韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  朱蒙 >  「朱蒙」48話

「朱蒙」48話

良かった~!チュモンが父ヘモスと同じ罠にかかるわけないと思ったけど・・テソの軍と鉄器軍をまたもチュモンが全滅させた。人数は少ないはずのタムル軍、それだけ強い!ってことなんでしょうね。





48話 

チュモンがテサジャの提案でヘモスを捕まえた時と同じ罠!
流民を漢に送る・・これを聞いて黙ってるはずがないチュモン。
でも、これは罠!
ヨミウルが気がつき、モパルモ親方が珍しく?早く到着~チュモンに
「これはテソの罠!」と知らせる。

でも、チュモンの新しい部下のチェサたちは賢い。
「これは怪しいかも・・」って。
やけに早く駆けつけたモパルモ親方とヨミウルだったわ(笑)

流民、じつは武術に強い兵が流民の格好をしてるだけ。
それをナロが連れて行く・・
そして後ろからは漢の鉄器軍が・・
チュモン!来ちゃダメー(>_<)
でも、この作戦、結構とろい感じで(笑)
鉄器軍が到着するまでプヨの軍が持ちこたえるか?って感じ。

王様、テソがなんと!幽閉してしまう。
ここまでするかなぁ。
一応、王様なのに・・
怒るクムワなんだけどここは部下のため、引き下がる。
彼は名前忘れたけど、クムワの部下だものね。

家臣たちも王様の幽閉は・・・って声があるのにテソは聞かない。
もう怒りのテソだから。
ユファ夫人も気が強いわ(^_^;
「王様の幽閉をときなさい!」って。
「ならば、私も一緒に閉じこめるがよい」強いわユファ夫人。
ここで王妃が来るのよ。
「王がいなくなれば、お前も頼まれなくても生きたまま埋めてやる!」って。

ヨミウルが来て流民の護送はテソの罠!という。
驚くチュモン・・
ヘモスは、ヨミウルがいうには情にもろい人だったらしい。
将軍を漢に売ったテサジャ!
これがくせ者なのよ!

罠かどうか、見極める・・というチュモン。
でも、どうやって見極める?
みんな流民の格好してる兵だし。
オイ、マリたちは見張り、後ろから漢の鉄器軍が来てることを目撃する。
これで、この護送は偽物とわかるチュモン!

普通、これなら偽物の流民なんだから~放置すると思ったら・・
チュモンは考えることが違う。
数は多いけど、二度とタムル軍を襲わないように!って意味で襲うの。
このプヨの軍(流民の格好としてる兵)とナロを。

その前に、漢の鉄器軍を潰す!
テソはこの計画で完全にチュモンを殺すつもりだから~
これを逆に全部、チュモンが潰せば・・二度と襲わないだろう~というチュモン。

ナロもなー( ̄▽ ̄;)
一応、中国語?喋れるのね(笑)
鉄器軍もナロもチュモンが来ないので「今回は失敗」とノンビリ構えてたら~
鉄器軍が休憩中にチュモンたちは襲う。
これが簡単にやられる鉄器軍なんだわ。

休憩中とはいえ、弱すぎなんじゃ(^_^;
ここ、チュモンは手を出さずに見守ってるほどの余裕。

ナロたちも~「もう来ない」とのんびり。
そこへチュモンがナロたちを襲う!
ナロ、すごい屈辱で(笑)
チュモンに殺されてもいいのに、
「この無惨な敗北をテソに伝える役目」として、ナロを殺さずに生かして返すの。

ナロごとこきがチュモンに勝てるわけないわ!
「再び、攻撃してきたらプヨは壊滅するだろう」チュモンはナロに伝えさせる。
ナロは恥をかいたままトボトボ帰るのよ(^^ゞ

テソ、ナロたちの知らせを待ってる・・
テサジャも「成功する!」というし。
それが~ナロが戻り、状況を知る。
跪いて謝るナロなんだけど・・
「チュモンは計略を知ってた、流民を装った兵もプヨの軍勢もすべて失った」

この報告で怒りが頂点に達するテソ(笑)
テサジャがここで~この計略を知ってるのはヨミウル巫女だ!と。
このままじゃ、ヨミウル巫女が危ない!

王妃は「ユファとイェソヤを使いなさい」って。
一応、テソは「民衆の目」を気にしてるんだけど・・
だって、ユファ夫人とイェソヤを人質にチュモンを呼ぶのは卑怯だから。
でも、方法がなくて~結局、ユファ夫人とイェソヤは牢獄に・・
この王妃っていつも意地悪役がよく似合うわ(笑)

ナロがチュモンに伝令を出すのよ。
「半月後にチュモンが来なければ~夫人とイェソヤの首をはねる」と。
クムワもそれを知り、慌てるけど~どうもまだ体調が良くないみたい。
ここは、ぜひ!クムワに復活して欲しいものだわ。
今のクムワには何も力がないから。

「チュモンを捕まえるには、この方法しかない」とテソ。
クムワは
「これ以上、チュモンに執着するな!」
「チュモンはプヨの敵です!」とテソ。
「プヨの敵はチュモンでなく漢である!」とクムワ王。
でも、今のプヨはその漢と同盟関係にある・・
テソの妻はヤンジョンの娘だしね。
興奮したクムワ・・でもテソを斬ることも出来ずに倒れる(;´Д`)

チョルボン連中は、チュモンを捕まえようとするの。
チュモンとソソノの関係を使う気の様子のあのクソ爺さん(笑)
ソンヤン大君長よ!
ソソノから~手紙を受け取る父ヨンタバル。
何するのかと思ったら・・

なんと!土地探し!
「ここに宮殿を築こう」って広くて何もない野原に。
今後、ソソノの望みを叶えるためにも父は動くのだわ。
そっかーソンヤン大君長の命令に関係なく動くには、ソソノが国を作れば良いのだわ。
あのチョルボンらから、ケルは独立するのよ!

ソソノ、チュモンの色々な噂を知り複雑でしょうね・・と、思ったら!
やだわーまた、あのカンツォーネみたいな曲(-_-;)
ここでチュモンには珍しく?回想シーン・・
ソソノは自分を助けてくれたチュモンを思い出す・・
ウテさんの立場が~~~^^;^^;^^;

そそ、ヨンポ王子も長安からプヨに帰ることができたの。
いてもいなくても余り、要素ないんだけど(笑)

タムル軍、訓練を重ねてどんどん強くなる感じ。
チュモンは、ソソノも苦労してることを知るのよ。
無理矢理遠い旅に出された・・とか。
チュモン、心の中にはソソノがいるものね。
そこへ、テソからチュモンに伝令がくる!
これ、「ユファ夫人とイェソヤを殺す、だからプヨへ来い!」って内容。
チュモンに知らせないで~ヨミウルに相談する、オイ、マリたちなの。
この3人で助けに~というけど、これは危険だと思うわ。

チュモンは、チャンチョン谷(ヒョント群の鉱山でもある中山近くの谷)を
タムル軍に加えようと計画する。
軍事的にも重要な位置にあるらしい。
ここを下見にいくあいだ~マリたちは行くのよ!
ヨミウルは「あなたたちで、ユファ夫人たちを助けるのです」って。
チュモンに行かせるわけにはいかない、。
ユファ夫人と、イェソヤの命は神にゆだねるしかない・・ってヨミウル。
何でも神にゆだねるのもねぇ(^_^;

ここで!ユファ夫人の案で医者に相談。
外に出るには死ぬしかない・・薬を調合、それで一時的に死ねる?
これって、ロミオとジュリエットみたい^^♪
ユファ夫人のお付きの人を外に出すのよ。
そして・・未だ何も知らないチュモンは、チャンチョン谷に行く。
マリたちは・・ユファ夫人たちを・・で終わり。

予告ではかなりヤバイ感じ?
チュモンはユファ夫人たちが、危険な事をしってしまう。
しかも殺されるギリギリのシーンまで映ってた。
血の文字を読むチュモン・・
あぁ、ユファ夫人殺されちゃうのかなぁ。。


ブログランキングに参加してみました。
↓励みになります、ポチっとして応援よろしくお願いします。




関連記事
スポンサーサイト



[ 2008年04月04日 09:01 ] カテゴリ:朱蒙 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。