韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  ドリームハイ >  ドリームハイ 6話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドリームハイ 6話あらすじ

「花より男子」と、「シンデレラのお姉さん」のパロディが楽しかった。音楽も同じでした。偽でもショーケースは本格的になりそう。

グク

ペ・スジ、オク・テギョン、キム・スヒョン、ハム・ウンジョン、チャン・ウヨン、アイユー、ペ・ヨンジュン、J.Y. Park、


6話

「良かった・・」と、ヘミを守るサムドンは救急車で運ばれる。
植木鉢のそば、ボタンを拾うグク。
怯えるベクヒ。

やっぱり!犯人はベクヒなのね (((゚д゚;)))

「死んだり・・しないよね?」と、不安なヘミを励ますグク。自分を責めるヘミ。
キリン芸能高校に誘わなければ・・と、考えて泣いてしまう。

サムドンの意識は戻らず。脳障害の可能性もあるので入院となる。
心配でつきそうヘミ。

母に頼まれ、真剣に歌うサムドン。涙を流し聞いている母。父のように歌手になりたいと、聞かれる。
これはサムドンの想い出、夢でしょうね。

目覚め、ヘミがいるのを確認・・想い出すサムドン。
無事なサムドンをみて感激、抱きしめ謝るヘミ・・それを見てそっと帰るグク。

ボムス校長は、「小さな事故」と、サムドンの事件をそらす。怒るオヒョク。

ロッカーを掃除するベクヒを調べるグク。ボタンがあるか、確認する。
「あなたに疑われて哀しい・・」と、泣くベクヒ。
あれ、違うの?誰が犯人かしら。

ヘミはグクの前では泣くも、笑わない。
サムドンの前では笑うけど、泣かない。言い合う2人。

母を心配させまいと、先生の電話は「僕がショーケースに選ばれたから、母さんも来て。」と、でまかせをいうサムドン。

マ社長は、「月末評価で1番だったな。この調子で借金を返せ・・」と、いう。
「私に何があっても助けないで。迷惑をかけたくない。」と、サムドンにいうヘミ。

入試クラスから、ショーケースに出るのは快挙とオヒョク。招待状を送ると、人数を聞くがヘミは家族を呼ばないという。
グクも親がいないので誰も呼ばない。

舞台に立てるのは5組。今回は、入試クラスから出さないように仕組まれ、ジェイソン、カン・ソンミン、イ・リア、ハン・ソリ、ユン・ベクヒと呼ばれる。

トイレで着替えるベクヒは、「植木鉢の犯人はベクヒ?まさか~そこまでしないでしょ?」と、電話の声を聞いてしまう。
これを否定、
「私が知るベクヒはそんなことをしない。そこまでするのは怪物よ。ベクヒは怪物じゃない。」と、ベクヒにいうヘミ。

「私を怪物にしたのは・・ヘミよ・・」と、つぶやくベクヒ。
(((゚д゚;)))

サムドンは作曲、歌を歌い~ヘミと歌ってる妄想♪

「夢が逃げていく・・」と、ショーケースに出られないサムドンは元気がない。母をがっかりさせたくない、血圧も高いと悩む。
「じゃあ、偽のショーケースを1日だけやろう!」と、オヒョク。
どんな風に母に話したのか~聞くと・・
「ちょっとだけ、誇張した。」と、サムドン。

ものすごく誇張してるんですけど(笑)

踊りも歌も学校1番!、そしてグクは自分の子分~と、学校に入るシーンは、韓国版「花より男子」の登場シーンのパロディ♪

そして「ヘミは俺にゾッコン」と、「ヘミや・・」と、おいでおいでと手招きすると・・
「ヘミと呼んでくれた・・」と、抱きつくシーンは、『シンデレラのお姉さん』のギフンの手招きと、ウンジョのシーンパロディ♪
音楽もそのまま、日本放送なら~カットか音楽の差し替えかも?

呆れるみんなにヘミは協力するという。文句を言いながらも、みんなでやることになる。

ジェイソンは、ピルスクだけに優しいわけじゃなくて・・「マナー」としてやってくれてる。
これを「私を好き?」と、勘違いしてたけど、誤解だったと理解するピルスク。
退学届けをだし、「入試クラスにいても望みはない。体重も減らないから、他の道を探す」と、ピルスク。

それを知り、「いつかデュエットしたかった。残念だ。」と、ジェイソンに驚くピルスク。
これを聞いて、退学届けを破る。

オヒョクは、ジンマンに偽のショーケースを手伝って欲しいと頼む。呆れるジンマン。
サムドンの踊りが~いまいちなので教えるジンマン(笑)

オヒョクは、マ社長名義で舞台を借りて、偽のショーケースをやりたいと話す。資金は自分で出すとオヒョク。
「じゃあ、私が芸能事務所社長、マ・ドゥシクになるな!」と、機嫌良くなるマ社長。

ショーケースには、マスコミも必要と、記者の手配はカン・オソンに頼むオヒョク。
これは、グクの裸を見せて~誘うの(笑)

招待状も作り、本格的な「偽の」ショーケースの計画は進む。

昔の仲間に会うマ社長は、仕事はメインは芸能であり、ヤミ金のことは隠してるのよね。きっと、最後には本当の芸能事務所を作ると思うわ。

オヒョクは理事の言葉を想い出す。「始まりですね・・そして面白い。」

ヘミは、オヒョクとマ社長の会話を聞いてしまう。自分の家の借金をオヒョクが肩代わりしてくれた・・驚きショックのヘミ。
家を担保にしてたオヒョクなのね。

舞台を借りるのに大金がかかり、驚くサムドンは
「僕のために・・偽のショーケースなんてやめよう。」と、いうけれど。
「自分のためだ。俺がお前たちの舞台をみたい。チケットを買ったんだ。」と、オヒョク。

オヒョクが、サムドンたちの舞台を本気で見たいと思ってるのね。でも、それにはすごくお金がかかるのだわ。

「あれだから、教員評価がビリなんだ。お人良し丸出しだ。」と、マ社長。

夜、道路を歩くヘミを追いかけるグク。
「どうしよう・・カン・オヒョクのやつ。悪人でないとダメなのに・・パパからママを奪った男なのよ。あいつが善人だと、パパを疑ってしまう・・」と、ヘミを抱きしめるグク。

母がいなくなり、父と捜すヘミはオヒョクといる母を見た。母は「これからは、この人と生きる。帰って。」と、ヘミに言ったと、グクに話す。

「もし俺が・・デビュー出来た時、その時は・・隣にお前がいてほしい。」と、ヘミにいうグク。
「必ず、一緒に舞台に立とうね。」と、ヘミ。

ベクヒは母にショーケースの招待状を置いて帰る。

2人、歩いて家に戻るグクは父、ヒョン会長がいるのを見る。
父に頬を突然、殴られるグク。

続く・・・

ヒョン会長が手に持っていたのは?偽のショーケースの招待状なのかもしれません。
静かに暮らせと、グクを邪魔者扱いの父だから、目立つことを嫌がってるのかも。

ヘミの母はオヒョクと・・ってことは今は?亡くなったのかしら。姉の家で暮らしてるオヒョクだものね。
「花より男子」「シンデレラのお姉さん」パロディが面白かったです(*^^)v




↓読んだら応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年04月11日 13:51 ] カテゴリ:ドリームハイ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。