韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  善徳女王 >  「善徳女王」49話あらすじ

「善徳女王」49話あらすじ

忠犬ハチ公のように嬉しそうなピダムだったのが~まさかの展開でした。チヌン大帝の勅書を見たら、さすがに母を守ると予想です。トンマンと離れてしまうは辛いです。

BSフジ  全62話
キャスト
トンマン     イ・ヨウォン
ミシル      コ・ヒョンジョン
チョンミョン   パク・イェジン
キム・ユシン   オム・テウン
ビダム      キム・ナムギル
キム・チュンチュ ユスンホ


49話

ミシルは自ら、弓を取りトンマンめがけて放つ。

「射なさい。あなたの負けだ。」と、トンマン。
「そうだ、トンマン。お前の勝ちだ・・」と、ミシル。

矢を胸に受けて倒れるトンマン・・驚く部下たち。
立ち上がるトンマンは胸から、ソヨク刀を取り出す。これに当たり、助かった。

部下に指示を与え、逃げ出すミシル。

いやーー!まさかのシーンでした^^;
矢を受けたのは夢か、想像だと思ったら、本当に王女に向けて矢を放ったミシルでした。
これはもう、逃げるしかないですよね。反乱を起こしたのだから。しかも大勢の人々の前。王妃もいたのだし・・

ミシルの部下に囲まれ、ピンチのトンマン。捕らえられていたので・・アルチョンたちがいても、武器もない。
そこへピダムの部隊が登場!王女を助ける。

ここもまた、カッコイイですね~いつも、王女をピンチで助けてくれるピダム♪
ニヤリと笑う様子も怪しいのがステキ(*^^*)
ただ、突っ込みとしてはもう少し、早く出てきてほしい(笑)

「ミシルを宮殿の外へ逃がしてはならない!」と、兵で固めるトンマン。
しかし、正面の門から逃げ出すミシルたち。
自分の隠し部屋から、大事な勅書を持ち出そうとするが・・消えていたので驚く。

この消えていた勅書とは、ソファが持ち出したモノであり、すでにトンマンが受け取っていた。

難攻不落のテヤ城に入るミシルたち。
食料も1年分はあり、兵は少ないが武器も十分。宮殿に入るはずだった連続で打てる弓(手弩)も手に入れる。

トンマンは、この倭国から入る予定だった弓(手弩・矢を連続発射出来る弓)をミシルに奪われ、いかにミシルが国の事情、政治を仕切っていたのかと実感する。

「まるであちこちに密偵がいて・・重要な機密が漏れているような状態です。」と、ユシン。
弓も奪われ、
「このままだと、ミシルがいるテヤ城が都になってしまいます。」と、ユシンに手を打つトンマン。

宮殿の秘密も漏れ、大事な火災情報までもがトンマンに届くのが遅れているから。これを先に把握してたミシル。
色々な情報、これが早馬で宮殿の王女ではなくて、ミシルに伝わっていた。

これをトンマンは
「今までのことは不問とする。しかし、これからは神国の政務に関する報告を常に私に告げよ。ミシルのいるテヤ城、ミシルを孤立させるのだ。」と、指示を出す。
逆らうもの、約束を破る者を打ち首、厳罰にすると発言する。

上書と早馬についても同じとトンマン王女。
このくらい厳しくしないと、大事な情報がすべてミシルにいってしまうものね。

「テヤ城にいく早馬と上書を阻止するのです。」と。

ずっと、ミシルが政治を行っていたのであらゆる人材、情報もミシルに伝わり、トンマンにはいかない。これを軌道修正させようと考えるトンマン。

ミシルは数十年、政治を行って国を守ってきたので・・優秀な人材が必要だった。必死で、それらを集めていたミシルをいうのです。
でも、トンマンは未だ始めたばかり・・優秀な人材、信頼出来る部下もユシン、アルチョン、ソヒョンたちくらい。
やっと、チュジンを仲間にいれた程度。
どんなに聡明でも、まわりに支えてくれる優秀な人材が必要と考えてるのよ。

で、このテヤ城って~難攻不落という言葉で思い出すのは「太王四神記」の青龍・チョロがいたあのクァンミ城のことじゃ・・?
同じ城が出るかと期待したけど、違いました。あれはテサギで言うテジャ城のような。

ソファから受け取った
「ミシルを刺殺し・・大儀をなすのだ・・」と、チヌン大帝の勅書。
これはファランのソルォンに渡したもの。

ソルォンはきっと、これを守らず、ミシルを守ってあちらについたんでしょうね・・って^_^;
前半部分を忘れてるので、そこまで覚えてません(笑)

このチヌン大帝の勅書を使おうと決意するトンマン。
これを宮殿に入るまえ、木の下に埋めたので取ってきて欲しいとピダムに頼む。

「私に手伝えることは・・ないのですか・・?」と、ピダムは寂しそうだったけど、
「何度も危機にあってお前に助けられた。何を言う・・お前がいなかったら、どうなっていたか・・想像もつかない。今は混乱しているが、落ち着いたらお前に大事な役目を任せようと思う。」と、トンマンに嬉しそうなピダム。

ヨムジョンとの情報網で、秘密部隊を任せると王女。
「お前なら、どんな秘密だろうと・・完全に信じて任せられるから・・」と、トンマンの言葉に感動するピダム。

これで木の下に埋めた~と、箱を持って来るように指示されたのでした。でも、自分だけに・・と指示だったので、中身を見てしまうピダム。
秘密の箱だからよけい、見たくなったでしょうね~でも、これをピダムに任せたのはトンマン王女、最大の失敗でした。

でもまさか・・・誰が「ピダムはミシルの息子」と、知ってるっていう事実。
知らない人の方が多いのだから。

さすがのピダムも、この勅書を見てしまい衝撃が大きかったようです。すでにチヌン大帝が母を殺そうとしていた・・その事実。

これを確認したいと、テヤ城に入るピダム。これを目撃するチュクパンたち。

テヤ城に侵入、ミシルと会うピダム。
「何しにきた?トンマンに暗殺しろと命じられたのか?それとも・・恋した女のために手柄をたてに来たのか?」と、ミシル。

「聞きたいことがあります・・どうして・・何故あの日、ユサン(ヨムジャンに連れて行かれた)にいけと命じたのです。教えてください・・答えろ!」
「邪魔になるから・・」と、ミシル。

「邪魔・・?そのご立派な・・あんたの夢を叶えるのに・・」
「そういうことだな・・」
「・・俺はいつも・・邪魔者なのか?あんたの夢を叶えるのに・・なら、また捨てれば良かったのに・・殺しても良かったんじゃないか。」
「そうだ・・あれは失敗だった。あの手痛い失敗のため、こうなったのだ。」
「し・・っぱい・・失敗か?なら・・どうして・・」と、ピダム。

ミセンたちが来る。
「やめなさい。私を訪ねにきた客人です。」と、ピダムを返すミシル。
驚くミセンたち。

ピダムもここは驚いてましたねーー。「なぜ、逃がす?」と、思ったのかも。
母に邪魔にされてショックが大きい息子です。
それでも、母の「大儀、夢のため」と、思ってきたのかも。けど、「失敗」とまでいわれて酷く傷ついたでしょう。
「捨てたことが失敗=殺せば良かった・・・」ってことですから。

ユシンたち、「なぜ、ピダムがテヤ城に?」と、考える。
チュクパンから、ソファが言ってたことを聞き驚くトンマン。
「あの勅書はピダムとミシルに関係することだから、彼には預けない」と、知り驚く。

これで「しまった!」と、思ったかも。
もちろん、トンマンはピダムとミシルの関係を知らないから、信頼してるピダムに頼んだことだけど。さすがのピダムも、母を殺す・・と、命令が書いてある勅書をそのまま渡せなかったのでしょうね。
でも、そう思った瞬間にはもう、「ミシルに付く!」ってことなんだと思います。

戻ってきたピダムに、箱を持ってきたのかと聞くトンマン。
「箱はありましたが・・中身は空っぽでした。」と、ウソをつくピダム。

そんなピダムを感じながら
「私は・・お前のいうことを信じる。これから聞くことは・・我々の関係の土台となるだろう。本当に・・なかったのか?」と、トンマン。
「はい。ありませんでした。」と、ピダム。
「お前がなくしたのではなく・・?」
「違います。」
「ならば・・テヤ城に行ってきたのは・・事実か?ミシルに会ったのか?」
「はい。」

「最後に聞く・・お前とミシル・・どんな関係だ?」と、トンマン。
「ミシルと私は・・・」と、ピダム。

テヤ城
ミシルにピダムとの関係を聞くミセン、ハジョンたち。
「セジュとピダムは・・どんな関係だ?」と、ハジョン。
「・・・息子です・・」と、ミシル。
驚くミセン、ポジョンたち。

続く・・・

ついにハッキリさせたミシルでした。
捨てたことは「失敗だった・・殺せば良かった」と、言いながらも、わずかな望み(味方になる)を託したのか~それとも、さすがに殺すのが惜しいから
「私を訪問にきた客人だ」と、言って返したのか。
微妙ですね。

息子が「使える人材」であることはすでに感じてる母・ミシルなので、最後のチャンスとして自分の味方になるよう、期待をしてるのかも。

そしてトンマンを裏切り、ウソをついて大事なチヌン大帝の勅書を、トンマンに渡さないと、決めたピダムだと思います。
つまり、「ピダムはミシルの味方につく!」って流れのきっかけなのかな~と、予想です。

人材が今、必要なトンマンには相当、きつい出来事ですね。
信頼出来る優秀なピダムがミシルに?って思いました。これで内戦になったら、戦うピダムとトンマンなんでしょうねーー(>_<;)

ピダムは師匠・ムンノに「自分は必要とされてるか?信頼されてるか?」と、これをすごく気にしてたので。
でも、必要としてるのはトンマン、ミシルも同じですよね。むしろ、トンマンの方が裏切って欲しくないはず。

もやもや~としたラストを知ってるけど、ハッキリは知らないので、続きも楽しみです。
面白いです!


↓読んだら応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2010年10月22日 16:17 ] カテゴリ:善徳女王 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。