韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  サイン >  サイン 6話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイン 6話あらすじ

事件を次々と解決、すごく面白いです。脚本がしっかりしてるドラマだと実感です。

出演
パク・シニャン、キム・アジュン、チョン・グァンリョル、チョン・ギョウン、オム・ジウォン


6話

遺体と同じ、エンブレム付きの軽トラが発見される。現場で4体の白骨遺体が見つかり、連続殺人事件となる。

ユン・ジフンが他殺と判断、ミョンハンのミスだと言われる。
「私にとって大切なのは科捜研だ。人生を捧げてきた。」と、言うミョンハン。

7人の連続殺人事件が起きているので、自分のミスなど問題でないという態度ね。科捜研を守ろうとしてる雰囲気。

同一犯の犯行と言うウジン。
血液から、アセプロマジンが検出された事を告げる。7人のうち、1人は事故死という結論だったと言われ、ミョンハンが、
「血液からアセプロマジンが検出されました。」と、言う。

同一犯の犯行、信用出来ないと、科捜研のミスを指摘する部長。「DFCで再調査してから、捜査本部を決めます。」と、言う。

「私のミスです。科学捜査研究院の過失ではありません。私の判断に誤りがありましたが、連続殺人を見抜いたのは科捜研です。ユン先生がみつけました。
科捜研で解決します。この連続殺人事件は、科捜研として捜査本部の設置を申し入れます。」と、言うミョンハン。
ジフンに担当させると言う。捜査本部が設置される。

プライド高いミョンハンが、自分のミスを認め、ジフンが正しいと担当までさせるとは。

「科捜研を守る為ではないでしょう。自分のためだ。院長の地位を守るために。俺が正当なやり方をみせます。」と、ミョンハンに言うジフン。

白骨遺体も同じ犯行と会議中、有力な容疑者が見つかる。イ・ジョンボム、51歳、過去に2度婦女暴行で逮捕されていた。

イハンと意気投合、お酒を飲むダギョンは自分の肩をつかんだ相手はイハンではないと、わかる。服の色も違う。
「他に誰かがいた。犯人の可能性が高い。」と。

「服のDNAが犯人と一致するか・・」と、考えるダギョン。

特捜部のチーム長はジフン。メンバーに不満の声があるが、適任というジフン。
ミョンハン派が反対をするの。

容疑者が自白、証拠を見つけるというジフン。

「ユン先生はまずい。次官の前で失態を犯した。証拠鑑定をDFCに奪われるわけにはいかないでしょう。大統領選の相手陣営から、変な噂がでてる。」と、ミョンハンに言うチャン弁護士。

ソ・ユニョン事件に探りを入れられると言う。すでに、解決してるというミョンハン。

ジフンから、ソ・ユニョン事件が再び明るみに出れば、真犯人のカン・ソヨンが疑われる可能性も。そうすれば、父親のカン・ジュンヒョク議員も危ない。
支援してくれた代わりに、事実を隠したいミョンハンだと思う。


「どうやって院長になったか、忘れましたか?」と、怒るチャン弁護士。
「院長は私だ。これ以上の無礼は許さない。ユン先生には存分に活躍してもらいます。だが、彼の好きにはさせない。」と、言うミョンハン。

ジフンに、服を渡すダギョン。
「犯人のDNAが取れるかも。肩をつかんだのは刑事さんじゃなかったんです。最後の少女は・・妹と同じ年でした。捕まえたい。検視に参加させてください。」と、言う。

「個人的感情は禁止だ。感情に流されたら、証拠も見失う。お前は外す。」と、言うジフン。
「先生には個人的感情はない・・?ソ事件だって・・院長に勝ちたいと思わない?」と、聞くダギョン。

「左利きでした。腕時計をしてた。」と、肩をつかまれた事を思い出すダギョン。振り返るも、無視するジフン。

白骨遺体は若い女性、交通事故を装い他殺の様子。
同一犯だわ。

「放火事件は・・連続殺人事件と関連がある。死体放棄してから放火したのかも。」と、考えるイハン。
同じ日に事件が起きている。

一定の地域を狙い放火、恨みがあると考え、捜査するイハン。

国道沿いの家を訪ねるイハン。ユ・ヒョンジュの家であり、事件の発端になったであろうと。

イタリアの事件を元に考えると、犯人はユ・ヒョンジュを好きになりフラれ、2人の女性を殺した。その後、予行演習成功。ユ・ヒョンジュを同じ方法で殺す。
4人目は殺人中毒になったであろうと、仮説をたてる。

だから、ユ・ヒョンジュの遺体は損傷が激しい。恨みがあるから。

イハンは国道沿いの家が、ユ・ヒョンジュと母が住む家とわかり、娘を恨む人がいるかと聞く。同級生にストーカーされ、庭に放火されたと知るイハン。
その後、今の家に引っ越したので、知らないはずと言うユ・ヒョンジュの母。

ユ・ヒョンジュの遺体には、白骨と同じ骨折があり、原因を捜すジフン。ハンマーを握り、殴るまねをする。

相手は右腕で避けようと、骨折したことが判明。「左腕の攻撃とよけようとして、右腕を骨折した。」

「コ・ダギョンが正しかった。犯人は左利きだ。」と、言うジフン。

容疑者は右利き。
最後の犠牲者ユ・ヒョンジュの携帯を復旧、アン・スヒョンの写真があり驚くジフン。ダギョンが一緒に、車に乗っていた事を思い出す。

ユ・ヒョンジュの父親が当時、ストーカーを捕まえ、少年院送りになった犯人。仕返しが怖くて引っ越した。
学生時代のアルバムを見ると、アン・スヒョンで驚くイハン。

アン・スヒョンと、車に乗ってるダギョン。
「驚くな。黙って聞け。隣にいるのが犯人だ。」と、ジフンから電話で驚くダギョン。
「バレた?」と、殴るアン・スヒョン。

特捜部の会議、ダギョンが犯人に誘拐され、監視カメラの映像で、自分が釈放したアン・スヒョンと知るウジン。

イハンが来て、「放火の前科2犯、ユ・ヒョンジュとは同級生。ユ・ヒョンジュのストーカーで家にも放火した。孤児で父親を捜していた。父親は・・自白した男だ。イ・ジョンボム。」と、言う。

息子を庇い、ウソの自白をしたのね。

「アン・スヒョンは放火の容疑で・・でも、証拠不十分で釈放しました。」と、言うウジン。
「連続殺人犯を逃がしたのか!」と、激怒の部長。

記者が集まり、公開捜査となる。

法医官が誘拐され、TVで発表する部長。イハンは単独行動をしないと、機動隊に参加する。

ダギョンの父親が怒鳴り込んで来るので、胸を痛めるジフン。

容疑車両が発見され、尾行する機動隊、ジフンたち。
「犯人は・・殺人中毒です。次は1日も生かしておかないでしょう。」と、言葉を思い出すジフン。

殴られ、縛られるダギョンは逃走、車で追いかけるアン・スヒョン。

続く・・

危ないダギョンだわ!
殺人犯っていうのは、理由なんてない事もあるのでしょうね。遊びで人の命を奪っているのです。この犯人、すごくリアルで怖かった。

アン・スヒョンは、走って逃げないと、面白くないと言ってました。
最後の子は泣いてばかり、退屈なのですぐに殺したとも。それを平気でいう心理もすごい。

KNTV、この作品は予告がとても長いのです。次はソ・ユニョン事件に戻りそう。
つまり、連続殺人事件は解決と予想です。

【送料無料】サイン ノーカット完全版 DVD-BOX 2

↓読んだら応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011年11月26日 16:08 ] カテゴリ:サイン | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。