韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  ファン・ジニ >  「ファン・ジニ」9話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ファン・ジニ」9話あらすじ

ウノ様が亡くなってしまいました。身体が弱そうだったので酷い風邪でもひいたのかと思ったら・・あのまま(/_;)
教坊の前で荷車が動かないシーンは涙・・でした。チニも泣きながら自分の服をウノにかけてあげてましたね。あれで荷車が動くとは・・
これでチニの初恋が終わり、誰にも心許さない女性になってしまいそうです。

ウノ

「ファンジニ」
NHK BS2 日曜日 午後9時~全24話
ファン・ジニ/チニ(ハ・ジウォン)
ウノ(チャン・グンソク)
プヨン(ワン・ビンナ)
メヒャン(キム・ボヨン)
ヒョングム(チョン・ミソン)




9話「雨の別れ」

ウノ父
「私が水揚げしよう・・」ハッとするチニ・・そしてウノも驚く。
「その髪飾りをといてくれるか?」緊迫した雰囲気の中、チニは動揺しながら髪飾りをといてウノ父に渡す。
「お待ちください!なりません。今のお言葉を取り消してください」父のいうことをきかないウノに、ペンムが剣を用意する。

「若様もこの子がお気に入りならば、剣をとって・・」と
「剣はここに用意してございます」と、剣をウノに投げつけ、ウノは受け取ってしまう。

ウノが剣を受け取り、ウノ父は怒る!
「何を血迷っている!まさかこの父に刃を向ける気か?なんという罰当たり!
たかがキーセンごときに・・」まわりの長官たちも、皆「親不孝者」などと口々に文句をいっている。

「きっと訳があるのでしょう、聞きましょう」
「すでに剣をとってる!」長官たちの言葉にウノは怯える。
「どうやら母上を案じているのでしょう。父上が若く美しいキーセンを見受けしたら、お母上が心を痛めるのではないか・・」そう思ってるのだろうと長官。

「つい、飛び出したのであろう?」と、ウノに聞く。
「剣をおき早く下がりなさい」と、長官・・
チニは涙目でじっとしている。

「心配はいらん、お父上がその者を見受けするようなことはない」と、長官。
「下がれ!」と、ウノ父は怒っているが、ウノは動けないほどに驚いている。
まわりにせかされ、やっとウノは剣を落とす・・その瞬間、チニの目から涙がこぼれる。

トクパルと外に出るウノは放心状態・・泣いている。
夜、まだ童妓であるキーセンたちは着飾り出かけていく。
皆、水揚げをするのであった。
「叶わぬ恋の未練を断ち切るのだ!与えられたキーセンとして生きるのだ」と、ペンム。

チニの水揚げをする時、チニの母、ヒョングムが部屋へやってくる。
貴重なお酒をウノ父に用意、酒を飲み続けるウノ父。
ヒョングムは、ウノ父にうまく言い酒をどんどん勧める。
酔いつぶれるウノ父だった。(寝てしまう)
薬を酒にいれたヒョングム。

オムスはウノの所へ、お金を用意し、
「行くべきです!」と、逃げることをすすめるが、
「勇気がありません。今更、あの人に会わせる顔がありません」
「なら、なぜ始めたのだ?チニは真心に賭けたのだ!」
あの人は許して、信じてくれるのだろうか?と、ウノは泣く。

チニも
「負けた、勝負はついた」と、行かない事を母に告げる。
相手が誰であり、「負けは負け」もう夢をみるのはいや・・と、チニ。
「心がズタズタになろうと、受け入れる、それが愛というもの」と、ヒョングムは相手を思うことをいう。
「今なら、お前の愛をつかめる」と、逃げることをすすめる。
目は見えなくてもあの方は立派な方よ・・と、ヒョングム。

ペンム、突然、「母の痛みがわかる・・」と、お酒をもってヒョングムの部屋に行くがいない・・なにかを感じるペンム。
チニは塀を乗り越え逃げようとしている。
そんな母のヒョングムを見るペンム。
ペンムはケトンに言い、ウノ母の所へ事情を説明に行け!と命令する。
「言う通りにすれば・・キーセンにしてやる。望みが叶うのだ」と、言う。
(ケトンは水くみであり、童妓でもキーセンでもない)

チニのためにも止めなければ!と、ペンム・・
あの程度ですぐに捨てられる・・キーセンとして生きる方がチニには幸せと、ペンムにケトンはウノの家に走る。
ウノ、書き残したいことがある・・と、手紙を書く。
母にむけた手紙だった。
(早く!早く逃げるのよ若様~!)

母に見つかるウノ・・
「あの卑しい女と夜逃げか?」
「どうか行かせてください、母上。私にはこうするしかないのです」
「結局、お前はあの女のために、この母の心を踏みにじるのだな!わかった、行きなさい。それほど望むならお前の好きにするがいい」

ただし、行くならこの母の命と引き替えに行け!と、言われるウノ・・
ウノ母は懐から、短剣をウノに放り投げる。
それを見て驚くウノ・・
(母の命と引き替え・・これじゃ、行けない優しいウノだわ)

雨が降ってくる・・
ヒョングム、オムスは心配している。
雨の中、チニはびしょ濡れで待っている。
トクパルがやってきて、オムスにウノ母のことを説明する。
チニの所へいくオムス。
短剣を前に雨の中、座り込んでいるウノ・・

「チニ、可哀想に。大変だ!身体が火のように熱い」と、オムス。
「あの方は・・来ないの?」と、雨の中、ウノを待つチニ。
「来ないの、いくら待っても来ないの・・きっと雨がひどいから」と、自分を納得させるチニ・・
「それにしても遅い・・このまま永遠に来なかったら・・」と、チニが倒れてしまう。
(ウノは結局、母の命と引き替えで来れず、何も出来ないウノも可哀想)

翌朝、水揚げを終えたキーセンたち。
ウノ父は、目が覚めると布団にはチニが眠っている。
酒に酔いすぎた・・とウノ父は記憶がない様子。
ペンムが、
「チニは、一晩中、熱にうなされていた」と、説明、謝っている。
このような大事な時に、具合が悪くなり申し訳ない・・と、ペンム。
(薬で眠ったウノ父、当然、チニの水揚げはしていいない)

ケトン母が、チニの薬を用意しているとペンムが来る。
オムスがチニの身体を心配、用意させた薬だった。
「あの子にこれを飲む資格はありません」と、薬を捨ててしまうペンム。
「命に関わるかも知れないでしょう?」
「やむをえないでしょう」と、言いチニを奥の間に閉じこめるように命じるペンム。
(逃げようとしたチニに罰を与えるペンム)

ウノ母、父の帰りを待っていた。
ウノは前夜から座り込んだまま・・ウノ父に怒鳴られる。
「お前はまだ、目が覚めないのか!おなご1人にいつまで上せてる?」
ウノはなにも言えず・・動けない。
父にいわれ、やっと立ち上がろうとするウノは・・ふらつきながら血を吐き倒れてしまう。
(あー!雨の中、ずっといたので病気になってしまったウノなのだわ)

チニも奥の間で寝込んでいる。
ヒョングムをとめるペンム。
「鉄は打たれて強くなる」と、娘と同じ苦しみを味わうがいい!そうすれば、二度あんな想いをしなくて済む・・と、ペンムは冷たい。
ウノ母に看病されるウノ・・げっそりしている。

チニもまた、具合が悪いままだった。
目を覚ましたウノは、トクパルに
「あの人はどうしているだろうか・・このまま終わるのか・・苦しんでいるだろうな」坊ちゃんと同じでしょう・・と、トクパルは言う。
具合の悪いままのチニに雑用をさせるペンム。
ケトンも心配するが冷たいペンム・・

ウノ母が部屋に来ると・・ウノがいない。
トクパルがウノを探しにくると・・教坊の前にいたウノは身体がきつそうである。
ふらふらと歩くウノ、チニが偶然、教坊から出てくる。
「顔色がすぐれぬようだが・・」と、ウノ。
(自分の方が顔色悪いのに・・)
「これはお返しします・・」と、指輪を返すチニ。
「すまなかった」と、ウノ。
「そんなこといわないでください。世間や法だけでなく、自分にすら勝てないもの弱い者、それが愛と教えて頂きました。
慰めの言葉もいらない。キーセンごときが夢を見るなど・・」そのさだめに従う・・と、忘れて欲しい、すべて終わった・・と、言いチニは去る。
(これでチニはウノに決別宣言したのだと思う)

ウノは家に戻るが具合の悪いまま・・寝ている。
「どうして始めてしまったのだろう、私がいけなかった。始めさえしなければ・・
そうすれば、あの人を苦しめることも、悲しめることもなかった」と、ウノはトクパルに言う。
チニはウノの言葉を思い出し、泣いている。
ウノは薬すらも受け付けず、激しく吐血している。

何も知らないチニは雑用をして、ウノのことを忘れようとしている。
ケトンが、ウノの具合がすごく悪い・・と、伝えるがチニは無関心を装う。
「誰にもどうすることも出来なかった。私は平気、もう何も心配しないで」と、チニ。
(必死にウノを忘れようとしているチニだと思う)

ペンムは早速、チニに稽古をすることを言う。
競演も近い、苦しみ、悲しみも芸にするのだ!と、ペンム。
ウノ、目を覚ますも母に口をきくのもやっと・・
「なぜ、そのようなところに座っているのですか?お体によくないです。
申し訳ありません。いつも大切にしてさしあげたかった・・」母に悲しい思いをさせたくなかった、泣かせるようなことはしたくなかった、とウノは言う。

「わかっている、また以前の賢いウノに戻ってくれれば良い」と、母。
「ですが、それはもう出来ないと想います。母上のおそばに・・
もう、さほど長くはいられないようです・・わかるのです。私にはわかるのです・・」と、ウノ。
「あまり、悲しまないで・・」に、母は驚き部屋を出てしまう。
「この親不孝者!」と、部屋の外で泣いている母。

ウノの最期

トクパルにウノは頼み事をする。
ウノは、トクパルに背負ってもらいチニとの思い出の橋に行く。
思い出の場所でウノはチニを想う・・
(懐かしい初めての出会い、綱渡りをするチニ・・を想う)

「人生が人より短かったことを悲しいとは想いません。あなたに出会い、心に刻んだ時間、それがある限り私は悲しくなどありません。
けれども、悔いは骨にしみて残ります、あなたをもっと愛したかった。
世間からあなたを守りたかった・・
あなたが、私のために頬を涙でぬらすことがないよう願います。
あなたには泣いて欲しくありません。むしろ、あなたの寂しさを想い、私が泣くべきなのです・・
もう、あなたをそばで見守ることは出来ないのですから・・自分の流した涙を決して不幸とは想いません。どうか、これからあなたの生きていく道が険しくありませんように・・あなたの幸せを祈ります・・」と、ウノは息絶えてしまう。
驚くトクパル・・
(チニとの思い出を胸にそのまま亡くなってしまうウノ・・早すぎます!)

雨の中、ウノの棺は親よりも先に亡くなった・・と、いう理由で弔いもあげられない。母は棺にしがみつき泣き崩れる。
ただ、箱に入れられたウノの遺体は荷車に乗せられ、トクパルたちが運ぶことになる。
「どこだろうと捨てて来い!」と怒るウノ父・・
ウノの遺体を運んでる荷車が、教坊の前を通ると、トクパルが話しかける
「坊ちゃん、ほら・・教坊ですよ」そこへケトンがやってくる。
下男たちは、いつまでもこうしていられない・・と、荷車を動かそうとするが・・
動かないで教坊の前でとまってしまう荷車だった。
(まるでウノがチニを待っているかのような・・)

荷車の車輪が動かない・・慌てて引っ張るがそれでも動かない荷車だった。
トクパルがウノの遺体に話しかける
「何やってるのですか・・早く行きましょうよ」
そこへ、ウノの友達たちも駆けつける。
カウンも驚き見つめている。
ケトンは、チニに知らせに行こうとするがペンムに止められてしまう。
「ヘンス様はなんとも想わないのですか?このままだと、若様はここから離れられないのですよ」
それでも拒否するペンム・・ケトンが必死でチニが死ぬほど愛した人なのだから・・と、説得するが・・そこへチニが来る。
2人の会話を聞いてしまうチニは驚く。

「ヘンス様がアンタに何をさせたの?」と、怒るチニ。
「あの方に何をしたのよ!」と、チニ・・ウノの遺体が入った棺を呆然と見つめる。
そっと手をふれやさしくなでるチニ・・
「寒さが苦手でしたね。雨に濡れるとよく鼻声になってましたね。
たった1人で旅にでるのにこんなに雨に打たれて・・」チニは着ていた着物を脱ぐと棺にかける。

「これでもう、大丈夫・・少しは温かいはず。そうでしょう?ここに長くいてはいけない。ここにいてはいけない。もう、忘れて・・
私たちへの仕打ちも全部、全部忘れて・・安らかに眠って心配はいらない。
私も・・
私も忘れる・・もう二度と思い出したりしない。だから逝って・・」チニは泣きながらウノに話しかける。
「ここに心は残せずに・・逝って・・」と、チニは号泣する。
すると荷車は動き出す。

翌日、太鼓を叩いても誰も出てこないのをペンムは怒る。
ペンムが部屋に入ると、みな白装束で座っている。
怒って理由を聞くペンムに
「競演は辞退いたします。逆らうつもりではなく弔いのつもりです。今日1日だけ思い切り泣かせてください」と、言うキーセンたち。
「この情け容赦ない教坊、キーセンの一生、辛くても笑い、悲しくても笑う。
死ぬ時も笑うのがキーセンなら、今日だけは思い切り泣かせてください」と、ペンムに頼む先輩キーセン。
怒るペンムだが、結局、競演は参加出来なかった。

笑うメヒャン、競演を辞退したことを喜ぶがプヨンは浮かない顔。
プヨンは競演で、どちらが優れているかをハッキリさせたかったのである。
「必ず勝てると信じていた、堂々と勝負したかった」と、プヨン。
笑うメヒャン・・

チニは1人、ウノとの思い出の手紙などを焼いている。
「初恋でした・・そして最後の恋でした。もう、決して誰にもこの心はわたしません」
「お前もやっと、わかったようだな」と、ペンム。
「キーセンとして生きてみせます、心は渡さず、顔だけ微笑むだけの・・」
恨みたければ恨むがいい、だが私は自分のしたことは正しいと思っている・・と、ペンムは言う。
「わかっています、華やかな人生のキーセン、さぞや誇りに思ったことでしょう。」

チニは女ではなく、キーセンとして生きる!とペンムに宣言する。
「どんな男でも抱きしめてみせます。心がなければ難しいことではないでしょう。
そして仇を討ちます。偉そうな両班たちに・・いやしい身と踏みつけにした報いを・・
いえ、それ以上の報いをうけさせます。」
「それも良かろう・・そのように心を強く持てばよい」
「そして・・ヘンス様にも仇を討ちます。私の愛を壊し、キーセンにさせたことを
必ず後悔させてみせます!」チニはそう言い、ペンムを睨み付ける。

ウノとの思い出の橋・・玄月亭
夜、1人で歩くチニはウノを思い出す。
「玄月亭・・ここに貴方と私の愛をおさめます」
月を見てウノとの愛を封印するチニ・・


ウノは坊ちゃんだけに、身体も華奢な感じで弱そうだったけど・・
まさかこんなに早く死んでしまうとは驚きでした。
2人の愛は身分が違うので叶うはずもない・・と、思ってたけどあまりの展開に驚きです。
これで、チニは恋を封印したことにより、心を閉ざす冷たい女性になってしまいそうです。ペンムの冷たさにも唖然です。
予告によると次回から、キム・ジェウォンさんが登場しますね。ウノ父、「ソドンヨ」「商道」にも出てるのでややこしいです。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年06月04日 19:52 ] カテゴリ:ファン・ジニ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。