでソファに気がつく瞬間の顔、やはり!演技がいいな~と、思います。
「トンマ~~ン・・」」って、ソファの声が聞こえた時、トンマンがすぐに振り向かず、耳で聞いて「ハッと・・して」それから・・ソファの方をみる!
これが良かったです♪

鍵コメにて、この30話あたりが1番、面白い~と、知りじっくり楽しみたいです。
逆にいうと、今後はあまり・・なのかしら^_^;

韓国ドラマ 時代劇王13
韓国ドラマ 時代劇王13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010年05月21日 22:38 ] カテゴリ:善徳女王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。