韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  太王四神記 感想 >  「太王四神記」9話感想

「太王四神記」9話感想

昨日は真面目にドラマレビュー(あらすじ)を書いたので、今日はざっくり感想です!うーん、とにかく9話は前半の大きな山場といってもいいでしょう。
展開も早く、驚く内容が多かった。
多くの死もありました(/_;)
この回で一番、わたしが驚いたのは・・
やっぱり、ヤン王の自害ですねー
韓国ドラマ「朱蒙」も見てるのでわかりやすい。
ネタバレも含むので読む方は注意してください。

「太王四神記」NHK BShi 月曜日22時~
キャスト
ファヌン/タムドク(ペ・ヨンジュン)
カジン/キハ   (ムン・ソリ)
セオ/スジニ   (イ・ジア)
ヨン・ホゲ    (ユン・テヨン)


9話

あれ、朱蒙の剣をみて「わー!すごいわ」と普通に思ってて。
「ユファ夫人」の名前もでたことにも驚いて・・まさか、キハがユファ夫人手作りの壷を取った瞬間!
あれは衝撃でした。アンデーーーーー!!!
だってペーハーだし、ダメでしょ。
そりゃ、タムドクをチュシンの王として覚醒させるため?とも思ったし、
「死」をもって、その気にならないタムドクを動かす!って意味もあったのかな?とか・・

とにかくタムドクをチュシンの王、高句麗の王としても自覚させるためなんじゃ。状況的にもう、王として生きるのはかなり危険、無理がある。
追い詰められてたので、あれはもう逃げるよりは王として「自害」しかなかったのか・・とも思うけど。
とにかく、あの大きな朱蒙の剣で自分の胸を刺す!って行為そのものに驚きでした。

しかも!キハも驚いたことにあの剣を抜こう!ってこと。
冷静に考えると、ああいう場合、剣を抜くと出血多量となるだろうし・・そんなこと、いってる場合じゃないけど(^_^;
また!カクダンがイイ?タイミングで入ってくる。
あれもね、ドラマ的におもしろい。
カクダンに誤解されてしまうキハなんだけど。

ヤン王は、まさか娘のように思ってたキハに「王殺害」のぬれぎぬを押しつけるとは、とても思えない。
タムドクと切り離すためでも。だから状況的に自害した・・運悪くキハが・・かな。
「朱蒙」を見てるので、朱蒙の剣はわかるけどあれ、モパルモ親方が作ったものかな?とか(^_^;

それと、息子たちを!と騒いでた部族長たちはあの後、どうしたのよ?
ファチョン会がクンネ城に侵入、あのころどこに?それにしてもファチョン会、強すぎる。
あらすじによっては、キハにヤン王は「すまない」を「娘よ」といったそうな。
そのくらいの信頼、そして可愛がってたのでしょうね。
でも、タムドクはチュシンの王なので諦めてもらわないと!という強い意志。

コ将軍が遅い!っていうのも感じました(笑)
スジニたちより早くに城を出てるわりに~でも、スジニたちは
「テジャ城!」と知ってたので直行した!
コ将軍は、ウロウロと無駄に探してたので時間がかかった。そういう解釈です(笑)

ホゲ、最初はキハに対する思いと母への思い。なんか可哀想だなーと、思った時もありました。
でもねー!
あそこでタムドクに弓を射るのはアンデーーーーー!!!だわ(笑)
もう、ホゲは王とかよりも「タムドク憎い!母の敵!」って思いの方が強く感じる。
多少、キハへの思いも悔しさとか~あるのかも。でも、このホゲ役のユン・テヨンさんも演技上手いですね~
「ふっ・・」と笑う表情とか、憎らしさなんかすごい!
見てる方も感情移入して憎らしくなるほど(笑)
個人的に今後、ユン・テヨンさんの作品は見たいですね(^^ゞ

カクダンも残念でした。
タムドクに瀕死の重傷なのに「嘘だー!」と突き放されて^^;
ありゃ、ちょっと辛い。
でも、あとでタムドクはカクダンの最後の忠誠心、誠実さを理解してくれた。だから彼女だけには、自分の服を遺体にかけた・・でしょうか。

セドゥル、これも悲しくて(/_;)
タムドクのいい仲間になると勝手に予想してたのですごいショックでした。しかもあんな形で・・
ほんとあそこも泣きました。

しかし、キハって本当に不幸のどん底っていうか・・あの日、ファチョン会に連れ去られてしまった日から、彼女の人生は大きく変化してしまい、もう自分の力では自由に生きることも許されない。残酷なファチョン会です!
ポイントは烙印!消せないから。

今回、はじめて玄武の目覚めがあったわけで・・このシーン、すごくファンタジーしてて好き(*^^)v
不思議な空間・・そこに玄武の守り神ヒョンゴと、チュシンの王だけがいる。
この設定はステキだと思う。
状況的に、ヒントとして神器の目覚めには「感情」があるのですよー
ヒョンゴたち、コムル村の連中が「霧」を出す技を使うとき、「集中力」「気」みたいなモノが必要なように。
ほら、ドラゴンボールだって必要でしょ(笑)
カメハメ波を使うときにもあるように。悟空がスーパーサイヤ人になる~っていうか。
これ以上書くとモロにネタバレになるので^^;

あとね、ビックリしたのはキハの空中移動!あれ、なに?あんな技初めてでしょ?
あんなの出来るなら~もっと早くに大長老の屋敷から逃げ出すことも可能なんじゃ?
そう思う人もいるはず・・でもね、これには理由があると思う。
それは↑上に書いた「ヒント」なんです。たぶん、これがないと出来ないんじゃないかなー
でも、城についてからは服?でバッサバッサと人を倒してた。
やっぱり朱雀強いわー

カクダンを霊廟で朱蒙の剣を使い、壁に突き刺したのは?
これは想像するに、大長老?とも思ったけど違う。これはキハ、つまり朱雀であるキハだと思う。
あとで
「わたしじゃないー」と叫ぶけど、意識的にしたわけではなく、無意識の力が
働いた感じがするのです!
これが朱雀の特長でもあるのかなー

キハの声、いいですよね、少しかすれてる・・っていうか、ハスキーな感じ。
今回でかなり、キハって!いう意見の方、見直した人も多いのではないでしょうか。後半の演技も素晴らしいです。
スジニもクンネ城でヒョンゴに、「じゃあ、私を守ってよ」っていう台詞の前、
あの表情、良いと思う。
そしてスジニの特徴、タムドクが弓で攻撃された時!
一番にタムドクを庇った・・これは朱雀ならではの行動だと思ってます。
多少、タムドクへの忠誠心、想いもあるだろうけど。

ガリョ、大長老も玄武の目覚めで「タムドクが?チュシンの王?」と焦るわけで。
それでも冷静なのがガリョ(笑)
さすが悪人だわー「朱蒙」に出てるテソの叔父、まぁ、チョ・ジュドを脅かすのよ。
「これ以上、喋ったら殺すぞ!」みたいに。
ガリョも自分の息子ホゲが違う?そう思い始めてるんじゃないかな?
そして問題の大長老!
これでタムドクがチュシンの王!ってサリャンにいわれなくてもわかりそう。
それでも・・無意識に書いてるとネタバレを書いちゃいそう(^_^;

だけど、タムドクがいつ?どんな風に
「自分は本当にチュシンの王なんだ」と自覚するのでしょうか、そこまでがおもしろいし、長いのかな~(^^)
たかがドラマなんだけど、嵌って極めるのも楽しいっす(笑)
チョンマイ、いつも無駄に長くてミヤネヨ~(^^ゞ

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年02月06日 12:00 ] カテゴリ:太王四神記 感想 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。