韓ドラの奇跡

韓国ドラマのネタバレあらすじと感想を書いています。
韓ドラの奇跡 TOP  >  スポンサー広告 >  ファン・ジニ >  「ファン・ジニ」14話あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ファン・ジニ」14話あらすじ

1人、剣の舞をするミョンウォルはキレイ。やはり踊る楽しさを思いだしたミョンウォルですね。ペンムがまたもミョンウォルの嫌うことをしてしまいました。恋心、真心を利用するペンムを許せないミョンウォル・・
そしてピョクケスは、ミョンウォルの心をつかむことが出来るのでしょうか?


ファンジニ




14話「偽りの音色」

長官、ピョクケス、ジョンハンたち、ペンム、メヒャンの前で舞うキーセンたち。
群舞が始まる・・と、突然、プヨンの合図でミョンウォルだけを残して、他のキーセンたちは下がってしまう。
驚き剣を落とすミョンウォル・・

「チニが剣を落とした」と、オスムから聞いた母・ヒョングムは驚き心配する。
ペンム、メヒャン、ジョンハンたちも皆、驚いてみている。
ミョンウォルは、決意したように兵士の剣(真剣)を抜き、1人舞を舞い始める。

真剣を片手に舞うミョンウォル・・ペンムは嬉しそうに微笑みながら見ている。
「わたしが教えたものではない!」と、メヒャン言う。

ペンムが初めから企んだのだろう?と、メヒャンだがペンムは
「わたしが教えたのでもない。教えた方は他にいる・・」と、横目でジョンハンをみる。
ミョンウォル、ウノの思い出とともに踊る感覚、楽しさを想い出す。

「想い出した。想い出してしまった・・あなたの前で舞ったあの時を。
あの喜びを・・想い出してしまいました。この舞をあなたに捧げます。」
ペンムは嬉しそうだけど、メヒャン、プヨンは悔しそうな顔!

ピョクケス、ユス(要地の行政長官)たちは拍手する。
目に涙をためてミョンウォルは舞を終える。
「そなたの弟子であるプヨンの歪んだ負けん気も決して無駄ではないようだ。そのおかげで眠っていたミョンウォルの才能が目覚めたのだから。」と、ペンム。

プヨン、メヒャンは悔しそうな顔・・
ピョクケスは、ミョンウォルの舞をほめるが、ジョンハンは
「だが群舞ではない!」と、宴をお開きにする。
群舞の意味を説明、宴の意味を主張するジョンハンは
「宴は楽しむもの、それを戦いの場にしたキーセンたちの罪は見過ごせません」と、去ってしまう。

部屋でメヒャンは、プヨンを殴ろうとするが避けられる。
プヨンを叱るメヒャン・・冷静なプヨン。
夜、プヨンたちにジョンハンが聞き出す。

「なぜ、途中で舞をやめたのか?」にプヨンは、最後の稽古のあと、納得がいかない部分のふりを師匠の許可を得て変更した・・と告げる。
プヨンにそういわれたメヒャンもプヨンのウソにあわせてウソをつく。
驚くミョンウォル・・(卑怯なプヨン&メヒャン!)
その変更にミョンウォルは従わなかった・・と、プヨン。

ジョンハンの前でプヨンとミョンウォルはいいあう。
「三月も稽古した舞を一瞬で台無しにしたのは誰?」と、までいわれるミョンウォル
は呆れてなにもいえない。

「ミョンウォルは、1人で舞うことで注目を浴びたかったのです」と、プヨンはジョンハンに言う。
あの舞は初めから用意されていた・・いきなり舞えるはずがない!と、プヨン。
(ミョンウォルの才能なら可能だわ)

「意義はあるか?」と、ジョンハンはミョンウォルに聞く。
「真実を知ろうとするものがいないこの場で、意義をとなえて何か意味があるのでしょうか?」
ミョンウォルと教えたメヒャンを罰する!と、ジョンハンにプヨンが告げる。
「それは不当だと思います。この人に舞を教えるために苦労しています。弟子に裏切られただけで十分な苦しみです。罰まではあまりにひどいです・・」と。

ジョンハンたちが話し合い・・
ピョクケスは「あの才能なら、女楽ヘンスでも良い」と言ってミョンウォルをかばう。「2度も師匠を裏切っている・・」と、ジョンハン。

メヒャンは不問、ミョンウォルは「師匠ペンムのもとで”鶴の舞”を完成、舞譜をも作る」ことで処罰となる。
ミョンウォルにとっては、官婢になるよりもペンムの元に戻る方が辛く悔しいことでしょう。
メヒャンはプヨンに言う・・

「今回のことでお前に大きな借りができた。なんとか女楽ヘンスの座は守れた。
私は忘れない!この借りも。そのせいで結局また、ペンムに負けるしかなかったこの屈辱も!決して忘れない」強気なメヒャンだわ。

メヒャンは部屋でミョンウォルに言う。
「悔しいか?私が真実をまげたことを。恨めしいか?これを処世というのだ。お前と私が共に倒れるわけにはいかぬ。」ともに倒れれば、ペンムを永遠に倒すことができない・・と、ミョンウォルに言うも、ミョンウォルの目をまっすぐに見れない。
「貴重なことを学んだと思え」と、メヒャン。
確かに世渡り上手なメヒャンだわ。

ミョンウォルはプヨンと話す。
「女楽ヘンスの座を、この私に奪われるのがそんなに怖い?」と、余裕のミョンウォル。
「あの座ははじめから私のもの。それを得るために何でもした!」と、プヨン。
そういや、嫌なおじさんに水揚げされたプヨンだわ^^;

「正々堂々と勝負する」のミョンウォル、プヨンは
「これでふりだしに戻った。あなたの師もこれを願ってるわ。そうでなければ、昔の恋の話など持ち出しはしない。」
驚くミョンウォル
「それ、どういうこと?」
「ジョンハン様が、あなたの切ない初恋の話を誰から聞いたと思ってるの?噂通り、あなたの師は賢いわ。だから、倒そうなどと考えるのはやめて、精一杯”鶴の舞”でもならうのね。私は都に戻り、”鶴の舞”より素晴らしい私だけの剣の舞を完成させる」と、プヨン。
ミョンウォル、初恋の話をジョンハンにしたペンムに怒りを感じてます。

ペンムに文句をいいにくるミョンウォル・・
本当に自分の舞譜を完成させるために、死んだ人まで利用したのか?を聞くミョンウォル。
「お前たち親子は、真心と聞けば見境なくなびく」と、ペンムは認める。
怒りをおさえるミョンウォル・・

「一度で懲りようものならまだ、二度までも・・どこまで世間知らずか?」のペンムにミョンウォルはぐっと耐える。
「世の中には、お前たち親子が信じる真心をささやく男など星の数ほどいる。
あのジョンハンは朝廷に見捨てられたが、運良く今の地位にいる。
初めての重要な任務が、楽譜と舞譜を作ること・・これであの男がお前に近づいた理由もわかるだろう・・」と、ペンム。
ペンムを睨むミョンウォル・・

ジョンハンが来てミョンウォルと会う。
ミョンウォルは怒りをこめてジョンハンに
「この重要な任務で手柄をたててください。そうすれば王様も喜ぶはず・・」それには鶴の舞の舞譜が良いでしょう・・と、嫌みたっぷりに言う。
「それほど権力がほしいのですか?」と、ミョンウォル。
キーセンの初恋を利用するほど、権力とはとおといものですか・・?と、ミョンウォルは涙目で聞く。
なにも言えないジョンハン。ジョンハンの言葉を偽りでいったペンム。

ジョンハン、ペンムにメヒャンたちやミョンウォルは、「朝鮮最高のキーセンたちだ。誰も失いたくない。」と、ペンムとミョンウォルが手を結ぶことを言う。
ペンムは
「このまま放っておけば、またミョンウォルがジョンハン様の真心に溺れてしまう」と、ウノの時のように傷つくことを恐れるていることを話す。
ミョンウォルに恋をしているジョンハンを指摘するペンム。

「今日の舞は、亡き者の思い出とジョンハンさまの真心を取り違えたのです。
この辺で、ミョンウォルの人生から去って欲しいのです。ジョンハンさまのように、真心を大事にする方は、キーセンと恋はできません」と、ペンム。

ジョンハン&ミョンウォルは、両思いになってるのをとめるペンムなのだわ。
真心を遊具として思えないジョンハンは、キーセンとは恋する資格はない!と、ペンムはいう。
ペンムは、ミョンウォルが叶わぬ望みで苦しむ姿を見たくない・・と、何もかも失い、満たされぬまま怒りの中で生きて欲しい・・それなら才能に頼るしかない。朝鮮の技芸も花開く・・と、ペンムは言う。
驚愕のジョンハン・・

メヒャン、プヨンたちは都に戻る。
ピョクケスの宴にでるミョンウォルは、ペンムの稽古を断る。

宴に出るミョンウォル・・ピョクケスが両班たちと楽しんでいる。タンシムもいる。
コムンゴを弾くピョクケスを、微笑みながら見つめるミョンウォル・・
ピョクケスも嬉しそうに弾いている・・突然、アクビをするミョンウォル。

「もうよろしいでしょう。退屈な演奏をいつまで続けるのですか?」
「なに?退屈だと?」
「オウムのように卑しい音をまねただけ!これ以上は聞いていられません」の、ミョンウォルにピョクケスは、怒りで震える。
(ミョンウォル、やった!)
ミョンウォルは言いたいことをいい去ってしまう。

ピョクケスは、タンシムに怒りをぶつける。
涙を流し、ミョンウォルのことをあやまるタンシム・・
タンシムはピョクケスが好きなのね・・可哀想。
「言え!ミョンウォルの親友なら、どうすればミョンウォルの心を得ることが出来る?」と、タンシムを責める。

ミョンウォルは、母・ヒョングムの部屋にいく。
母に甘えるミョンウォルは言う。
「舞っていないあいだずっと息苦しくて、もどかしい、辛かった。それでまた、舞おうと思ったの。本当はペンムが官婢にするといっても、跪いてあやまるつもりだったの・・舞をまいたい。舞わせてほしい・・
あの方は、私の舞が好きだった。それに本当に心のきれいな方だった。
そんなあの方が、もし今のわたしを見たら、きっと悲しむわ。だから思い直した。
だから許そうと思ったの・・」
そうした方がいい・・と、ヒョングム。

「でも、もうできない。絶対に許せなくなった。そんな人じゃない。
自分の権力のために、人の真心をもて遊ぶような人じゃないわ。そんなこと出来ない人よ。ペンムに操られて動く人じゃない。
初めて、あの方が逝ってから初めてあんな人に出会った・・心遣いがあの方にそっくりなの。あの方が官服を着たら・・あんな感じかな?って・・
そんな気持ちを利用したペンムが許せない。死んだ人の話まで持ち出して。」
そんなペンムの執念より、あの人に腹が立つ・・と、ミョンウォル。
否定しないことをいう・・「言い訳をしない。大人だからかな。」と、ミョンウォル。
大人だから・・そこがあの方と違う・・と、ミョンウォルは泣く。
本気でジョンハンを想うミョンウォル。

タンシムの家に品物が運ばれている。喜ぶ母・・
ピョクケスに娘が気に入られている・・と信じる母。
タンシムは、ヒョングムのもとに行き頼み事をする。
泣きながら事情を説明するタンシム・・
「ミョンウォルの心を掴む方法が知りたいのです、それをあの方に捧げたいのです」と、タンシム。
ヒョングムに想いを止められるタンシムがかわいそう・・

鶴の舞の練習にむかうミョンウォル・・
ジョンハンはあい、ミョンウォルに告げる。
「先日のそなたの問いに答えよう。この任務は命よりも大切である。ゆえに、この舞を完成させなさい。陛下の信頼を得たい。舞譜も完成させよう」
「深く肝に銘じます」と、ミョンウォル。
わざと「重要な任務!」と、ミョンウォルを遠ざけるジョンハンなんだわ。

ヒョングムはタンシムに確認する。
「本当にピョクケスさまに、ミョンウォルの心を掴む方法を教える気なのね?
後悔しないの?」と、聞きます。

そしてピョクケスのもとに行き、「娘のことは親がよく知っている」と、説明する。
ミョンウォルの好みの音、打ち方、弾き方を教えるヒョングム。
それを知り驚きとめるオムス。
「チニの才能を認めてくれてます。権力も大きい。ペンムの異様な執念は嫌いです。
あの方の権力を利用しても、チニをペンムから引き離したい」と、ヒョングム。

タンシムは、妊娠しやすい日と自覚しながらもピョクケスの所へ行く。
あぁ、タンシムの切ない女心。
ピョクケスからの手紙をミョンウォルにわたすタンシム。
ミョンウォルは手紙を読み、何かを感じる。驚いたようなミョンウォル・・
ジョンハンは都へ戻る準備をしている。ミョンウォルを想って戻ることを決意した様子のジョンハン。

ピョクケスは夜、コムンゴを弾いている。
そこへミョンウォルが来る・・気がつかないふりで演奏を続けるピョクケス。
ミョンウォルの乗った輿が近づき、とめるように命じるミョンウォル。
ピョクケスはミョンウォルを横目で見ながら演奏している。

「さすが母親!娘の心を知っている」と、嬉しそう。
ミョンウォルは微笑み演奏を聴いている・・と、手を叩いてピョクケスのそばにくる。
「美しい音色です」と、ほめるミョンウォル。
「詩もありがたく頂きます」と、ミョンウォルは、演奏をやめ帰る準備をみて驚く・・

馬に乗るピョクケスは・・母・ヒョングムの指示通りに自分でコムンゴを持つ。
馬をひく使用人に持たせず、自分でコムンゴを持ち帰るピョクケスをみて驚くミョンウォルは、ピョクケスの後ろ姿をじっと見つめる。
ヒョングムのいう通りに帰るピョクケス・・
後ろをふりむき、ミョンウォルを見たい!それを我慢する・・

突然、ミョンウォルが詩を詠む。驚くピョクケス、馬を止めて聞くが振り返らない。
ヒョングムの指示通り、ふりかえらずに進むピョクケス。
ミョンウォルは驚いてピョクケスを見つめている。
これで・・ミョンウォルの心がつかめる?母・ヒョングムのいうようになるのでしょうか。
うーん、今回も鶴の舞はみれませんでした^^;

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2008年07月07日 13:01 ] カテゴリ:ファン・ジニ | TB(-) | CM(-)
プロフィール

ルッカ

Author:ルッカ
私はチャンボリ、奇皇后、ママ最後の贈りもの、私たち恋してる、ペクドンス、百年の花嫁、金よ出てこい☆コンコン、隣人の妻、
私の恋愛のすべて、グッバイマヌル、私に嘘をついてみて、ミスリプリー、明日が来れば、ネイルサロンパリス、恋せよシングルママ、君には絶体恋してない、妻の資格、オレのことスキでしょ、ビッグ、フルハウスTAKE2、赤と黒、ファンジニ、善徳女王、太王四神記~他多数

あらすじは↓カテゴリを見てね。
新館「韓国ドラマあらすじ園」もヨロシク♪

ランキングに参加中です。
よかったら1日1回ポチ押して下さると嬉しいです。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村  応援ポチありがとうございます^^
カテゴリー

楽天
重要☆お知らせ
別館ブログにて
王の顔、誘惑、君たちは包囲された、大丈夫、愛だ、トロットの恋人、花たちの戦い、運命のように君を愛してる、スキャンダル、
キルミーヒールミー、美女の誕生、夜警日誌、未来の選択、ホテルキング、スリーデイズ、
主君の太陽、キレイな男、星から来たあなた、秘密、愛してもいいんじゃない、グッドドクター、相続者たち、ミスコリア、私の10年の秘密、
会いたい、九家の書、ずる賢いバツイチの恋、ドクター異邦人、君の声が聞こえる〜他多数あり。

視聴済みドラマリストはここをクリック(あいうえお順)

ブログが時々、サーバートラブルで表示されない事があります。ご迷惑をおかけします。時間をずらして見てくださいね。
QRコード
QR
ブログランキング
クリックで応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます^^
ブログ検索
コメントについて
皆さんからのコメントは、とても嬉しく大切に拝見させていただいています。拍手コメントも閉じさせていただいています。
今まで沢山の励ましと応援、本当に感謝しています。これからもどうぞ、よろしくお願いします。
アクセスカウンター
楽天
月別アーカイブ
お知らせ
画像の肖像権、著作権は全て各配給社、俳優等にあります。また、このブログの記事・画像の無断転載はご遠慮ください。当ブログで名無し、不快なコメントは予告なく削除させていただきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。