韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  善徳女王 >  「善徳女王」62話(最終話)あらすじ

「善徳女王」62話(最終話)あらすじ

ピダム!本当にカッコイイです。長い髪、戦うシーンは美しくもあり。ナムギル氏に魅了されるでしょう!三韓一統を目ざしトンマンの夢の中に出てきた人は・・王は孤独と、強く感じました。

全62話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい。

BSフジ  
キャスト
トンマン     イ・ヨウォン
ミシル      コ・ヒョンジョン
チョンミョン   パク・イェジン
キム・ユシン   オム・テウン
ビダム      キム・ナムギル
キム・チュンチュ ユスンホ



62話(最終話)

倒れそうなトンマンを、支えようとするアルチョン。
「自分の足で歩いて行きます。民たちが見ています・・」

流れ星が落ちる。「星が落ちた・・」と、同時に具合が悪くなるトンマン王女。

「星がウォル城(月城・ソラボルの都城)に落ちた。あれはウォル城の敗北を意味するものだ。ウォル城の運は尽き、天は我々にある。新たな神国のために!」と、貴族たちに向かって叫ぶピダム。
「ピダムさま、万歳」と、連呼する貴族たち。

「私が神国になり、トンマン・・お前を手にいれる。」と、ピダム。

医官が脈を取るが・・心配するユシン。
「何を患っておいでです?」と、聞くがそれには答えず。

「ある夢をみました。夢の中でムンノを探し回っていました。・・私を抱きしめ、涙を流していました。昨日、久しぶりに夢をみました・・誰だったのだろう・・」
「病について聞いているのです。」と、ユシン。
顔が思い出せないと、夢の話を続けるトンマンはユシンの作戦を許可する。

兵士たちは、星が落ちたので士気が下がっている。「再び、あの星をあげるのが合図です。」と、ユシン。
東西南北から、一気に攻めるという。

大きな凧に火をつけ、夜空にあげる・・・遠くからは「落ちた星がまた、ウォル城に?」と、驚くピダム。
ミセンが「あれは凧!」と、「士気を下げるため?いや、軍事合図だ!」と、共にアルチョンたちの攻撃が始まる。

東門、南門と、次々と攻められるピダム軍。
「敵を西に誘い出す。」と、ピダム。

「神国の敵を全滅せよ!反逆者を皆、始末せよ!」と、叫ぶユシン軍はミョンファル山城に入る。

配下から、「トンマン王女は自分を殺そうとなどしていない・・すべてヨムジョンの仕掛けた罠!」と、知るピダムは驚愕・・。

開き直るヨムジョンは
「お前はそれがいかん。何でも人のせいにする。ムンノも俺が殺したし、反乱も俺は起こした、女王様に刃向かったのも俺のせいか?・・・結局、お前は俺がやらなくても、三韓地勢のためにムンノを殺してたろう・・・俺がやらなくても、お前は女王様を手に入れるため、何でもやったはずだ。」と、笑う。
激怒のピダム。

「お前は王になりたかった!すべてを手にいれたかった・・・・恋か?恋にすべてを奪われ、おかしくなった?・・・恋が成就しても、お前は乱を起こしていた。なぜか・・・・不安だから。いつ、女王さまに捨てられるか、いつ、女王さまに追い出されるか・・怖いから、信じられないから。」と、ヨムジョン。

笑うヨムジョンに衝撃のピダム。
「知ってるか?・・・女王様は・・最後まで信じてた・・信じられなかったのも、迷ったのもお前だ。」と、笑うヨムジョンを涙で斬り殺すピダム。

「俺じゃない・・」と、泣き笑いのピダムが切ない(>_<;)

「脱出したピダム、ミセン、ポジョンたちを探せ!」と、指示するユシン。城は完全に掌握する。

王女に確認するユシン。「ピダムを捕らえたら・・?」
「すでに神国の敵は刺殺せよと、宣布しました。」と、トンマン。

向かうピダムは配下も殺され
「伝えたい人に・・伝えたい言葉がある・・」と、1人歩いて行こうとするが、王女の配下に見つかり・・戦う。

トンマンは、ピダムが近くまで来て激しく抵抗して戦ってると知る。

ここは激しいピダムのアクションシーンが続き、カットが多いのだろうな・・

「ユシン、お前の勝ちだ。俺はただ・・女王さまに話があるんだ・・トンマンまで・・70歩・・」と、戦いながら近づくピダム。

弓で射られてしまい・・血を流し、外に出てきたトンマンめがけて歩いてくるピダム。

「トンマンまで・・30歩・・・」

「トンマンまで・・10歩・・」と、血を流しながらつぶやく。

トンマンの目の前、ユシンに止められ刺されるピダムは亡くなってしまう。
近づく王女は
「これで・・乱は終わりました。神国に残されたのはひとつの心と、ひとつの志と、ひとつの力で・・・・網羅四方の旗を掲げ、その道を進むことです。・・すべての家臣、すべてのファラン、すべての兵士たち、そして・・・わたくしの民すべてに・・わたくしの意志と、乱の終結を、また、神国はひとつだと・・・女王の名をもって宣布します・・」

「女王さま、万歳!」と、アルチョンが先頭、叫び出す兵士たち。

涙を流し、ピダムを見つめて倒れるトンマン。

寝殿
三日三晩、眠り続けたトンマンは目覚める。
アルチョンに声をかけ、「今まで苦労をかけたな。しかし、これからも、苦労をかける。」と、空席の地位(ピダムがいた)に任命する。

上将軍(サンジャングン)・大将軍の下の武官・・の上かな?名前が難しい。

ユシンにピダム最後の言葉を聞くトンマン。
「トンマン・・」と、言ってたと知り、「もう、誰も・・私の名前を呼べない。わたくしの名を呼ぶのは・・反逆だ。」と、ピダムに言ったことを思い出し、涙を流す。

ユシンと、天と地を見渡せる場所へ出かける。
「とても多くの人がわたしの前から去りました。ある者は私を守り、ある者は私と競い合い、またある者は私に・・・・想いを寄せ・・多くの人が来ては去りましたが結局、私のそばに残ったのは・・ユシン殿だけです。・・・苦難の道を我々は乗り越えました。そなただから、出来たのです。そんな、そなただからこの神国を、神国の大業を・・心から安心して任せることが出来ます。我々の手で三韓一統を成し遂げられねば・・ここに見える領土はこの先、他の誰かの者になってしまうでしょう。」と、夢の中で自分を抱きしめてくれた人は「誰か、わかった気がします・・」と、王女。
「誰だったのですか?」と、ユシン。
また、いつかのように一緒に逃げてしまおうか・・と、亡くなるトンマン王女。

「トンマン・・今から、困難が待っている・・そして辛い思いをする。愛する人たちを亡くして・・とても孤独だろう。すべてを手に入れたようでも実際は・・何ひとつ、手に入っていない・・それでも・・耐えなさい・・」と、幼い自分に語るトンマン。

----------完-----------

終わってしまいました(T_T)
戦うピダムのシーンがあったせいか、いつもより短く感じました。
最後、2人が亡くなってしまうことは先に知っていたので・・覚悟だけはしてました。
ピダムの王女を信じられなかった・・という、誤解から始まり、手が付けられない状態、あれでは戻れないのでしょうね。反乱だから。
残念です(>_<;)

トンマンは王座を譲る気だったので、それが信じてもらえなかった。でも、それもピダムの育った環境なのか、人を信じることが出来なかったのでしょう。
そこを、ヨムジョンに読まれ、騙されてしまったのも悔しくもあり、濃いストーリー。

夢の中、トンマンが幼い自分に語る・・ここで終わるのがちょっと、惜しいかも。ノーカットだとまた、違うのでしょうけど。主役だけど、最後にピダムをもうちょっと、入れて欲しかったです^^;

韓国でも人気のあった「ピダム」という存在は、こうして悲恋、死・・という形で終わったからこそ、大きな人気にもなったと思います。
これが普通に「ラストはハッピーエンド♪」って、終わると見終わったあと、平凡なドラマの感じにもなるかな・・とも。

ふき替え、カット版だったので、ミセンたちは?と、色々と知りたい部分もあります。ラストだけは、ノーカットをオススメします。
でも、これだけ良い作品なのでじっくりと、時間をかけてまた、DVDで視聴しても良いと思いますね。

時代モノとしては、「朱蒙」「太王四神記」「風の国」「ソドンヨ」「イサン」「ファンジニ」「イルジメ」「快刀ホンギルドン」「チェオクの剣」「海神」「ホジュン」「商道」「チャングム」~なども視聴。最高に面白いです。
評価は★★★★★と、満点です♪

前半、かなり忘れてるのでもう一度、じっくり見たい作品の1本となりました♪ ノーカット字幕でぜひ、視聴したいです。

追記感想
2度目、じっくりと視聴。
ピダムがトンマンに向かって、まっ赤な目で涙を流し「トンマンまで・・30歩・・・」と、シーンは何度見ても泣けます(涙)
なんとかならないのか・・と、切ない想いでいっぱいです。
トンマンに信じ切れず謝りたかった、好きだと言いたかったのか・・名前を呼ぶことが出来るのは「ピダム」だけだから。最後にトンマンと。
恋心でも、世間では反逆になってしまうから普通は呼べない名。それを呼んであげたかったピダムかな・・とも。

書いてる時は、冷静に観てしまうこともあり、終わってじっくりと見てまた、色々な想い出のシーンが浮かびます。本当に良い作品でした。
ユシンも好きだし、アルチョンも良かった。チュンチュにも最後、登場して欲しかったです。

恋愛部分は少ないですね。女王になるまでのストーリーがメインなので恋愛モードは期待してなかったけれど。もっと、恋愛、王を目指すのが見たい人には、「ソドンヨ」がオススメです。
「イサン」「ホジュン」も地味ですが良い作品。でも、好きなのは「海神」です。
「チェオクの剣」「太王四神記」「快刀ホン・ギルドン」は別格、大好きなドラマです。

長い間、拙い文を読んで下さった方たち、本当にどうもありがとうございました。
風邪で最後の記事UP、遅れてしまいました^_^;

キム・ナムギル氏の「悪い男(赤と黒)」これもオススメ。カテゴリにレビューあります。

善徳女王 DVD-BOX VIII <ノーカット完全版>
善徳女王 DVD-BOX VIII <ノーカット完全版>キム・ヨンヒョン

ポニーキャニオン 2010-10-20
売り上げランキング : 2413


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2011年01月29日 16:21 ] カテゴリ:善徳女王 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。