韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  太王四神記 感想 >  「太王四神記」感想

「太王四神記」感想

いつも韓国ドラマ「太王四神記」のドラマレビューというか、あらすじをひたすら書いてるので・・今日は気軽に感想なんか書いてみます。
も~とにかくメチャ好きなドラマですね。ナンバー1です!

韓ドラは今まで沢山見てきました。
得にベスト3~なんてものはないかれど・・しいていえば、「フルハウス」が好き。
「宮」も好きだったけど、あれは宮廷と現代が複雑に絡んだ内容だった・・セットも豪華!って意味でも好きでした。
やはり一番、印象に残る韓ドラは~「天国の階段」です(笑)
これは、わたしが最初にハマった韓ドラでもあり・・韓ドラの基本、交通事故、不治の病、記憶喪失・・などてんこ盛りで。
そういう意味で驚き、ありえない展開が記憶に残ってるのかも。

ドラマレビューとして本気で書いたのは、好きな「フルハウス」と「宮」でした。
その前も書いてたけど、それは「簡単な感想」みたいな感じで。あらすじを書くのも慣れてなかったです。
「フルハウス」繋がりで~チョン・ジフン・Rain(ピ)が好きになり、「このろくでなしの愛」が好きでした。
でも、よく聞く「廃人」って感覚は理解出来なくて(^_^;

それがですね、よく「ごめん、愛してる」でミサ廃人という言葉を知り、その後、「チェオクの剣」でも韓国語タイトルから来てる?
「茶母廃人」というのがあったようです。これ、わたしも見たけど内容、すごくおもしろい!
ワイヤーアクションが・・なんだけど(^_^;
でも、ストーリーはいいと思います。

なんか3大廃人ってのがあるらしくて・・「ごめん、愛してる」「茶母(チェオクの剣)」「バリでの出来事」らしい。
でも、残念ながらどれもわたしを廃人にするようなドラマではなかった。
「このろくでなしの愛」はよく、「ごめん、愛してる」に似てる~と意見が多くて。
でも、私は「ごめん、愛してる」より「このろくでなしの愛」の方が好き。人それぞれ、好みとタイプもあると思うし~

ただ、最近思うのは普通の韓国ドラマには飽きてるってこと(笑)
普通の恋愛じゃ物足りない。時代物がおもしろいと思う。
そういう意味では「チャングムの誓い」「ホジュン」「海神」はおもしろいと思いますね~。

ただ、わかったのは記憶に残るいいドラマ、感動するドラマって楽しいストーリーじゃないこと。
楽しいと「あー!おもしろかった」で終わり、気分転換には良いけど、あとはスッキリ!すぐに忘れて記憶に残らない・・
でも、切ないストーリーだとずるずると引きずり、ミサ廃人のようになってしまうのが今では理解出来ます。
ん?ネタバレ書いてないよね^^;^^;^^;
とにかくドラマはいっぱいみました!




その中で今、すごーく嵌ってるのはもちろん!
ペ・ヨンジュンssiの「太王四神記」!テサギ(笑)
もうテサギ廃人です^^;^^;^^;
これ、ヨンジュンsiiじゃなくてもおもしろいドラマだと思いますね~なんていうか、内容が凝ってるというか、私の好きなタイプでもあり(内容が)
そりゃ、CGがあんなん?とか~色々と突っ込みたい気持ちもわかるけど(^_^;

でもね、続けてみていくとすごくおもしろい。上下関係、忠誠心がわたしは良かった。
感動でしたね~
男性もきっと、この「太王四神記」を見るとペ・ヨンジュンssiのこと、
「あ、ちょっと違うかも・・」っと感じるはず。今までの韓流イメージを大きく変えてくれたとも思える作品です!

↓この馬がヨンジュンsiiがいつも乗る馬・・
他の馬よりこの馬に乗ってることが多い(^^)




7話までみてきて思うのは・・タムドクの母は大神官からの予言?で「チュシンの王」を産むことをいわれてた。そして「守るように」とも。
だから、身重の身体で無理をして家から逃げ出し~山小屋で産む。
そして、タムドクが生まれた日を自分がなくなった生まれてから3日後にした。これを、叔父のソスリム王、大神官、タムドクの父であるオジジも知っていた。
それを隠していたのよね、きっと強く大きくなるまでタムドクが。

キハもファチョン会大長老に捕まり、ファチョン会の烙印を押されてしまう。大体、このファチョン会大長老は魔術?を仕えるようで・・だから、キハの妹の記憶、自分が幼い時に連れ去られたこと・・それらの記憶を大長老に消されてしまう。
そして・・
キハの意志とは関係なく、ファチョン会大長老に繰られて思ってもいない、言葉をいったり、行動をするようになる。
これが、ヨン家でのホゲを「チュシンの王」と呼び、跪いたことが大きくホゲの心も動かすのかと。

キハとタムドクが思いあってるのは知ってたけど~正直、あんな状況、場所での結ばれたのには驚きでした(笑)
スジニがいつ?どんな風に?タムドクと?それも気になりますよね~これがハッキリしない(笑)

色々と突っ込みたい部分もあるけど、それはファンタジーの韓国ドラマ!ってことで。韓国であまり?すごい視聴率じゃなかったのが驚きです。
悪くはないけど、「朱蒙」みたいなすごい数字じゃなかったようだし。でもね、この「太王四神記」は男性向きのドラマでもあると思います。
だって~戦闘シーンとか、ロケ地もすごいし。

今後の展開は・・ガリョがどんどんと悪時知恵で動いてくれるんで頭にきます(笑)
そしてタムドクの心の広さに感動・・しかし、なんでファチョン会大長老は間違えたのかしらね(^_^;
あれが間違えるからややこしい展開に(笑)
まぁ、ヨン夫人が
「息子、ホゲこそがチュシンの王!」ってずっといってたから。
それにタムドクも隠れて暮らしていたし。
キョックのシーン、キハとホゲをヨン家であわせ、朱雀の心臓の輝きをみるファチョン会大長老の顔、表情演技が素晴らしいと思う。
この大長老、いつも両手を前にだし、指をわなわな?させて怪しい雰囲気を出してるのがおもしろい(笑)

チョルノ部族のフッケもすごくいい人で・・ヤン王に忠誠を誓うシーン、良かった。
「わたしに頼まないでください、ただ、命令するだけでいいのです」って。
王のためなら命を捧げる・・騎馬隊長も国のために動いてるし・・まぁ、彼の場合はホゲに仕えるような・・
ネタバレ書かないように注意します(^_^;

このドラマ、『太王四神記シーズン2』発言もあって。
(ネットの噂だけ?)
でも、金鍾学プロデューサーが2の制作を考えている・・ただ、それには日本の反応が大きく関係するみたい。
「機会に恵まれれば」ともあるし。
つまり~スポンサーのことでしょうね。お金かかるドラマだし。
韓国サイトの記事によると~金鍾学プロデューサーが2の制作を考えてるのは
『太王四神記』の結末に関し、演出として無念さを感じているためらしいです。

それと、ヨンジュンsiiの怪我が思ってたよりも酷くて。最後の1ヶ月は松葉杖なしでは歩けないほどのもの。
馬に乗るときも男性が3人以上で、ヨンジュンsiiを支えて馬に乗せる・・そんな様子もみました。
全治4ヶ月というし・・後遺症など残らないと良いのですが。
あの撮影用の鎧、20キロもあるんですよー

わたしは、撮影用に軽い素材で作ってるものだとばかり・・本当にあの重い鎧、衣装をつけて馬に乗り、演技する。
すごいことだと思います。
馬を本気で走らせる・・すごい危険なことでもあるのです。早く続きがみたーい(^^ゞ

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年01月23日 10:32 ] カテゴリ:太王四神記 感想 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。