韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  僕らのイケメン青果店 >  僕らのイケメン青果店 17-19話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僕らのイケメン青果店 17-19話あらすじ

カンソンすごい。復讐とは違う執念深い女のストーリーですね。

出演 チ・チャンウク、ワン・ジヘ、キム・ヨングァン、シン・ウォンホ、イ・グァンス、ファン・シネ、ジヒョク


17話

カンソンの態度で、おかしいと感じるインボムは、秘書にジンシムの事を調査させる。

途中で録画がダメでした。TBS放送でチェックします。

18話

「ジンシム・・」と、呼ぶテヤン。カオンを抱きしめ、キスをして別れる2人。

教会に行く秘書は、テヤンが15日にジンシムを待っていた事を知る。しかし、もう来ないと言ったテヤン。
何故だろうと考えるインボム。「探していたはずだ。」

必死にインボムに嘘をつくカンソンは、ジンシムがカオンに連絡をしてきたと言う。妙だと感じて、会うと言い出すインボムに驚くカンソン。

偽物のジンシムと会い、テヤンの店に連れて行くインボム。「探していただろう。」
しかし、戸惑うテヤン。

テヤンの態度で、偽物と感じたインボムよね。突然、連れてくるからテヤンも演技出来ないのよ。カオン(ジンシム)の態度も微妙だったし。

インボムに、すべてを打ち明けると言うカオンだが、ダメだと止めるカンソン。

スル母のファン女史は釈放され、前科持ちのギヨンを使い、店を潰せとスルに命じるカンソン。

スルがカオンにお金を頼むはずがない・・と、感じるタンビ。プライドは捨てたと言うスル。
お金はカンソンからとは言えないものね。

ジンシムを調査中、女の子が事故で亡くなった事を知る秘書。

噂が広まり、テヤンたちに事実を告げるチャンソル。妊娠させたのは事実だと。ジョンアも告白して驚くテヤンたち。

病気は悪化するが、手術を拒否するジェヒ。
死ぬまで好きな事をして、タンビには内緒にして欲しいとチョン社長に頼む。

カオンを信じるインボムは、お前の味方だと言う。

「限界よ。すべてを話すわ。」と、カンソンに電話で言うカオン。
「言ったら終わりよ。」と、脅すカンソン。

自殺未遂した事を思いだし、カンソンの元へ行くカオン。
「これ以上、私を苦しめないで。」
「あなたしかいない・・」と、言うカンソン。

秘書の持ってきた報告書を見るインボム。「死亡者、チェ・カオン。保護者チェ・カンソン」と、読む。

これで、カオンが亡くなった事がハッキリしたインボムですね。妻とカオン(ジンシム)の行動がおかしいのも理解できるでしょう。

19話

秘書から、死んだのはカオンと聞くインボム。入れ替わったと教える秘書。

カンソンに、打ち明けてと言うカオン。
「パパは許してくれないわ。カオンを守れなかった・・嘘もついていたし・・」と、言うカンソン。
「なら、逃げましょう。それが罪を償える方法よ。」と、言うカオン。

「お腹の子はモクヨングループの後継者・・」と、言うカンソン。
「私は捨てられるのね・・ママに捨てられるのが怖かった。」
「私に必要なのはカオンよ。他はいらない。」と、言うカンソン。

怒ったインボムが帰ってくる。「カオンは死んだのか?」
書類を見せ、死んだのかと怒鳴るインボム。怯えて泣き出すカンソン。

インボムに言うカオン(ジンシム)。
「私のせいなの。あの日、ママは自殺したの。見つけなければ死んでたわ。だから、私が言ったの・・”娘にして。私がカオンの代わりをするから・・・死なないで” 私のワガママなの。そんな私を不憫に思って、娘にしてくれたの。」と、言うカオン。
「戻るべきじゃなかった。」と、言うインボム。

カオンを心配するテヤン。「お互い、別々の道を進むと決めたはずよ。」と、言うカオン。

ジョンアは、チャンソルの事をテヤンに相談する。
歌手のオファーが来てること。
「レッスンも、レコーディングも日本でする。みんなを置いていけない」と、言うチャンソル。
「店は逃げない。売れなかったら、戻って来い。」と、言うテヤンたち。

インボムに、「あなたにすがるのはこの子のため・・・あなたから離れないわ。1人で育てるのはいや。」と、言うカンソン。
「その子を愛せる自信がない。」と、言うインボム。

「娘が死んだ事も知らず、他人の子を12年も育ててた。僕には君を許す資格もない。」
ホテルで暮らすと家を出るインボム。

店に、梨を食べて食中毒になった・・と、怒鳴る男が来て補償しろと言ってくる。スルが殴られ、挑発に乗り、ギヨンが男を殴ってしまう。
金銭目当てのクレーマーだと考えるホジェたち。

インボムに、カンソンの事を報告するカオン。
「パパ、ごめんなさい。傷つけてしまった。パパが優しくカオンと呼ぶたび、カオンに近づけた気がするの・・」と、言うカオン。
「私が失ったのは2人の娘だ・・」と、言うインボム。

会社に戻るカオンは、顧客が1名、入院中、会社を告訴してる事を知る。テヤンに知らせるカオンは、記者にも会ってると教える。

会社は店の撤収を要望、驚くテヤン。
「このお店は広報活動の一環なの。事実でなくても、会社には致命的よ。評判が落ちるわ。」と、言うカオン。

会社で解決すると言うカオンに、自分が解決すると言い出すテヤン。話を聞いて、ギヨンが責任を取ると言う。
「殴った俺が辞めれば・・」
止めるテヤン。

ジェヒに、カオン母親の事を聞くタンビ。
「おば様の保釈金を出してくれたそうよ。2人に協力するとは思えない。」と、言うタンビ。
「なぜ、ファン女史の保釈金を?」と、驚くチャン社長。
スルがテヤンの店で働いてと知り、考えるチャン社長。

告訴の事を知り、「店を潰す気でしょ。我慢出来ないわ。バラす。」と、カンソンに電話するテイン。
「その事なら、バレてるわ。あなたのお兄さんに教えてあげて。あなたが壊したのは、私の人生だけじゃない。ジンシムの人生もよ。失うものがない人間の・・恐ろしさを見せてやるわ。」と、言うカンソン。

病院
告訴してる男に、会いに行くテヤンたち。
「あんたの狙いは会社だろうが・・僕らは徹底的にあんたと闘う。」と、言うテヤン。

テヤンに自分を調べ、挑発した男・・ただの脅しじゃないと言うギヨン。
「誰かの陰謀だ。」

カオンに、家を出るよう指示をするカンソン。

続く・・

カンソンはしぶといですね。インボムに、すべて知られてもへたばらない。
執念深いです。

インボムは父親として、カオン(ジンシム)を本当に愛してるはず。
だから、カオンが離れるのは辛いと知ってる計画でしょうか。

楽天レンタルで「僕らのイケメン青果店 <テレビ放送版> Vol.10」を借りよう

↓読んだら応援のクリック押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012年10月10日 15:07 ] カテゴリ:僕らのイケメン青果店 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。